おりものがいつもと違う…病院に行くべき?|産婦人科医 柴田綾子先生

デリケートゾーンのかゆみやおりものの異常について悩みがあっても、なかなか他人には聞きづらいと思う人も少なくないかもしれません。
今回は淀川キリスト教病院産婦人科の柴田綾子先生に、おりものの異常とその治療についておうかがいしました。


産婦人科医 柴田綾子先生
2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信を行っている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。

たくさんの女性がデリケートゾーン(おまたや腟の入り口)の悩みを持っています。皮膚のかゆみや黒ずみ、おりものの量やニオイ、腟の乾燥などが、多い悩みです。デリケートゾーンの症状は、恥ずかしくて、なかなか相談できないことが多いですね。

第1回目は、デリケートゾーンのかゆみの原因と治療について説明をしました。今回は、おりものの異常の原因と治療について紹介していきます。

おりものの異常の種類

おりものの異常は、次の3つに大きく分けられます。

  • おりものが増えた
  • おりものがくさい
  • デリケートゾーンがかゆい

このようなときは、腟のなかで感染炎症がおこっている可能性があります。クラミジアや淋菌などの性感染症にかかっていたり、カンジダが異常に増えていたり、細菌性腟症(腟の中の良い菌である乳酸菌が減ってバランスが崩れている状態)になっていることがあります。このような症状が続くときの対応について、次から説明していきます。

異常①おりものが増えた

(1)黄色のおりものや泡状のおりものが出た

セックスでうつる性感染症であるクラミジア、淋菌、トリコモナスなどに感染すると、おりものの量が増えたり、腟のニオイがくさくなることがあります(感染しても全く症状が出ないこともあります)。

クラミジアや淋菌では、黄色のおりものが増え、トリコモナスでは泡状のおりものが出たりします。新しくできた彼氏・彼女とのセックスのあとから症状がでてきたり、コンドームをつけずにセックスをした場合は、性感染症の可能性があるため、産婦人科へ受診して検査を相談してください。感染していたとしても抗生剤の内服薬や腟剤を使えば治療ができ、症状もなおります。

(2)白いおりものが増えた

カッテージチーズのような白いおりものが急に増えた場合、カンジダが腟の中で増えている可能性があります。カンジダは性感染症ではなく、女性であれば誰もが持っている真菌です。

風邪をひいたり、抗生剤をつかったり、体調が悪く免疫が下がっているときは、腟の中のカンジダが増えやすくなります。カンジダが増えた場合は、薬局や産婦人科で薬を購入し治療をします。カンジダの薬には飲み薬、塗り薬、腟剤があり、症状によって使い分けることができます。

異常②おりものがくさい

(1) 生理中や生理のあとのニオイ 

生理中や生理のあとは、生理用品等によるムレが原因で腟のニオイがくさくなることがあります。このようなときは、こまめに生理用品を交換し、皮膚についているおりものを拭き取って、通気性のよい下着や服をつけることで数日で改善します。デリケートゾーンは、あまりゴシゴシこすると皮膚が荒れてしまうので、ぬるま湯でやさしく洗い流すようにしましょう。

(2)魚のような生ぐさいニオイ

生ぐさいニオイがするときは、細菌性腟症の場合があります。細菌性腟症は、腟の中の良い菌である乳酸菌が減って、悪い菌が増えてしまっている状態です。

抗生剤を飲んだり、腟の中を石鹸やソープで洗いすぎたりすると細菌性腟症になりやすくなります。性感染症ではないので相手にうつることはありませんが、ニオイがきつい場合は産婦人科で薬(飲み薬や腟剤)を処方してもらい治療するとニオイも改善します。

異常③デリケートゾーンがかゆい

(1)外側の肌がかゆい

外側のお肌がかゆい場合は、ナプキンや下着、腟洗浄剤やデリケートゾーンに使っている石鹸やソープが体に合っていない可能性があります。

コットンなどの肌に優しい下着やナプキンに変え、デリケートゾーンには弱酸性の優しいソープを使用しましょう。デリケートゾーンは肌が敏感な部分なので、ゴシゴシこすらずにぬるま湯で優しく洗い流すようにしてください。症状が治らないときは、産婦人科で炎症をおさえる塗り薬などを処方します。

(2)腟の内側がかゆい

腟の中がかゆい場合、性感染症、カンジダ、細菌性腟症などが悪さをしていることがあります。セックスの直後にかゆみが出てきた場合は、コンドームが体に合わなかった可能性もあります。ぬるま湯で腟内を優しく洗い流してみて、それでも症状が治らない場合は、産婦人科で相談してください。

腟内を洗浄するビデや洗浄液は、使いすぎると症状が悪化することがあるので使わないようにしましょう。腟の中のかゆみが続く場合は、産婦人科で検査をしたり症状をおさえる薬を処方できます。

デリケートゾーンやおりものに悩みや不安があれば、ぜひ産婦人科医に相談を

ここでご紹介したものは、女性によくある症状や病気で、恥ずかしいものではありません。
デリケートゾーンやおりものの悩みは恥ずかしくて人に相談しにくいと思いますが、産婦人科では、そのような悩みの検査・治療ができるように準備しています。
デリケートゾーンの症状で困っていたら、思いきって産婦人科を受診してみてください。

*今回は頻度の多い病気を中心に説明しているため、全部の病気を説明できていません。同じ症状でも、ほかの病気が隠れていることもあるため、症状がつづくときは産婦人科へご相談ください。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. 漢方、食養生の始め方・取り入れ方

    「食事を工夫すると健康にいいって聞いたけど、どんなことに気を付ければいいの?すぐできることは何?」という疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。「食事で体質を改善して健康になる」という考え方に関しては、東洋医学が長い歴史の中で様々な知恵を積み上げてきました。助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタントのやまがたてるえさんに、「漢方」や「食養生」について教えてもらいました。食事で体質改善して健康になるってどういうこと?どんなことに気を付けて何を食べればいいの?そんな疑問がスッキリします。 やまがたてるえ/助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタント 病院勤務後、自身の妊娠出産子育てを経て、地域子育て支援の活動を17年行なっている。たくさんの親子の子育て相談や、女性ためのカウンセリングなども行っています。子育て支援を、家族支援へとシフトチェンジしたくNPO法人子育て学協会のチャイルドファミリーコンサルタントとしても活動中。現在まで6冊の本を出版。近著は【13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと】 HP: https://www.hahanoki.com/ 東洋医学が大事にする食事や漢方薬での体質改善

    もっと読む
    2024年 07月19日
    #PMS
  2. 生理前のイライラ、原因と対処法は?

    生理前になると、イライラや感情の乱れに悩む方も多いと思います。今回は生理前のイライラへのさまざまな対処法や、効果が期待できる薬について、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。イライラが他の疾患のサインかもしれない場合や、婦人科受診の重要性についても触れています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前のイライラの原因と対処法。効果のある薬は? ーー生理前のイライラの原因と対処法について教えていただけますか? 生理前のイライラはPMS(月経前症候群)の症状として多くの女性が経験しています。 その原因の1つとして、生理前に分泌が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響が考えられますね。生理の初めの方もプロゲステロンの分泌が多かったり、月経困難症の症状として生理中にイライラしたり、情緒不安定になったりすることもあります。 まず、日常生活でできることとして、リラックスできるように、スケジュールを緩めて休む時間を意識しましょう。ストレスがPMSを悪化させること�

    もっと読む
    2024年 07月05日
    #PMS
  3. 生理前や生理中の食欲の増加、どうすれば?

    生理前や生理中の食欲の増加に悩む女性は多いものです。今回はその原因や対処法について、産婦人科医の柴田綾子先生に伺いました。ホルモンバランスや栄養不足が関与するこの問題に対して、どのような対処法が有効なのでしょうか。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前や生理中の食欲の増加の原因 ーー生理前や生理中の食欲の増加についてお伺いします。まず、原因を教えていただけますか? 生理前の食欲増加が強い場合は、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)の可能性があると思います。その原因としては、生理前に分泌が増える黄体ホルモンであるプロゲステロンの影響が考えられますね。また、月経中の食欲増加も、生理の初めの方やプロゲステロンが多い時期に見られることがあります。 それ以外にも、貧血のような症状が関連している可能性もありますね。出血の量が多いと貧血の症状が出ることがあります。 ーーつまり生理中に食欲が増すのは、ホルモンの変化や貧血による鉄欠乏の影響ということでしょう

    もっと読む
    2024年 06月21日
    #PMS
  4. 生理前・生理中に眠い…眠気の原因と対処法

    生理前や生理中、眠くなって困ることはありませんか?今回は、PMSや月経困難症が眠気の原因となる可能性や、生理前と生理中での眠気の違いについて、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。眠気の対策として、生活面での工夫や漢方薬、低用量ピルの活用のほか、普段の生活の中でできる工夫として、カフェインの摂取や食事についてもアドバイスをいただいています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前・生理中の眠気の原因 ーーまず、生理中や生理前の眠気の原因について伺いたいと思います。どんなことが考えられますか? まずは生理前の眠気ですが、PMS、つまり月経前症候群が関係している可能性があります。これにはいくつかの原因がありますが、生理前にはプロゲステロンという黄体ホルモンが増えることが一つの要因ですね。また、生理中の眠気が強い場合は、月経困難症の可能性も考えられます。月経中の眠気に関しては原因がはっきりしておらず、生理の症状が影響しているのかもしれません。

    もっと読む
    2024年 06月07日
    #PMS
  5. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  6. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

    世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント1:パートナーに率直に切り出す ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

    もっと読む
    2023年 12月22日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP