ビッグイベント時には夫婦喧嘩に注意!トラブル回避方法をお伝えします

「せっかく幸せな結婚式のはずなのに、いざ準備が始まると喧嘩ばっかり…」

「マイホームを買いたいんだけど、毎度毎度意見が食い違って喧嘩になる…」

結婚式やマイホームの購入は、夫婦にとってあこがれのイベントですよね。しかし、一生に一度、かつ大金がかかるせいか、このようなビッグイベントの時に相手の本性や本音が見えて、喧嘩になるケースが多いのではないでしょうか。かく言う私も、結婚式準備とマイホーム検討のタイミングでは妻と大喧嘩を繰り返していました。

本記事では、数々の夫婦喧嘩を乗り越えた私が、人生のビッグイベント時に喧嘩をしてしまった原因と対策をお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

人生のビッグイベントには喧嘩がつきもの⁉

身も蓋もないタイトルですが、人生のビッグイベントでは喧嘩が発生することが多いです。なぜ、幸せなイベントにも関わらず喧嘩が発生してしまうのでしょうか。

経験したことのないような大金がかかるというプレッシャー

まずは、経験したことのないような大金を使わなければならないことによるプレッシャーです。例えば結婚式では、300万円以上のお金がかかるのが一般的です。潤沢な貯金があり、一度に払えれば良いですが、数百万円をポンと払える若い夫婦は珍しいのではないでしょうか。両親にお金を工面してもらう人も少なくありません。このような大金がかかるゆえに、「絶対に失敗したくない」という心理が働き、感情的になったり、ピリピリしたりする夫婦が多いようです。

「一生に一度か二度」というプレッシャー

次に、「一生に一度か二度」というプレッシャーです。結婚式は一般的には一生に一度、マイホーム購入も一般的には一生に3回以上ある人は珍しいでしょう。このような「人生におけるレアなイベント」というプレッシャーから、「失敗したら取り返しのつかないことになる」という心理が働きます。その結果、お互い譲れない部分を持ち、喧嘩になります。

私たち夫婦のケース~結婚式~

それでは、私たち夫婦のケースを説明します。まずは結婚式についてです。

概要

私たち夫婦は、お互い31歳で結婚しました。私は貯金が本当に文字通り「0」でしたが、妻はきらびやかな結婚式に憧れを抱いておりました。

喧嘩の原因① 結婚式費用の捻出方法

まず喧嘩になったのは、結婚式費用の捻出方法です。私はできるだけ自分の親に頼りたくなかったので、分割払いを考えておりました。しかし妻はこれを許さず、妻の両親に全額費用を出してもらうよう依頼しておりました。

妻の両親が費用を出すとなると、私の両親が費用を出さないのは体裁が悪いです。このため、私も両親に頭を下げざるを得ない状況になりました。私は両親にお金を出してもらってまで結婚式はやりたくありませんでしたが、妻の気持ちを考えると苦渋の決断をせざるを得ませんでした。

喧嘩の原因② 準備

次に喧嘩をしたのは、結婚式の準備です。私たちは費用節約のために動画作成や招待状作成などを自前でやることにしました。しかし、私と妻の面倒臭がりな性格が災いし、なかなか準備に着手しませんでした。どのくらいサボっていたかというと、披露宴前夜に慌てて手土産やメッセージカードの準備をしていたせいで、3時間しか眠れなかったほどです。

この準備期間に、醜い責任のなすり付け合いをした結果、大喧嘩になりました。振り返ってみると私も愚かだったと思うのですが、とにかく結婚式準備が元凶となった喧嘩は10回をゆうに超えています。

喧嘩を避けるためには?

それでは、私たち夫婦から喧嘩を避けるためのアドバイスをお伝えします。

結婚式費用については入念に話し合いをすることが重要です。

私のように両親に頭を下げたくないタイプもいますが、多くの親は子供の結婚式にはお金を出してあげたいと思っているそうです。しかし、私たちのようにお金の捻出方法をしっかり話し合わないと、片方が嫌な思いをすることになります。このため、結婚式費用の総額だけでなく、費用の「出どころ」についてもしっかり事前に話し合いましょう。

準備については、分担と期限を決めておきましょう。私たちはどちらが何をやるという分担を決めなかったせいで、お互いが「相手がやってくれるもの」と思い込んでいました。

私たち夫婦のケース~新居購入~

次に、新居購入についてです。

概要

私たち夫婦は、結婚5年目で新居を購入しました。貯金額もある程度増え、子供もでき、「家賃を払い続けるのがもったいない」という考えを双方持っていたためです。しかし、新居を決める際にも何度も喧嘩になりました。

喧嘩の原因 新居に求める最優先事項

今回の喧嘩の原因は、新居に求める最優先事項が異なっていたことです。

都心に勤務している私は、できるだけ通勤に便利な都心付近のマンションを希望していました。塾や習い事などの施設も充実しており、子供の教育には最適な場所だとも考えていました。

しかし専業主婦の妻は、子供を大きな公園で遊ばせたいと考えており、郊外の一戸建てを希望しました。妻は教育熱心なタイプではなく、とにかくたくさん遊ばせたいという考えを持っていました。

私は通勤に時間がかかるのが非常に大きなストレスになるため、都心付近のマンションを希望し続けました。一方、妻は環境だけを考えており、私の通勤についてはあまり関心がない様子でした。

双方主張を譲らず、幾度も大喧嘩になりました。

喧嘩を避けるためには?

それでは、私たち夫婦から喧嘩を割けるためのアドバイスをお伝えします。

本件については、どちらかが折れるしかありません。私たちは最終的に、両者の折衷案ということで、都心から40分くらいの、大きな公園がある駅にマンションを購入しました。私も妻も暮らしには満足しています。しかし、私はもう少し都心に近い方が嬉しいですし、妻は妻でもう少し静かで人がいない方が良かったと思っているようです。

しかし、一番重要な軸は「子供」であるべきだと思っています。子供のためならばある程度の不便も我慢します。お互い妥協し、教育施設も充実していて、遊ぶ場所もたくさんある住居を選びました。

このように、「子供にとって最高と考えられる環境を提供できるのはどこか」という軸で考え、多少は妥協をすることをお勧めします。

まとめ

人生のビッグイベント時に起きてしまう夫婦喧嘩についてお伝えしました。幸せなイベントはできるだけ幸せなまま終わらせたいですよね。ぜひ私たちの例を参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. 夫婦で読みたい!性の専門家が伝授する産後の夫婦生活のリスタート

    「産後の夫婦生活に関する意識のズレの原因はホルモンバランスの変化だとよく言われますが、それよりも男性による家事育児の非協力度のほうが重大な影響を及ぼしているのではないかと思います」と語るのは、ラブライフアドバイザーのOliviAさん。えっ!家事や育児をどれだけやったかと産後の夫婦生活がつながっているの!?と思った方もいるかもしれませんね。夫婦で一緒にこの記事を読んで、産後の悩みを克服するために、OliviAさん、詳しく教えてください! 監修・話題提供 OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。 産後のセックスレスは男性側の家事育児へのコミット次第 ーー産後の夫婦生活のお悩みでよくあるケースはありますか?  お悩み相談で多い

    もっと読む
    2022年 07月05日
    #コミュニケーション
  2. パートナーと性についてオープンに話し合える関係性を築くには?

    「パートナーと性の話ができている人はほんの一握り」なのだとライブライフアドバイザーのOliviAさんは言います。その一握りの人たちは仲がよく、性生活も充実しているそうです。どうしたらパートナーと性の話ができるような関係性を築けるのでしょうか?OliviAさんにたっぷりと教えてもらいました。 監修・話題提供 OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。 性についてオープンに話せるカップルは一握り ーー性についてきちんと話ができるカップルは、仲が良くて性生活が充実しているというイメージがありますが、そんなカップルはかなりレアな存在だそうですね 性生活のことについてきちんと話し合いができてコミュニケーションも取れているカッ

    もっと読む
    2022年 07月01日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「赤ちゃんはどこからくるの?」と聞かれたら?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    最近、子どもと仲の良いお友達に妹ができ「私も弟か妹が欲しい!」と言われた現役ママライター。 話の流れから「赤ちゃんはどこからくるの?どうしたらできるの?」という質問をされました。その時は「そうだねぇ。どこかなぁ、どうしてかなぁ…」という感じでごまかしてしまったのですが、これってどんな風に応えればよいのでしょうか?家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生にうかがいました。 疑問を持つことを褒める 子どもは真っ直ぐですから、疑問に思ったことは何でも真っ直ぐ質問してきますね。まずは、子どもが「赤ちゃんはどこからくるの?」という疑問を持つことができたことを褒めましょう。 幼い子どもは、生物学的なことや医学的なことに興味を持って、「赤ちゃんはどこからくるの?どうしたら、できるの?」と尋ねているのではないでしょう。「弟や妹が欲しい」という気持ちから、質問しているのです。 「命の尊さ」を伝える この時期に伝えたいことは、「命の尊さ」についてです。一見、困ってしまう質問に思えますが、実は「命の尊さ」について、教えることができる良いチャンスなのですよ! 祖父・祖母から父・母へ受け継がれ、そして子どもたちへと大切に脈々と受け継がれ、つながっていく大切な命であること、そして、その大切な命を自分

    もっと読む
    2022年 06月29日
    #コミュニケーション
  4. ボディポジティブになるためのアイディア10選

    ボディポジティブ(ボディポジティビティ)とは、「自分の身体や見た目をありのままに受け入れて愛する」というムーブメントのことです。たとえば「痩せている=美しい」といった特定の価値観に囚われずに、プラスサイズなどあらゆる体型の多様性を尊重しようという近年の動きを指しています。 女性の多くは、自分の身体を好きになれなかったり、不満を感じていたりします。歯の健康を維持するために毎日の歯磨きが必要なのと同じように、私達の考え方を変えるには毎日の積み重ねが必要なのです。 セルフケアを実践してボディポジティブになるためには、どんなことから始められるのでしょうか? 今日からできるボディポジティブ この記事ではボディポジティブになるために、10の方法を挙げています。 1.友達に言わないネガティブなことは、自分にも言わない2.他人を褒める3.自分への褒め言葉を受けとる4.身体に合わない服を手放し、心地よくなる服を着る5.自分を他人や若い頃の自分自身と比較しない6.「痩せた人は幸せ」という考えを見直す7.自分の身体にとって心地よいことをする8.自分自身にポジティブな言葉をかける9.身体を恥じることが有意義かどうか自分自身に問いかける10.ポジティブさで自分自身を包む それぞれ詳しく解説していきます。 1. 友達に言

    もっと読む
    2022年 06月28日
    #PMS
  5. 子どもの自尊感情を高める効果的な褒め方って?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    前回の記事では、ジェンダー平等を家庭で伝える大切さを取り上げましたが、自尊感情が低くなると色々なことがうまくいかなくなる、というお話がありました(子どもの自尊感情を高める効果的な褒め方って?)。自尊感情とはそもそも、どのような感情なのでしょうか?また、子どもの自尊感情を普段の生活の中で育む伸ばすにはどうすればいいのでしょうか?家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生に、子どもの効果的な褒め方についてポイントをうかがいました。 子どもが頑張っている姿を認める 自尊感情とは、自分で自分を積極的に認め、自らの価値や存在意義を肯定できるような感情です。簡単に言うと、自分自身のことを好きだと思う感情です。 それを育むためには、まず周りの大人が、子どもの行動を認めてあげることが大切です。勉強でもスポーツでも遊びだって、どんなことでもいいです。子どもが頑張っている姿を認めてあげましょう。他者に認められることで、自分の存在を認めることができてくるんですよ。 認めてもらうことは、確かに大人でも嬉しいものですものね。それが成長過程にある子どもなら、なおさらだろうと思います! 「結果」だけでなく「過程」を褒める ですが、ひとつ気を付けてほしい

    もっと読む
    2022年 06月27日
    #コミュニケーション
  6. 子どもに「ジェンダー平等」を伝えるために、家庭でできることって?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    男女共同参画社会基本法の施行など大きく転換しつつある社会情勢の中で、ジェンダー平等であることは当たり前になりつつあります。 しかし、日常生活の中ではまだまだ「男らしさ」や「女らしさ」が求められる場面に出くわすことがありますよね。これからのジェンダー平等の社会で生きていく子どもを育ていくうえで、親はどのようなことに気をつければよいか、現役ママライターが家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生にお聞きしました。 「男の子だから」や「女の子だから」という価値観 まだまだ 「男の子なのだから、メソメソ泣かないの」「女の子なのだから、お料理を手伝って」 なんて、日常のふとした時に口をついてしまうお母さんやお父さんも多いですよね。現役の親世代の人たちにも、ずっと昔から脈々と受け継がれてきてしまった性を区別する価値観が根付いてしまっている部分はあると思います。 しかし、これからの時代は男の子だから、女の子だからではなく、個性としてそれぞれの考えや行動を認めることが大切です。 時代に沿った価値観や教育ですから、お母さま世代の方が「男の子だから、女の子だから」とそういう価値観を持ってしまっても仕方ない部分はあると思います。幼い頃から、男らしさや女らしさを言い聞かせると、子どもの心の中に浸透してしまいます。お母さまが実際、そうなのだと思います。 「性別らしさ」に合わない自分を責めてしまう

    もっと読む
    2022年 06月26日
    #子育て
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP