パートナー

3月 15. 2021 パートナー更年期

更年期っていったい何?原因と症状とは?

更年期とは、閉経の前後5年を指します。この時期には「色んな症状が出て辛い」と悩む方も多いです。その原因は、女性ホルモンの乱れ。原因について、症状について、それぞれ紹介していきます。

●更年期っていったい何?

更年期とは、閉経の前後5年間、主に40代半ばから50代半ばまでの時期をいいます。

この時期には閉経に伴って女性ホルモンが減り、さまざまな症状が出てしまいます。
自律神経を調整してくれる女性ホルモンが減るために、イライラしたり、のぼせたり、動悸や頭痛といった症状に悩まされたりしてしまうのです。

そして実は、こうした症状に悩まされるのは更年期の女性ばかりではありません。
中にはダイエットや生活環境によってホルモンバランスが乱れ、20代でも更年期症状に悩まされる方もいます。

また意外に思われるかもしれませんが、男性でもそうした更年期症状に悩む方もいます。

●更年期の症状には、こんな意外な症状も!?

更年期症状と言えば、ホットフラッシュやだるさ、イライラ感などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし実は、肩こり、腰痛、手指のこわばり、ドライアイ、便秘や下痢、吐き気やしびれ、関節痛、尿失禁なども更年期の症状である可能性があるのです。

「なぜそんなものまで?」と思われるのではないでしょうか。

更年期症状は主な原因こそホルモンバランスの乱れですが、その他にもこの年代特有の心理的な原因、社会的な要因、環境なども深く関係して起こるものなのです。

そのため、更年期の症状は非常に多く、200種類以上もあるといわれています。

●悩んだら、医師・薬剤師・登録販売者へ相談しよう

「これは更年期症状なのかな」「いろいろな症状が出てきて、辛い」そんな状況になったら、まずは医師へ相談してみましょう。

婦人科では、問診や診察をし、必要にあわせて血液検査で女性ホルモンの数値を測ったりして、症状の原因と治療方法について相談できます。

もし病院へ行く時間が取れなければ、薬局やドラッグストアにいる白衣を着た人(薬剤師や登録販売者)に相談をしてみましょう。

女性ホルモンのもとになるエクオールを含む食品・サプリや、女性ホルモンの乱れ(血の道症)に対応する漢方薬を選んでもらえます。

●まとめ

「更年期」は閉経の前後5年ずつ、主に40代後半~50代後半までを指す期間です。女性ホルモンの大きな変化によって、ホットフラッシュと呼ばれる「のぼせ・汗・顔のほてり」、イライラや気分の落ち込み、腰痛・関節痛・肩こりなど体のさまざまな部分に症状がでてきます。
「おかしいな」と思ったら一人で思い悩まず、医師に相談してみましょう。

更年期障害についてくわしく知りたい方へ

日本産婦人科学会 更年期障害

ヘルスケアラボ

お気に入り 3
  • SHARE

WRITER PROFILE

ツキとナミ 運営事務局
記事一覧へ