月経不順ってどこから?どうしてなるの?|助産師 前田陽子先生

月経(生理)が定期的にこなかったり、期間が長い・量が多いといった異常に悩む方は多いのではないでしょうか?
今回は助産師の前田陽子先生に、月経不順とその原因についておうかがいしました。


皆さんはご自分の月経について関心を持っていますか?
月経は女性の健康状態を教えてくれる大切な現象ですので正しい知識を持っていただきたいと思います。

今回は月経不順についてお伝えしていきますが、まず月経について簡単に説明してから、「月経不順」「月経不順の原因」「月経不順に隠れている疾病」についてお伝えしていきます。

まずは知っておきたい月経のしくみ

月経は、月にだいたい1回の間隔で起こる子宮内からの出血です。
女性は赤ちゃんを宿す準備として、月経周期の初めに「子宮内膜」という赤ちゃんのベッドのようなものを子宮内に作り始めます。月経周期の真ん中くらいに「排卵」があり、排卵を境に受精卵がいつ来ても良いように子宮内膜を維持します。しかし、妊娠しないとその子宮内膜は必要が無くなり古くなるために剥がれ、血液や腟の分泌物とともに子宮の外へ排出されます。これを「月経」(「生理」という呼び方が一般に広がっていますが、正しくは「月経」)と言います。

月経周期の正常範囲は25~38日

月経周期とは、月経の始まった日を1日目として、次回の月経が始まる前日までの日数のことをいいます。月経は毎月1回同じ日に始まるのが正常と思われている人もいますが、月経周期の正常範囲は25~38日なので、同じ日に始まるとは限りません。

例えば6月1日に月経が始まって、次の月経が6月26日からだったとしたら月経周期は25日です。この場合、1か月に2回月経があることになりますが異常ではありません。

月経不順には月経持続期間・月経量の異常も含まれる

月経周期は、前述したように25日~38日が正常なので、24日以内または39日以上の場合を月経不順と判断します。しかし月経周期が正常範囲内であっても、周期の変動が大きい場合は異常です。変動の正常は6日以内なので、7日以上の場合は月経不順です。

例えば、今回の月経周期が25日で次の月経周期が32日だとしたら、変動は7日なので月経不順となります。毎回の月経で変動が7日以上だったり、周期がバラバラな場合は月経不順ですが、1回だけ変動が大きいかったくらいでは月経不順とは言い切れませんので、経過を観ることが必要になります。

月経不順には、月経持続期間・月経量の異常も含まれます。月経の持続期間の正常は3日~7日なので、2日以内や8日以上は異常と判断します。また、月経量は主観的になるので判断が難しいですが、おりものシートで足りるくらいの量だったら少ないですし、反対に1時間おきにナプキンを替えても足りないくらいの量は多いと考えてください。月経量が多い場合はレバーのような塊が出ることもあります。

月経不順の原因は「ホルモンバランスの乱れ」

月経不順の一番大きな原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。月経は卵巣から分泌される女性ホルモンによってコントロールされて、定期的に繰り返されます。

女性ホルモンは、脳から分泌されるホルモンが卵巣に作用することで分泌されるので、月経不順の原因は、子宮や卵巣機能に原因があるだけではなく、不規則な日常生活や仕事・人間関係の悩み、極端なダイエットなどのストレスが脳に影響して、脳からのホルモン分泌が上手くできずに引き起こしていることも多くあります。

月経不順に隠れている疾患

初めての月経(初経)から数年の思春期(※1)は、女性ホルモンのバランスが安定しないために、月経周期がバラバラだったり月経が3カ月以上、無かったりすることがあります。しかし、18歳頃になっても状態が変わらないのは、体に何らかの問題があることがあります。

ホルモンバランスが安定しないまま放置していると、不妊の原因になったり、更年期のような症状が出現してくることもあります。また、月経が無くて楽と思っていたら「妊娠していた」ということもあります。

更年期(※2)は、女性ホルモンの分泌が低下して閉経を迎える時期なので、思春期と同様に月経周期が安定しなかったり、3カ月以上月経が無かったのに、また始まるということがあります。更年期でも月経がある間は妊娠の可能性もあります。性行為があり、3カ月以上月経がない場合は、妊娠の可能性も考える必要があります。

思春期や更年期のような、生理的な理由での月経不順(思春期は18歳までくらい)は問題ありませんが、月経不順の陰には、次のような異常が隠れていることがあります。

(※2)思春期とは、8~9歳頃から17~18歳頃までのこと。
(※3)更年期とは、閉経を挟んだ前後5年の10年間のこと。日本人の閉経の平均は50歳頃なので、更年期は45歳頃~55歳頃のことをいう。

脳下垂体の異常

下垂体から出るホルモンが卵巣に働きかけていますので、下垂体の異常が女性ホルモンの分泌を不安定にして、月経不順となることがあります。

卵巣の疾患

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)や多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)、卵巣がんなど、卵巣の疾患によって卵巣機能が低下している場合があります。

甲状腺機能の異常

甲状腺から分泌されるホルモンは女性ホルモンの分泌にも関係していますので、甲状腺が正常に機能しなくなると月経不順を引き起こします。

高プロラクチン血症

プロラクチンは母乳を分泌させるためのホルモンです。飲んでいるお薬などの影響でプロラクチンが高くなり、月経不順が起こることがあります。また、授乳期間中は、このホルモンによって卵巣機能が抑えられるために、月経不順(無月経)となります。

疾患

月経の持続期間や月経量の異常の原因は、卵巣だけではなく、子宮筋腫子宮腺筋症などの疾患が関係していることも考えられます。

月経不順を放っておかないで

一言で「月経不順」と言ってもこのような色々な原因があります。

私の公式LINEへの相談で一番多いのが月経についてです。具体的には「月経が来ないのですが妊娠したのでしょうか?月経不順なので分かりません。」という内容が一番多いです。このことから、月経不順を放置している方がかなり多いのではないかということが予測されます。

妊娠かどうかについては、妊娠検査薬を使う時期や方法についてお伝えしますが、妊娠反応が出なくても産婦人科に受診することをお勧めしています。実際に受診された方の結果が「無排卵」だったということがありました。

もし、受診せずに無排卵だということにずっと気が付かないままになっていたら、不妊症や若くして更年期症状に悩まされることになっていたかもしれません。月経不順は「ただ月経が不規則なだけ」ではなく、女性にとっては重要な意味があることと理解していただきたいです。



月経不順についてご理解いただけたでしょうか?
次回の記事では、月経不順の対処方法についてお伝えしますので、今回の記事を参考になさって、ご自分の月経の状態と照らし合わせておいてくださいね。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. 漢方、食養生の始め方・取り入れ方

    「食事を工夫すると健康にいいって聞いたけど、どんなことに気を付ければいいの?すぐできることは何?」という疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。「食事で体質を改善して健康になる」という考え方に関しては、東洋医学が長い歴史の中で様々な知恵を積み上げてきました。助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタントのやまがたてるえさんに、「漢方」や「食養生」について教えてもらいました。食事で体質改善して健康になるってどういうこと?どんなことに気を付けて何を食べればいいの?そんな疑問がスッキリします。 やまがたてるえ/助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタント 病院勤務後、自身の妊娠出産子育てを経て、地域子育て支援の活動を17年行なっている。たくさんの親子の子育て相談や、女性ためのカウンセリングなども行っています。子育て支援を、家族支援へとシフトチェンジしたくNPO法人子育て学協会のチャイルドファミリーコンサルタントとしても活動中。現在まで6冊の本を出版。近著は【13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと】 HP: https://www.hahanoki.com/ 東洋医学が大事にする食事や漢方薬での体質改善

    もっと読む
    2024年 07月19日
    #PMS
  2. 生理前のイライラ、原因と対処法は?

    生理前になると、イライラや感情の乱れに悩む方も多いと思います。今回は生理前のイライラへのさまざまな対処法や、効果が期待できる薬について、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。イライラが他の疾患のサインかもしれない場合や、婦人科受診の重要性についても触れています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前のイライラの原因と対処法。効果のある薬は? ーー生理前のイライラの原因と対処法について教えていただけますか? 生理前のイライラはPMS(月経前症候群)の症状として多くの女性が経験しています。 その原因の1つとして、生理前に分泌が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響が考えられますね。生理の初めの方もプロゲステロンの分泌が多かったり、月経困難症の症状として生理中にイライラしたり、情緒不安定になったりすることもあります。 まず、日常生活でできることとして、リラックスできるように、スケジュールを緩めて休む時間を意識しましょう。ストレスがPMSを悪化させること�

    もっと読む
    2024年 07月05日
    #PMS
  3. 生理前や生理中の食欲の増加、どうすれば?

    生理前や生理中の食欲の増加に悩む女性は多いものです。今回はその原因や対処法について、産婦人科医の柴田綾子先生に伺いました。ホルモンバランスや栄養不足が関与するこの問題に対して、どのような対処法が有効なのでしょうか。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前や生理中の食欲の増加の原因 ーー生理前や生理中の食欲の増加についてお伺いします。まず、原因を教えていただけますか? 生理前の食欲増加が強い場合は、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)の可能性があると思います。その原因としては、生理前に分泌が増える黄体ホルモンであるプロゲステロンの影響が考えられますね。また、月経中の食欲増加も、生理の初めの方やプロゲステロンが多い時期に見られることがあります。 それ以外にも、貧血のような症状が関連している可能性もありますね。出血の量が多いと貧血の症状が出ることがあります。 ーーつまり生理中に食欲が増すのは、ホルモンの変化や貧血による鉄欠乏の影響ということでしょう

    もっと読む
    2024年 06月21日
    #PMS
  4. 生理前・生理中に眠い…眠気の原因と対処法

    生理前や生理中、眠くなって困ることはありませんか?今回は、PMSや月経困難症が眠気の原因となる可能性や、生理前と生理中での眠気の違いについて、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。眠気の対策として、生活面での工夫や漢方薬、低用量ピルの活用のほか、普段の生活の中でできる工夫として、カフェインの摂取や食事についてもアドバイスをいただいています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前・生理中の眠気の原因 ーーまず、生理中や生理前の眠気の原因について伺いたいと思います。どんなことが考えられますか? まずは生理前の眠気ですが、PMS、つまり月経前症候群が関係している可能性があります。これにはいくつかの原因がありますが、生理前にはプロゲステロンという黄体ホルモンが増えることが一つの要因ですね。また、生理中の眠気が強い場合は、月経困難症の可能性も考えられます。月経中の眠気に関しては原因がはっきりしておらず、生理の症状が影響しているのかもしれません。

    もっと読む
    2024年 06月07日
    #PMS
  5. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  6. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

    世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント1:パートナーに率直に切り出す ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

    もっと読む
    2023年 12月22日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP