パートナー

3月 17. 2021 生理

つらい生理痛を和らげる方法を3つ紹介!

毎月1度やってくる生理ですが、女性の3人に1人がひどい生理痛を経験したことがあるとされています。
中には生理痛がひどくて眠れない人や、1日中ベッドから出られない人もいます。

生理とは長い間付き合っていくものなので、できることなら生理期間を快適に過ごしたいものですよね。
そこで今回は、長年、女性にとっての「心地好さ」を追求してきたタカギが、生理痛の原因や痛みを和らげる方法を紹介していきます。

●生理痛はなぜ起こる?

生理痛の主な原因は、プロスタグランジンという物質が関係しています。
プロスタグランジンとは、子宮がはがれた子宮内膜を排出しようと収縮するときに分泌される物質のことです。
子宮内膜の排出は、血行不良で体が冷えていると収縮運動がうまくいかないため、痛みが発生してしまいます。

そのほかの生理痛の原因として、

  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • 衣類による締め付け
  • ストレス
  • 子宮内膜症や子宮頸がんなどの病気

 

なども考えられます。

●生理痛を和らげる方法

生理痛を和らげる方法

つらい生理痛には、血流を良くして体を温めるのがおすすめです。

ここでは、生理痛を和らげる方法を3つ紹介しますので、自分に合った方法を試してみてくださいね。

①ゆとりのある下着や服を着る

体にフィットしすぎる下着や服は、血行を妨げやすいです。
家の中では、スポーツブラやパジャマ、ワンピースなど、締め付けの少ない服を着るのが良いでしょう。

ワンピースを着る場合は、足が冷えないように、ゆったりとしたレギンスを履くのがおすすめです。

②軽いエクササイズやストレッチをする

体を温めるにはエクササイズやストレッチが最適です。
とはいっても、生理痛がひどい場合はあまり体を動かせないと思いますので、つま先立ちや手・足首回しなど簡単なものから試してみてください。
滞っていた血流が良くなり、体が温まれば生理痛もどんどん和らいでいくはずですよ。

③生理痛に効くツボを押す

ツボの中には生理痛を和らげるものもいくつかあります。

  • 関元(かんげん)…おへそから下へ指4本分のところ
  • 足三里(あしさんり)…ひざのお皿の下から指4本分のところ
  • 合谷(ごうごく)…手の甲側の親指と人差し指の付け根の間

 

上記で紹介したツボを、痛くない程度に押してみてください。

すぐには効果を感じられないかもしれませんが、毎日気付いたときにツボ押しをすることで徐々に生理痛が軽くなっていくでしょう。

●生理痛が改善されない場合は病院へ

生理痛を和らげるには、血流を良くして体を温めることが大切です。
今回紹介した生理痛の改善方法は、どれも冷えに効くものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

しかし、痛みが改善されない、もしくは生理のたびに痛みが増しているなら、子宮内膜症やそのほかの病気が潜んでいる可能性もあります。
「ただの生理痛だし…」と軽く考えずに、痛みが収まらなかったり、気になる症状があれば、婦人科を受診しましょう。

もっと詳しく知りたい方へ

お気に入り 2
  • SHARE

WRITER PROFILE

ツキとナミ 運営事務局
記事一覧へ