フェムテックデビューを始めるならコレ!おすすめ3選

一人でも多くの方が快適な生活を送って頂けることを目標に、少しずつおすすめのフェムテック用品をお伝えしていきますので、ぜひお付き合いください。

ちなみに「フェムテック」とはFemale×Technologyの造語で「科学技術を元に、女性の抱えている問題を解決すること」を目標としています。実際に、日本だけではなく、アメリカのシリコンバレーでも2015年くらいからスタートアップ企業への多額の投資が行われており、その勢いは、ますます加速しています。

21世紀の現在では、女性の抱える諸問題も「テクノロジー」を元に解決できるのです!

元々、日本においては「血=穢れ(けがれ:汚いもの)」という考えがあり、江戸時代には、生理中の女性が生理部屋に隔離されていた、という風習もありました。今でも「生理=我慢するもの、生理=面倒くさいもの」というイメージが大きいのですが、女性の社会進出も進んでいる昨今では、少しでも生理=快適に過ごすもの色々なグッズを使って楽しむものという考えも出てきています。

さらに、今は江戸時代ではありません(笑)

「生理=汚いもの・穢れ(けがれ)」「生理がある女性は汚い存在だ」という根深い思い込みがあった江戸時代には、生理を解決するようなテクノロジーはなく、更には、生理用ナプキンサニタリーショーツもありませんでした。今では科学技術の発展により、少しでも生理を快適に過ごすことができる時代へとなりました。そんな現代に、生理があるから女性は汚い存在と考える理由はありません。

また、フェムテックが進むと同時に女性だけでなく、男性にも更年期があるという存在が少しずつ解明されるなど、男女ともに生きやすい社会を作っていこう、という考えが進んでいます。

気軽に試せる生理用品「布ナプキン」

まず、いろいろある生理用品のなかで手軽に試せる商品が「布ナプキン」です。筆者の経験談も元に、お伝えしていきますね。筆者が布ナプキンの存在を知ったのは、もう12年ほど前になりますが、当時は「ヨレそう」「漏れそう」「すぐにズレるんじゃないの?」という不安が強く、なかなか手を出しづらく、そこから実際に手を出すまでに、7年程かかり。。。苦笑

6年ほど前に、始めて購入しましたが

  • 通気性の良さ
  • 紙ナプキンよりも全然ズレない
  • むしろ紙ナプキンの方が漏れることは多いかも

と、その快適さにはびっくりしました。

また、私自身が使っているのを見て、実際に使い始めた友人たちが何人もいます。おそらく、みんな気になってはいるけれども、実際の声を聞いたことがないので、使いづらいのかな、と思います。確かに、使用後はつけ置きをして洗う必要などがありますので、少し手間といえば手間です。

ただし、女性にとって月経の様子=健康のバロメーターです。東洋医学の病院や鍼灸院に行くと、月経の経血の色などを細かく聞かれるほど、とにかく女性にとって、月経の経血の様子は大切なもの、なのです。

筆者も、今では「忙しい時期には紙ナプキンを使う」「昼間は布ナプキンだけれども、夜は紙ナプキン」など、布ナプキンと併用して、他の生理用品を使い分け、愛用しています。とにかく想像以上に便利な布ナプキンですし、環境問題への配慮も可能ですので、少しでも多くの人が布ナプキンを利用してくれたらいいな、と思います。

フェムテックの入り口に:月経周期を管理するアプリはとても便利

既に使用されている方も多いかと思いますが、月経周期を管理できるスマホアプリがあります。過去の生理日をアプリのカレンダーに入力するだけで、次回の生理の予定や、排卵予定日などをアプリが自動で予測してくれます。

「旅行と生理が被ってしまうかも」「友達と温泉に行きたいけれども、この日は生理とかぶらないかな?」など、アプリで簡単に予定を確認することができるので、とても便利です。

昔のことを思い出すと、スマホが無い時代、10数年前の筆者は手帳の年間カレンダーに生理が来た日や生理中の日は丸をつけ、また、旅行に行く際は「この日は生理とかぶらないかな?」などとあれこれチェックしていたものです。今では、アプリで簡単に生理予定日が1年以上先まで予測できる時代になっているわけですから、これだけでも、とにかく女性の負担は減っているのではないでしょうか?

ショーツ型ナプキンは、とても安心

生理中に一番不安なことは、夜に経血が漏れてしまうことなのではないでしょうか?もちろん、外出先での漏れも心配ですが、朝起きて、布団が汚れていた時のショックと言ったら・・・。

更に、布団が汚れている日が忙しい日であればあるほど「ああ、今日は忙しいのに!帰ってきてから、お布団も洗わないといけないなんて!」と、ものすごく精神的なダメージを受けませんか?

そんな中、筆者が布ナプキンと並行してここ5年ほど愛用しているのが「ショーツ型ナプキン」です。もちろん、これは夜だけではなく、例えば長時間ナプキンを変えられない時や、新しい性教育の本では「お子様の体育の時にも便利です」との記載もあるほどです。

とにかく、ナプキンとは桁違いの吸収力を持っていますので、これを利用するようになってから、私自身はもう5年以上「朝起きて、布団が汚れていて、洗わなければいけないので、ショック」という経験をしたことがありません。

ショーツ型ナプキンが充実してきたのはまだここ5年程度ですので、馴染みが薄い方も多いのではないでしょうか?しかし、これは「一度使ったら病みつき」になるほどの安心感があります。長時間のドライブや、「生理と海外旅行が重なってしまった!」という飛行機の中でも、便利なのではないでしょうか?

以上、「身近なフェムテック用品」をご紹介させていただきました。

今回は、「本当に身近なもの」「とにかく取り入れやすいもの」を記載させていただきましたが、実は、フェムテック用品には「びっくりするほど高度なもの」もあり、少しずつご紹介していきますので、楽しみにしてくださいませ。皆さまが少しでも「フェムテック用品」を取り入れることにより「心地好い生活」を送っていただける事を願っております。

ライター:sayosayo64

幼少期をアメリカ山岳部で過ごした30代前半女性。
日本の大学入学後、周りの女の子の自信の無さに違和感を感じ、日本人の女の子たちの自己肯定感を上げる活動をしたいと思う。
昨年、日本では幼少期に満足のいく性教育が行われていないことを知り、私がアメリカで学んだ知識を元に、1人でも多くの人が「ありのままの自分でいいのだ!」「生きていて楽しい!」と思えるようになれば良いなと思うようになった。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 6

同じカテゴリー の他の記事

  1. パートナーとのすれ違い、なぜ起こる?どう対策する?

    夫婦のよくある悩みに、「パートナーとのすれ違い」があります。すれ違いはどうして起こるのか、回避するにはどうすればいいのか、こんなすれ違いの場合はどう考えて対応したらいいの?をまとめました。 執筆 柳田正芳 「誰もが自分は自分に生まれてよかったと思える世界」を作るために「どこに行っても性の健康を享受できるように社会環境をアップデートすること」を目指す性の健康イニシアチブの代表。2002年から国内外の性教育、性科学の様々な活動に参加してきたほか、思春期保健や両親学級などの活動も経て現在に至る。プロフィールサイトはこちら 夫婦がすれ違う原因の多くは、お互いに思っていることのすり合わせ不足 私は、「夫婦のコミュニケーション」について考えるワークショップの講師として、もうすぐ子どもが生まれてくるというタイミングに差し掛かった夫婦延べ1,000組以上と会い、話を聴いてきました。 多くの夫婦との出会いを通じて感じていたことがあります。それは、よくある夫婦のすれ違いの原因は、お互いの思っていること・考

    もっと読む
    2023年 01月27日
    #コミュニケーション
  2. もし子どもがLGBTかも?と思った時には?

    6歳の子どもの母です。子どもは体の性別は男性ですが、プリンセスになりたい、髪を伸ばしたいと言っており、もしかして性同一性障害ではと思っています。これから小学校に進学することもあり、子どもや周囲とどのように接するのがいいのでしょうか。(30代女性・6歳の子どもの母) 「自分の子どもが性のあり方に悩んでいるかも……」と思った時、どんな対応ができるのでしょうか?今回は、性別違和を抱えている可能性のあるお子さんをもつお母さんからご相談をいただきました。こういった場合の本人との関わり方、学校との調整の仕方、保護者の相談先などについて、性的マイノリティの子ども・若者の支援をおこなう一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにアドバイスをいただきました。 監修・話題提供 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 親と本人の悩みを受け止める

    もっと読む
    2023年 01月13日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【後編】

    さまざまな性的マイノリティのうち、代表的な「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の4つの頭文字をとった総称「LGBT」。前回は、さまざまな性のあり方やその伝え方について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお伺いしました。そして、子どもがもし「ホモ」「オカマ」などと発言していたら、皆さんだったらどう反応しますか?今回はLGBTについて子どもに話し始めるきっかけや、もし差別的な発言をした場合の対応についてお話しいただきました。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 子どもに話し始めるきっかけ ーーLGBTについて子どもに教える時に、話し始めるきっかけはどうすればいいか、お伺いしたいです。 最近すごくいい絵本がたくさん出ているんです。 たとえば子どもで

    もっと読む
    2022年 12月27日
    #コミュニケーション
  4. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【前編】

    最近「LGBT(いわゆる性的マイノリティ)」や「性の多様性」について、ニュースやドラマ等を通して知る機会も増えてきたのではないでしょうか。子どもが成長していく時には、その子自身の性のあり方はもちろん、他人も尊重することについて、LGBTに関する正しい知識と共に伝えていきたいものですよね。今回は子どもに「LGBT」について伝える方法について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお聞きしました。後編では、子どもに話し始めるきっかけについて考えます。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 多様な性のあり方とは ーーまず、LGBTについて、子どもにどう説明したらいいでしょうか? 人間の性のあり方は4つの要素の組み合わせによって作られています。

    もっと読む
    2022年 12月09日
    #コミュニケーション
  5. 男の子の子育て!ジェンダー平等の意識を育むには?

    世界146ヵ国中116位。日本のジェンダーギャップ(男女格差)は「先進国の中で最低レベル」「アジアの中でも順位が低い」ということが、世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー・ギャップ指数2022」から見て取れます。 「わが子が大きくなる頃には、男女の格差が改善していてほしい」と思う方は少なくないと思います。男女の格差を生み出す(また、許容する)社会環境は、ひとりひとりの心がけ次第でいい方向に変えていけるはずです。男女の格差に敏感で、そういうものにNOと言えるようにわが子を育てるにはどうすればいいのでしょうか?文筆家の清田隆之さんに聞きました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 編集部から「ジェンダー」とは、文化的・社会的な性差を指します。社会の中で取り決められた「男性・女性とはこういうもの」と期待される役割分担意識や差異を言います。例えば、「男性は家庭の外で働いてお金を稼いで家族を養うもの

    もっと読む
    2022年 12月02日
    #コミュニケーション
  6. SNS時代に男性が抱える生きづらさとは?

    これまで、可視化されることや、気に留められることがほとんどなかった「男性の生きづらさ」。SNSでも男女間の不平等や格差の話題において、「女性のほうが不利な立場に置かれているのだから、男性の生きづらさなんてないでしょう」という見方もありますが、男性が自らの生きづらさに向き合うことで、男女の不平等や格差の解決への一歩になるのではないかという考えもあるようです。文筆家の清田隆之さんに伺いました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 昔からあった問題がSNSにより注目されやすくなってきた ――男性が女性に対して差別的なことを言って炎上したり問題になったりすることが少なくないように思うのですが、最近の事例や傾向などはあるでしょうか? 昨

    もっと読む
    2022年 11月28日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP