フェムテックデビューを始めるならコレ!おすすめ3選

一人でも多くの方が快適な生活を送って頂けることを目標に、少しずつおすすめのフェムテック用品をお伝えしていきますので、ぜひお付き合いください。

ちなみに「フェムテック」とはFemale×Technologyの造語で「科学技術を元に、女性の抱えている問題を解決すること」を目標としています。実際に、日本だけではなく、アメリカのシリコンバレーでも2015年くらいからスタートアップ企業への多額の投資が行われており、その勢いは、ますます加速しています。

21世紀の現在では、女性の抱える諸問題も「テクノロジー」を元に解決できるのです!

元々、日本においては「血=穢れ(けがれ:汚いもの)」という考えがあり、江戸時代には、生理中の女性が生理部屋に隔離されていた、という風習もありました。今でも「生理=我慢するもの、生理=面倒くさいもの」というイメージが大きいのですが、女性の社会進出も進んでいる昨今では、少しでも生理=快適に過ごすもの色々なグッズを使って楽しむものという考えも出てきています。

さらに、今は江戸時代ではありません(笑)

「生理=汚いもの・穢れ(けがれ)」「生理がある女性は汚い存在だ」という根深い思い込みがあった江戸時代には、生理を解決するようなテクノロジーはなく、更には、生理用ナプキンサニタリーショーツもありませんでした。今では科学技術の発展により、少しでも生理を快適に過ごすことができる時代へとなりました。そんな現代に、生理があるから女性は汚い存在と考える理由はありません。

また、フェムテックが進むと同時に女性だけでなく、男性にも更年期があるという存在が少しずつ解明されるなど、男女ともに生きやすい社会を作っていこう、という考えが進んでいます。

気軽に試せる生理用品「布ナプキン」

まず、いろいろある生理用品のなかで手軽に試せる商品が「布ナプキン」です。筆者の経験談も元に、お伝えしていきますね。筆者が布ナプキンの存在を知ったのは、もう12年ほど前になりますが、当時は「ヨレそう」「漏れそう」「すぐにズレるんじゃないの?」という不安が強く、なかなか手を出しづらく、そこから実際に手を出すまでに、7年程かかり。。。苦笑

6年ほど前に、始めて購入しましたが

  • 通気性の良さ
  • 紙ナプキンよりも全然ズレない
  • むしろ紙ナプキンの方が漏れることは多いかも

と、その快適さにはびっくりしました。

また、私自身が使っているのを見て、実際に使い始めた友人たちが何人もいます。おそらく、みんな気になってはいるけれども、実際の声を聞いたことがないので、使いづらいのかな、と思います。確かに、使用後はつけ置きをして洗う必要などがありますので、少し手間といえば手間です。

ただし、女性にとって月経の様子=健康のバロメーターです。東洋医学の病院や鍼灸院に行くと、月経の経血の色などを細かく聞かれるほど、とにかく女性にとって、月経の経血の様子は大切なもの、なのです。

筆者も、今では「忙しい時期には紙ナプキンを使う」「昼間は布ナプキンだけれども、夜は紙ナプキン」など、布ナプキンと併用して、他の生理用品を使い分け、愛用しています。とにかく想像以上に便利な布ナプキンですし、環境問題への配慮も可能ですので、少しでも多くの人が布ナプキンを利用してくれたらいいな、と思います。

フェムテックの入り口に:月経周期を管理するアプリはとても便利

既に使用されている方も多いかと思いますが、月経周期を管理できるスマホアプリがあります。過去の生理日をアプリのカレンダーに入力するだけで、次回の生理の予定や、排卵予定日などをアプリが自動で予測してくれます。

「旅行と生理が被ってしまうかも」「友達と温泉に行きたいけれども、この日は生理とかぶらないかな?」など、アプリで簡単に予定を確認することができるので、とても便利です。

昔のことを思い出すと、スマホが無い時代、10数年前の筆者は手帳の年間カレンダーに生理が来た日や生理中の日は丸をつけ、また、旅行に行く際は「この日は生理とかぶらないかな?」などとあれこれチェックしていたものです。今では、アプリで簡単に生理予定日が1年以上先まで予測できる時代になっているわけですから、これだけでも、とにかく女性の負担は減っているのではないでしょうか?

ショーツ型ナプキンは、とても安心

生理中に一番不安なことは、夜に経血が漏れてしまうことなのではないでしょうか?もちろん、外出先での漏れも心配ですが、朝起きて、布団が汚れていた時のショックと言ったら・・・。

更に、布団が汚れている日が忙しい日であればあるほど「ああ、今日は忙しいのに!帰ってきてから、お布団も洗わないといけないなんて!」と、ものすごく精神的なダメージを受けませんか?

そんな中、筆者が布ナプキンと並行してここ5年ほど愛用しているのが「ショーツ型ナプキン」です。もちろん、これは夜だけではなく、例えば長時間ナプキンを変えられない時や、新しい性教育の本では「お子様の体育の時にも便利です」との記載もあるほどです。

とにかく、ナプキンとは桁違いの吸収力を持っていますので、これを利用するようになってから、私自身はもう5年以上「朝起きて、布団が汚れていて、洗わなければいけないので、ショック」という経験をしたことがありません。

ショーツ型ナプキンが充実してきたのはまだここ5年程度ですので、馴染みが薄い方も多いのではないでしょうか?しかし、これは「一度使ったら病みつき」になるほどの安心感があります。長時間のドライブや、「生理と海外旅行が重なってしまった!」という飛行機の中でも、便利なのではないでしょうか?

以上、「身近なフェムテック用品」をご紹介させていただきました。

今回は、「本当に身近なもの」「とにかく取り入れやすいもの」を記載させていただきましたが、実は、フェムテック用品には「びっくりするほど高度なもの」もあり、少しずつご紹介していきますので、楽しみにしてくださいませ。皆さまが少しでも「フェムテック用品」を取り入れることにより「心地好い生活」を送っていただける事を願っております。

ライター:sayosayo64

幼少期をアメリカ山岳部で過ごした30代前半女性。
日本の大学入学後、周りの女の子の自信の無さに違和感を感じ、日本人の女の子たちの自己肯定感を上げる活動をしたいと思う。
昨年、日本では幼少期に満足のいく性教育が行われていないことを知り、私がアメリカで学んだ知識を元に、1人でも多くの人が「ありのままの自分でいいのだ!」「生きていて楽しい!」と思えるようになれば良いなと思うようになった。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 6

同じカテゴリー の他の記事

  1. 子どもの閲覧履歴にアダルトサイトを発見!どうする?

    小学生の子どもにタブレットを貸していたら、インターネットの検索・閲覧履歴にアダルトサイトを発見しました。正直ショックで見てほしくないという気持ちと、どこまで子どものプライベートに踏み込んで伝えるべきか、悩んでいます。(30代女性・小4の子どもの母) 「子どもがパソコンやタブレット、スマホでアダルトコンテンツを見ていた!どうしよう!」親世代が子どもだった時代には無かったお悩みです。デジタルネイティブ世代の子どもと、「ネットに溢れる性情報との付き合い方」についてどう話せばいいか、性教育コンテンツ制作ユニット・アクロストンさんにお聞きしました。 監修・話題提供 アクロストン 妻・夫である2人の医師による性教育コンテンツ制作ユニット。楽しく性について学べる授業やワークショップを日本各地で開催。家庭ではじめられる性教育のヒントや性に関する社会問題についてなどをSNSで発信している。 著書:10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック(ほるぷ出版)、3から9歳ではじめるアクロストン式 「赤ちゃんってどうやってできるの?」、いま、子どもに伝えたい性のQ&A(主婦の友社)など 「閲覧履歴は親も見る」とルール化することが大事

    もっと読む
    2022年 08月09日
    #コミュニケーション
  2. 幼い頃からの性教育、何から始めたらいい?

    家庭で子どもに性教育をする際、何から始めればいい?どうすればいい?と悩む方も多いはず。幼い頃から家庭でできる性教育ってどんなことでしょうか?と、性教育コンテンツ制作ユニット・アクロストンさんに聞いてみました。「性教育って特別な知識が必要なんでしょ?難しそう!」と諦める前に、ぜひお読みください。 監修・話題提供 アクロストン妻・夫である2人の医師による性教育コンテンツ制作ユニット。楽しく性について学べる授業やワークショップを日本各地で開催。家庭ではじめられる性教育のヒントや性に関する社会問題についてなどをSNSで発信している。著書:10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック(ほるぷ出版)、3から9歳ではじめるアクロストン式 「赤ちゃんってどうやってできるの?」、いま、子どもに伝えたい性のQ&A(主婦の友社)など 性について楽しく学ぶ、アクロストンさんの活動 ーー「性教育コンテンツ制作ユニット」ということですが、どういった活動をしているのでしょうか? 子どもや親子で参加できる性教育のワークショップや、保護者向け講座、学校での授業、本の執筆などですね。 今(※編集部注:取材時の2022年時点)、上の子が中学1年、下の子が小学5年ですが、上の子が産まれて少しした頃にスマホやタブレットが普及し始めました。 自分の調べ物をしていた時に

    もっと読む
    2022年 08月05日
    #コミュニケーション
  3. なんとなく不調?更年期もスッキリ!簡単エクササイズ

    女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。更年期にはホットフラッシュなどの分かりやすい症状だけではなく、”なんとなく不調”といった状態に悩む人も多いものです。 今回は更年期の症状に対しておうちやオフィスでできる体操や有効なツボ、それでもしんどい場合の病院の受診について、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。 永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。 おうちでできる体操、オフィスでできる体操 ーーなんとなく不調な時に、おうちでの家事の合間にもできるおすすめの体操を教えてください。 いろんな体操があるんですけれども、私たちNPO法人ちぇぶらでおすすめする「ちぇぶら体操」をご紹介します。団体名の「ちぇぶら」は、更年期を前向きに捉えた英語「the change of life」の意味。すごく簡単で、体調が悪い時でもいい時でもすぐにできて、なおかつ自律神経を整えて、とてもリラックスできる体操です。 ちぇぶら体操のやり方

    もっと読む
    2022年 08月02日
    #セルフケア
  4. 更年期から始めたい、体のケアとは?

    女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。とはいえ更年期の体調は個人差が大きく、全員が更年期障害になるとは限らないこともあって、自分や他人の更年期に関する理解の難しさに悩む人も多いのではないでしょうか。 今回は更年期について、原因と主な症状や、オススメの体のケア、更年期の人へのサポートなどを、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。 永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。 更年期の原因と症状 ーー更年期の原因と、主な症状を教えてください。 まず更年期の期間は、女性の閉経の前後10年。日本人の閉経の平均年齢はおおよそ50歳で、個人差は非常に大きいんですが、その前後5年ずつの45歳から55歳頃の時期が一般的には更年期と言われています。53歳で閉経する方は48歳から58歳、59歳で閉経する方は54歳から64歳が更年期ですね。

    もっと読む
    2022年 07月26日
    #セルフケア
  5. 産婦人科医に聞く!不妊治療のこれからと課題とは?

    2022年の4月から不妊治療が保険適用となったことを受けて、前回は不妊治療について、始めるタイミングや治療の選択肢についてお伝えしました。(不妊治療、いつから始める?どんな種類がある?) 今回は、不妊治療の今後の支援や助成金の見通し、課題を産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信を行っている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 保険適用にならなかった不妊治療の選択肢 ーー今回保険適用にならなかった不妊治療の選択肢としては、どのようなものがありますか? 2022年4月の不妊治療の保険適用にあたって国内でもさまざまな議論があり、結局保険適用にならなかった治療法もあります。 たとえば、治療開始時に43歳以上の女性の不妊治療は保険適用されず、全額自費となりました。不妊治療にはこれまで各自治体が助成金を出していたのですが、今回の保険適用によって、今まで自治体の助成金を受けられていた43歳以上の方への補助がなくなってしまいました。43歳以上の方への助成金を復活させている自治体もありますが、あくまで一部に限られています。 また今回、一部の不妊治療クリニックでおこなっているけれども保険適用にならなかった中で「先進医療」と位置付けられている治療法

    もっと読む
    2022年 07月19日
    #コミュニケーション
  6. 不妊治療、いつから始める?どんな種類がある?

    2022年の4月から不妊治療が保険適用になったことで、不妊治療を受ける夫婦が増えてきています。不妊治療にはさまざまな種類の方法があり、どう選んでいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回は不妊治療について、始めるタイミング、治療の選択肢などを産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信を行っている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 不妊治療を始めるタイミング ーー不妊治療を始めるタイミングはいつですか? まず「不妊」の定義なんですが、日本では、パートナーと性行為のタイミングを合わせたりして自分たちで1年間妊活しても妊娠できない状態のことをいいます。ただし、年齢によっても不妊治療を始めるのにオススメなタイミングは変わってきます。女性が30歳未満であれば、まずは1年間妊活してみて、それでも妊娠しないということであればクリニックを受診するのが一般的だと思います。 しかし女性が30歳を超えると、1年待っている間に妊娠率がどんどん下がってきてしまうので、6カ月ぐらい自分たちで妊活して妊娠しなかったら、不妊治療専門の病院を受診していただくのがオススメです。もしも40歳で妊活を始めるのであれば、すぐに専門の病院に行って不妊治療を始めたほうがよいと思います。これはあくまで一般的な目安であり、より早くに不妊治療や検査を受けても全く問題ありま

    もっと読む
    2022年 07月15日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP