月経不順ってどこから?どうしてなるの?|助産師 前田陽子先生

月経(生理)が定期的にこなかったり、期間が長い・量が多いといった異常に悩む方は多いのではないでしょうか?
今回は助産師の前田陽子先生に、月経不順とその原因についておうかがいしました。


皆さんはご自分の月経について関心を持っていますか?
月経は女性の健康状態を教えてくれる大切な現象ですので正しい知識を持っていただきたいと思います。

今回は月経不順についてお伝えしていきますが、まず月経について簡単に説明してから、「月経不順」「月経不順の原因」「月経不順に隠れている疾病」についてお伝えしていきます。

まずは知っておきたい月経のしくみ

月経は、月にだいたい1回の間隔で起こる子宮内からの出血です。
女性は赤ちゃんを宿す準備として、月経周期の初めに「子宮内膜」という赤ちゃんのベッドのようなものを子宮内に作り始めます。月経周期の真ん中くらいに「排卵」があり、排卵を境に受精卵がいつ来ても良いように子宮内膜を維持します。しかし、妊娠しないとその子宮内膜は必要が無くなり古くなるために剥がれ、血液や腟の分泌物とともに子宮の外へ排出されます。これを「月経」(「生理」という呼び方が一般に広がっていますが、正しくは「月経」)と言います。

月経周期の正常範囲は25~38日

月経周期とは、月経の始まった日を1日目として、次回の月経が始まる前日までの日数のことをいいます。月経は毎月1回同じ日に始まるのが正常と思われている人もいますが、月経周期の正常範囲は25~38日なので、同じ日に始まるとは限りません。

例えば6月1日に月経が始まって、次の月経が6月26日からだったとしたら月経周期は25日です。この場合、1か月に2回月経があることになりますが異常ではありません。

月経不順には月経持続期間・月経量の異常も含まれる

月経周期は、前述したように25日~38日が正常なので、24日以内または39日以上の場合を月経不順と判断します。しかし月経周期が正常範囲内であっても、周期の変動が大きい場合は異常です。変動の正常は6日以内なので、7日以上の場合は月経不順です。

例えば、今回の月経周期が25日で次の月経周期が32日だとしたら、変動は7日なので月経不順となります。毎回の月経で変動が7日以上だったり、周期がバラバラな場合は月経不順ですが、1回だけ変動が大きいかったくらいでは月経不順とは言い切れませんので、経過を観ることが必要になります。

月経不順には、月経持続期間・月経量の異常も含まれます。月経の持続期間の正常は3日~7日なので、2日以内や8日以上は異常と判断します。また、月経量は主観的になるので判断が難しいですが、おりものシートで足りるくらいの量だったら少ないですし、反対に1時間おきにナプキンを替えても足りないくらいの量は多いと考えてください。月経量が多い場合はレバーのような塊が出ることもあります。

月経不順の原因は「ホルモンバランスの乱れ」

月経不順の一番大きな原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。月経は卵巣から分泌される女性ホルモンによってコントロールされて、定期的に繰り返されます。

女性ホルモンは、脳から分泌されるホルモンが卵巣に作用することで分泌されるので、月経不順の原因は、子宮や卵巣機能に原因があるだけではなく、不規則な日常生活や仕事・人間関係の悩み、極端なダイエットなどのストレスが脳に影響して、脳からのホルモン分泌が上手くできずに引き起こしていることも多くあります。

月経不順に隠れている疾患

初めての月経(初経)から数年の思春期(※1)は、女性ホルモンのバランスが安定しないために、月経周期がバラバラだったり月経が3カ月以上、無かったりすることがあります。しかし、18歳頃になっても状態が変わらないのは、体に何らかの問題があることがあります。

ホルモンバランスが安定しないまま放置していると、不妊の原因になったり、更年期のような症状が出現してくることもあります。また、月経が無くて楽と思っていたら「妊娠していた」ということもあります。

更年期(※2)は、女性ホルモンの分泌が低下して閉経を迎える時期なので、思春期と同様に月経周期が安定しなかったり、3カ月以上月経が無かったのに、また始まるということがあります。更年期でも月経がある間は妊娠の可能性もあります。性行為があり、3カ月以上月経がない場合は、妊娠の可能性も考える必要があります。

思春期や更年期のような、生理的な理由での月経不順(思春期は18歳までくらい)は問題ありませんが、月経不順の陰には、次のような異常が隠れていることがあります。

(※2)思春期とは、8~9歳頃から17~18歳頃までのこと。
(※3)更年期とは、閉経を挟んだ前後5年の10年間のこと。日本人の閉経の平均は50歳頃なので、更年期は45歳頃~55歳頃のことをいう。

脳下垂体の異常

下垂体から出るホルモンが卵巣に働きかけていますので、下垂体の異常が女性ホルモンの分泌を不安定にして、月経不順となることがあります。

卵巣の疾患

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)や多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)、卵巣がんなど、卵巣の疾患によって卵巣機能が低下している場合があります。

甲状腺機能の異常

甲状腺から分泌されるホルモンは女性ホルモンの分泌にも関係していますので、甲状腺が正常に機能しなくなると月経不順を引き起こします。

高プロラクチン血症

プロラクチンは母乳を分泌させるためのホルモンです。飲んでいるお薬などの影響でプロラクチンが高くなり、月経不順が起こることがあります。また、授乳期間中は、このホルモンによって卵巣機能が抑えられるために、月経不順(無月経)となります。

疾患

月経の持続期間や月経量の異常の原因は、卵巣だけではなく、子宮筋腫子宮腺筋症などの疾患が関係していることも考えられます。

月経不順を放っておかないで

一言で「月経不順」と言ってもこのような色々な原因があります。

私の公式LINEへの相談で一番多いのが月経についてです。具体的には「月経が来ないのですが妊娠したのでしょうか?月経不順なので分かりません。」という内容が一番多いです。このことから、月経不順を放置している方がかなり多いのではないかということが予測されます。

妊娠かどうかについては、妊娠検査薬を使う時期や方法についてお伝えしますが、妊娠反応が出なくても産婦人科に受診することをお勧めしています。実際に受診された方の結果が「無排卵」だったということがありました。

もし、受診せずに無排卵だということにずっと気が付かないままになっていたら、不妊症や若くして更年期症状に悩まされることになっていたかもしれません。月経不順は「ただ月経が不規則なだけ」ではなく、女性にとっては重要な意味があることと理解していただきたいです。



月経不順についてご理解いただけたでしょうか?
次回の記事では、月経不順の対処方法についてお伝えしますので、今回の記事を参考になさって、ご自分の月経の状態と照らし合わせておいてくださいね。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. 夫婦で読みたい!性の専門家が伝授する産後の夫婦生活のリスタート

    「産後の夫婦生活に関する意識のズレの原因はホルモンバランスの変化だとよく言われますが、それよりも男性による家事育児の非協力度のほうが重大な影響を及ぼしているのではないかと思います」と語るのは、ラブライフアドバイザーのOliviAさん。えっ!家事や育児をどれだけやったかと産後の夫婦生活がつながっているの!?と思った方もいるかもしれませんね。夫婦で一緒にこの記事を読んで、産後の悩みを克服するために、OliviAさん、詳しく教えてください! 監修・話題提供 OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。 産後のセックスレスは男性側の家事育児へのコミット次第 ーー産後の夫婦生活のお悩みでよくあるケースはありますか?  お悩み相談で多い

    もっと読む
    2022年 07月05日
    #コミュニケーション
  2. パートナーと性についてオープンに話し合える関係性を築くには?

    「パートナーと性の話ができている人はほんの一握り」なのだとライブライフアドバイザーのOliviAさんは言います。その一握りの人たちは仲がよく、性生活も充実しているそうです。どうしたらパートナーと性の話ができるような関係性を築けるのでしょうか?OliviAさんにたっぷりと教えてもらいました。 監修・話題提供 OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。 性についてオープンに話せるカップルは一握り ーー性についてきちんと話ができるカップルは、仲が良くて性生活が充実しているというイメージがありますが、そんなカップルはかなりレアな存在だそうですね 性生活のことについてきちんと話し合いができてコミュニケーションも取れているカッ

    もっと読む
    2022年 07月01日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「赤ちゃんはどこからくるの?」と聞かれたら?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    最近、子どもと仲の良いお友達に妹ができ「私も弟か妹が欲しい!」と言われた現役ママライター。 話の流れから「赤ちゃんはどこからくるの?どうしたらできるの?」という質問をされました。その時は「そうだねぇ。どこかなぁ、どうしてかなぁ…」という感じでごまかしてしまったのですが、これってどんな風に応えればよいのでしょうか?家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生にうかがいました。 疑問を持つことを褒める 子どもは真っ直ぐですから、疑問に思ったことは何でも真っ直ぐ質問してきますね。まずは、子どもが「赤ちゃんはどこからくるの?」という疑問を持つことができたことを褒めましょう。 幼い子どもは、生物学的なことや医学的なことに興味を持って、「赤ちゃんはどこからくるの?どうしたら、できるの?」と尋ねているのではないでしょう。「弟や妹が欲しい」という気持ちから、質問しているのです。 「命の尊さ」を伝える この時期に伝えたいことは、「命の尊さ」についてです。一見、困ってしまう質問に思えますが、実は「命の尊さ」について、教えることができる良いチャンスなのですよ! 祖父・祖母から父・母へ受け継がれ、そして子どもたちへと大切に脈々と受け継がれ、つながっていく大切な命であること、そして、その大切な命を自分

    もっと読む
    2022年 06月29日
    #コミュニケーション
  4. ボディポジティブになるためのアイディア10選

    ボディポジティブ(ボディポジティビティ)とは、「自分の身体や見た目をありのままに受け入れて愛する」というムーブメントのことです。たとえば「痩せている=美しい」といった特定の価値観に囚われずに、プラスサイズなどあらゆる体型の多様性を尊重しようという近年の動きを指しています。 女性の多くは、自分の身体を好きになれなかったり、不満を感じていたりします。歯の健康を維持するために毎日の歯磨きが必要なのと同じように、私達の考え方を変えるには毎日の積み重ねが必要なのです。 セルフケアを実践してボディポジティブになるためには、どんなことから始められるのでしょうか? 今日からできるボディポジティブ この記事ではボディポジティブになるために、10の方法を挙げています。 1.友達に言わないネガティブなことは、自分にも言わない2.他人を褒める3.自分への褒め言葉を受けとる4.身体に合わない服を手放し、心地よくなる服を着る5.自分を他人や若い頃の自分自身と比較しない6.「痩せた人は幸せ」という考えを見直す7.自分の身体にとって心地よいことをする8.自分自身にポジティブな言葉をかける9.身体を恥じることが有意義かどうか自分自身に問いかける10.ポジティブさで自分自身を包む それぞれ詳しく解説していきます。 1. 友達に言

    もっと読む
    2022年 06月28日
    #PMS
  5. 子どもの自尊感情を高める効果的な褒め方って?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    前回の記事では、ジェンダー平等を家庭で伝える大切さを取り上げましたが、自尊感情が低くなると色々なことがうまくいかなくなる、というお話がありました(子どもの自尊感情を高める効果的な褒め方って?)。自尊感情とはそもそも、どのような感情なのでしょうか?また、子どもの自尊感情を普段の生活の中で育む伸ばすにはどうすればいいのでしょうか?家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生に、子どもの効果的な褒め方についてポイントをうかがいました。 子どもが頑張っている姿を認める 自尊感情とは、自分で自分を積極的に認め、自らの価値や存在意義を肯定できるような感情です。簡単に言うと、自分自身のことを好きだと思う感情です。 それを育むためには、まず周りの大人が、子どもの行動を認めてあげることが大切です。勉強でもスポーツでも遊びだって、どんなことでもいいです。子どもが頑張っている姿を認めてあげましょう。他者に認められることで、自分の存在を認めることができてくるんですよ。 認めてもらうことは、確かに大人でも嬉しいものですものね。それが成長過程にある子どもなら、なおさらだろうと思います! 「結果」だけでなく「過程」を褒める ですが、ひとつ気を付けてほしい

    もっと読む
    2022年 06月27日
    #コミュニケーション
  6. 子どもに「ジェンダー平等」を伝えるために、家庭でできることって?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    男女共同参画社会基本法の施行など大きく転換しつつある社会情勢の中で、ジェンダー平等であることは当たり前になりつつあります。 しかし、日常生活の中ではまだまだ「男らしさ」や「女らしさ」が求められる場面に出くわすことがありますよね。これからのジェンダー平等の社会で生きていく子どもを育ていくうえで、親はどのようなことに気をつければよいか、現役ママライターが家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生にお聞きしました。 「男の子だから」や「女の子だから」という価値観 まだまだ 「男の子なのだから、メソメソ泣かないの」「女の子なのだから、お料理を手伝って」 なんて、日常のふとした時に口をついてしまうお母さんやお父さんも多いですよね。現役の親世代の人たちにも、ずっと昔から脈々と受け継がれてきてしまった性を区別する価値観が根付いてしまっている部分はあると思います。 しかし、これからの時代は男の子だから、女の子だからではなく、個性としてそれぞれの考えや行動を認めることが大切です。 時代に沿った価値観や教育ですから、お母さま世代の方が「男の子だから、女の子だから」とそういう価値観を持ってしまっても仕方ない部分はあると思います。幼い頃から、男らしさや女らしさを言い聞かせると、子どもの心の中に浸透してしまいます。お母さまが実際、そうなのだと思います。 「性別らしさ」に合わない自分を責めてしまう

    もっと読む
    2022年 06月26日
    #子育て
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP