妊娠・妊活

5月 7. 2021 出産更年期

助産師とは?全女性の味方です!

初めまして!大阪市で訪問専門の開業助産師をしています、彩り助産院 院長の前田陽子です。

みなさま「助産師」ってご存じでしょうか?

この記事を読んでいただいている方の中には「助産師」をご存じない方も多くおられると思いますので、ここでは助産師について紹介させてください。

●助産師は必ず看護師と助産師免許(国家資格)を持っています 

助産師は看護師になるための勉強を 3 年したのち、助産師になるための勉強を 1 年(大学院は 2 年)します。

助産師とは 

「助産師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じょく婦若しくは新生児の保健指導を行うこと を業とする女子をいう。-保健師助産師看護師法より-

※「じょくふ(褥婦)」とは、出産後から 6~8週間後までの女性のことを言います。

助産師の全国就業人数は 3 万 9 千 613 人、看護師は 121 万 665 人(2016 年 厚労省調べ)。 助産師の人数は、看護師の約 1/30 と少ないために認知度がとても低いのが現状です。

助産師=出産のお手伝いをする人=「産婆さんですよね?」と言われることが圧倒的に多く、助産師は「出産の手伝いだけをする人」と捉えられることがほとんどです。

そして助産師は「病院(産婦人科)でしか会えない仕事の人」とも思われがちですがそうではなく、地域で活動している助産師もたくさんいます。

病院では妊娠・出産・育児のサポートをすることが主ですが、地域で活動する助産師は私のように開業したり、病院に勤務しながらも学校や保健センター・助産院などで性教育や健康相談などを行なったり、思春期や更年期女性の悩み相談に対応しています。

助産師は英語では midwife と言い「女性の傍らにいる人」という意味があり、看護対象者の年齢に関係なく、妊娠している、してないにも関係なく、全ての女性の心身のサポートをしている、言わば「女性の最大の味方」なんです。

女性は女性ホルモンのバランスがそれぞれの時期で変化します 

・思春期には月経が始まる。
・妊娠・出産時に女性ホルモンはピークを迎える。
・更年期で女性ホルモンが減少するとともに更年期症状が出現することがあり、50 歳頃に閉経。
・老年期は女性ホルモンが激減した状態が持続するために、うつ状態に陥りやすかったり、骨折しやすいなど特有の症状が色々出現。

その女性ホルモンのバランスの変化に伴い出現してくる心身の状態に対して、症状の予防や改善方法を伝えたり、直接ケアするのが助産師です。

助産師は出産の介助だけでなく、赤ちゃんからお年寄りまで、女性の性の一生に寄り添い看護をする仕事だということがお分かりいただけたでしょうか。

開業する時に思ったこと 

私が開業するときに感じていたのは「助産師ってほとんど知られていない」ということでした。 助産師のことを知ってくれている人でも、助産師は「病院で出産に関わっている人」「病院でしか会えない人」 と思われているのが大半で、特に地域で活動している助産師の存在感が薄いことを感じていましたので、開業したら「助産師の存在を広めていこう」と心に決めました。

まずは知ってもらわないと、悩める女性達の力になれないですもんね。

助産師は全女性の味方です! 

助産師は、女性の性の一生に寄り添う仕事です。

女性のココロとカラダのことでの困りごとは、助産師が窓口なってケアすることができます。 これからこのサイトでは、女性にお役に立つココロとカラダの情報をお届けしていきますが、あなたの身近にもいる助産師(My 助産師)も是非見つけておいてくださいね。

日本助産師会の HP、または各都道府県の助産師会の HP から、お近くの助産院を検索していただくことができます。

日本助産師会 HP

お気に入り 3
  • SHARE

WRITER PROFILE

ツキとナミ 運営事務局
記事一覧へ