子どもに「LGBT」をどう伝える?【前編】

最近「LGBT(いわゆる性的マイノリティ)」や「性の多様性」について、ニュースやドラマ等を通して知る機会も増えてきたのではないでしょうか。
子どもが成長していく時には、その子自身の性のあり方はもちろん、他人も尊重することについて、LGBTに関する正しい知識と共に伝えていきたいものですよね。
今回は子どもに「LGBT」について伝える方法について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお聞きしました。後編では、子どもに話し始めるきっかけについて考えます。


遠藤まめた

1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。

多様な性のあり方とは

ーーまず、LGBTについて、子どもにどう説明したらいいでしょうか?

人間の性のあり方は4つの要素の組み合わせによって作られています。

4つの要素の1つ目が「生物学的な性」と言われるもので、これは外性器、内性器、遺伝子などによって決まっているものです。生物学的には大きくオスとメスの2つに分けることができます。

今日メインでお話していくのは、「性自認」と「性的指向」の話です。

「性自認」というのは、「自分がどのような性別に所属しているのか」を表すもので、自分は男性であるとか女性であるとか、あるいは男性にも女性にも所属していない感覚があるとか、さまざまなあり方があります。

もし性自認と違う性別として扱われると、人は居心地が悪くなったり、恥ずかしさを感じたり、戸惑ったりします。

「性的指向」という要素もあって、これは「どのような性別の相手に対して恋愛感情や性的な関心を抱くか」ということです。

そして「性表現」というのもあり、これは「服装とか振る舞い・仕草・性格などが、他の人から見て男っぽいか女っぽいか」ですね。他の人から見てどうかということなので、必ずしも自分で認識しているものと一致しているわけではありません。たとえば「周りは女の子の友達ばかりで、とても女の子っぽいものが好きで、体は男の子」という子がいたとして、周りから見ると非常に女の子っぽいと思われてるけど本人は別にそうとは思ってない、とかそういうことがあります。

大まかにこの4つの要素があって、この組み合わせが人によって全然違うので”性の多様性”と言ったりします。

ーー「生物学的な性」も多様なものなのでしょうか?

典型的には、性染色体がXXであれば女性、XYであれば男性と言われるんですが、性分化疾患などもあるので実際にはもっと多様です。

たとえば月経が来ない女の子がいたとして、調べてみると実は出生時から先天的に子宮がなかったとか、そういうことが分かる場合もあります。「子宮がないから女性じゃない」ということではなくて、生物学的には”子宮がない女性”といった考え方をしますね。

LGBTとは

ーー性自認と性的指向について、具体例を含めて教えてください。

LGBTって、レズビアン(Lesbian)・ゲイ(Gay)・バイセクシュアル(Bisexual)・トランスジェンダー(Transgender)という4つの言葉それぞれの頭文字を並べたものなんです。

最初のレズビアン・ゲイ・バイセクシュアルというのは、性的指向に関する話。「どんな人に対して恋愛感情や性的な関心を抱くか」を表したものです。

レズビアンは女性の同性愛者の方、ゲイは男性の同性愛者の方、バイセクシュアルは男性も女性もあるいは性別を問わず相手を好きになる方です。

最後のトランスジェンダーというのが、性自認と生まれた時の体の性、いわゆる出生時に割りあてられた性別が一致しない人のことです。多くの方は出生時に割りあてられた性別で生きていくわけですが、中には別の性別として生きていきたいと思う方もいらっしゃいます。

なので一口に「LGBT」というけれども、レズビアンの人とトランスジェンダーの人ではどういう経験をしてるのかというのは全然違うし、なかなか一括りではなくて、性的少数者といってもいろんな人がいます。

これまでの社会は異性愛が前提として作られてきたので、たとえば教科書に出てくるのは異性愛の家族が基本で、他の家族が出てくることは非常に少ないと思います。

ただ実際には異性愛だけではなくて、同性に恋愛感情や性的な感情を抱く人たちもいれば、あるいは他者に対して恋愛感情や性的な関心を抱かない方もいるし、相手が男性なのか女性なのかは重要じゃなくて優しくて眼鏡が似合う人が好きだとか、性別以外のことが大切だと思ってる人もいて、非常に多様ですね。トランスジェンダーについても同様で、性別移行を経験する人が実際にいる、生活するということについて、社会の前提としてこれまで組み込まれていなかった、制度の中でも考慮されてこなかった歴史があります。

ーーLGBTの割合というのはどれくらいでしょうか?

いろんな数字があるんですけど、少なく見つもったとしても、同性に恋愛感情や性的な感情を抱く人は、たとえば3、40人の学級に1人ぐらいはいてもおかしくないんじゃないかなという感じですね。

それに対してトランスジェンダーはもうちょっと少なくて、さまざまな調査がありますが、少なくとも1パーセントはいないだろうと言われています。大阪市民のアンケートでは、「あなたは今のご自分の性別を、出生時の性別と同じだと捉えていますか」という質問に対して、出生時の性別と今の性別認識が一致しない回答をした人が0.7%でした。さらに、生活上の性別を変更して暮らしているとか、戸籍の性別を変えたいとかとなると、割合としてはもっと少なくなってきます。

「LGBT」以外の性のあり方

ーー近年、「ノンバイナリー」という言葉が知られてきていますね。これは広い意味ではトランスジェンダーに含まれると思うのですが、そこまで入れて0.7パーセントですか?

そうです。なお大阪市のアンケートでは、トランス男性やトランス女性などバイナリーな性自認をもつトランスの人よりも、ノンバイナリーの人のほうが数が多い結果となっています。

ノンバイナリーの説明もしましょう。

トランスジェンダーと呼ばれる人の中にもいろんな方がいて、自分の性自認として男性あるいは女性の認識をはっきりもっている方もいます。一方ノンバイナリーといって、性自認がそこまではっきりしていなくて、男性でもないが女性として扱われるのもしんどいとか、男女どちらでもないとかどちらでもあるとか、自分の中での認識が移ろう人とか、男性として生きていく方がいいなと思ってる時期と、女性として生きていく方がしっくりくるなという時期を両方経験する人とか、いろんな人がいます。

あと体の違和感の感じ方も個人差がかなりあります。人生の優先順位として「お金をとにかく貯めて一刻でも早く手術をしたい」と考える人もいれば「そこまで切迫していない/ゆっくりそのことは考えよう」と思ってる人もいれば「部分的には体を変えたいと思っているけれどまずは職場とか学校できちんと自分の性自認で扱われることが1番大事」という人もいます。

ーー最近だと、性的指向について「〜セクシュアル」と「〜ロマンティック」に分けて説明されることもありますね。

〜セクシュアル」というのは、誰と性的なことを一緒にしたいのか。「〜ロマンティック」というのは、恋愛感情の指向ですね。

性的な関心の向く相手と恋愛的な関心の向く相手が一致する人もいれば、全然一致しない人もいるので、そこをもう少し細分化するという考え方です。

なので「同性に対して性的な関心がめっちゃあるけど、ロマンティックな関心はない」みたいな人もいれば、逆の人もいたりします。「性的な関心はめっちゃあるけど、恋愛感情ってイメージ分からないんだよね」みたいな人もいたり、逆に「ロマンティックな感情はわかるけど、セックスには関心ありません」みたいな人もいたりします。

最近だと、性的な関心をもたない「Aセクシュアル」だったり、恋愛感情の指向をもたない「Aロマンティック」も認知され始めていますね。


今回の前編では、「LGBT」だけではない多様な性のあり方について、遠藤まめたさんにお伺いしました。

後編では、多様な性のあり方を子どもに話し始めるきっかけや、もし子どもが差別的な発言をしていた時の対応についてお伺いします。

〇ライタープロフィール
きのコ
群馬を中心に多拠点生活をする文筆家・編集者。すべての関係者の合意のもとで複数のパートナーと同時に交際する「ポリアモリー」として、恋愛やセックス、パートナーシップ、コミュニケーション等をテーマに発信している。不妊治療や子宮筋腫による月経困難症をきっかけに、女性の身体との向き合い方に興味をもつようになった。子無しでバツイチ。著書に『わたし、恋人が2人います。〜ポリアモリーという生き方〜』。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. パートナーとのすれ違い、なぜ起こる?どう対策する?

    夫婦のよくある悩みに、「パートナーとのすれ違い」があります。すれ違いはどうして起こるのか、回避するにはどうすればいいのか、こんなすれ違いの場合はどう考えて対応したらいいの?をまとめました。 執筆 柳田正芳 「誰もが自分は自分に生まれてよかったと思える世界」を作るために「どこに行っても性の健康を享受できるように社会環境をアップデートすること」を目指す性の健康イニシアチブの代表。2002年から国内外の性教育、性科学の様々な活動に参加してきたほか、思春期保健や両親学級などの活動も経て現在に至る。プロフィールサイトはこちら 夫婦がすれ違う原因の多くは、お互いに思っていることのすり合わせ不足 私は、「夫婦のコミュニケーション」について考えるワークショップの講師として、もうすぐ子どもが生まれてくるというタイミングに差し掛かった夫婦延べ1,000組以上と会い、話を聴いてきました。 多くの夫婦との出会いを通じて感じていたことがあります。それは、よくある夫婦のすれ違いの原因は、お互いの思っていること・考

    もっと読む
    2023年 01月27日
    #コミュニケーション
  2. もし子どもがLGBTかも?と思った時には?

    6歳の子どもの母です。子どもは体の性別は男性ですが、プリンセスになりたい、髪を伸ばしたいと言っており、もしかして性同一性障害ではと思っています。これから小学校に進学することもあり、子どもや周囲とどのように接するのがいいのでしょうか。(30代女性・6歳の子どもの母) 「自分の子どもが性のあり方に悩んでいるかも……」と思った時、どんな対応ができるのでしょうか?今回は、性別違和を抱えている可能性のあるお子さんをもつお母さんからご相談をいただきました。こういった場合の本人との関わり方、学校との調整の仕方、保護者の相談先などについて、性的マイノリティの子ども・若者の支援をおこなう一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにアドバイスをいただきました。 監修・話題提供 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 親と本人の悩みを受け止める

    もっと読む
    2023年 01月13日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【後編】

    さまざまな性的マイノリティのうち、代表的な「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の4つの頭文字をとった総称「LGBT」。前回は、さまざまな性のあり方やその伝え方について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお伺いしました。そして、子どもがもし「ホモ」「オカマ」などと発言していたら、皆さんだったらどう反応しますか?今回はLGBTについて子どもに話し始めるきっかけや、もし差別的な発言をした場合の対応についてお話しいただきました。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 子どもに話し始めるきっかけ ーーLGBTについて子どもに教える時に、話し始めるきっかけはどうすればいいか、お伺いしたいです。 最近すごくいい絵本がたくさん出ているんです。 たとえば子どもで

    もっと読む
    2022年 12月27日
    #コミュニケーション
  4. 男の子の子育て!ジェンダー平等の意識を育むには?

    世界146ヵ国中116位。日本のジェンダーギャップ(男女格差)は「先進国の中で最低レベル」「アジアの中でも順位が低い」ということが、世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー・ギャップ指数2022」から見て取れます。 「わが子が大きくなる頃には、男女の格差が改善していてほしい」と思う方は少なくないと思います。男女の格差を生み出す(また、許容する)社会環境は、ひとりひとりの心がけ次第でいい方向に変えていけるはずです。男女の格差に敏感で、そういうものにNOと言えるようにわが子を育てるにはどうすればいいのでしょうか?文筆家の清田隆之さんに聞きました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 編集部から「ジェンダー」とは、文化的・社会的な性差を指します。社会の中で取り決められた「男性・女性とはこういうもの」と期待される役割分担意識や差異を言います。例えば、「男性は家庭の外で働いてお金を稼いで家族を養うもの

    もっと読む
    2022年 12月02日
    #コミュニケーション
  5. SNS時代に男性が抱える生きづらさとは?

    これまで、可視化されることや、気に留められることがほとんどなかった「男性の生きづらさ」。SNSでも男女間の不平等や格差の話題において、「女性のほうが不利な立場に置かれているのだから、男性の生きづらさなんてないでしょう」という見方もありますが、男性が自らの生きづらさに向き合うことで、男女の不平等や格差の解決への一歩になるのではないかという考えもあるようです。文筆家の清田隆之さんに伺いました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 昔からあった問題がSNSにより注目されやすくなってきた ――男性が女性に対して差別的なことを言って炎上したり問題になったりすることが少なくないように思うのですが、最近の事例や傾向などはあるでしょうか? 昨

    もっと読む
    2022年 11月28日
    #コミュニケーション
  6. 読むからだケア:大人の女性へのおすすめ書籍

    子育てや仕事で自分のケアが二の次になってしまったり、月経トラブルや更年期など年齢と共に体調の変化を迎える大人の女性は、心身の調子が優れずにモヤモヤすることもあるのではないでしょうか。 今回は、そんな不調に悩む大人の女性が学びたい、読書の秋におすすめの書籍を4冊紹介します。 『医者が教える 女体大全――オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」』宋美玄(ダイヤモンド社) https://www.amazon.co.jp/gp/product/447811093X/ref=ewc_pr_img_2?smid=AN1VRQENFRJN5&psc=1 産婦人科医としてクリニックを開業している宋美玄さんが、働くオトナ女子からよく投げかけられる質問について、医学的に正しい解決策を伝える本です。「生理痛にはあたためるのが一番」「恋愛してないと女性ホルモンが枯渇する」「仕事をしすぎると"オス化"する」… 生理、ホルモン、子宮、妊活など、女性の健康や美容にまつわるメディアの情報には、医学的に正しくないものもあふれています。それを信じて実践し、痛みや不調が治まらないどころか、知らず知らずのうちに病気を悪化させてしまう女性も少なくありません。 女性の身体は、誰のものでもなく、女性自身のもの。すべてにおいて、選択するのは自分、守るのも自分です。何が間違いで何が正しいのか、どうすれば不調や心配事が解決するのか。「女性の身体についていまの医学のわかっているほんとうのこと」だけをベースにした本書を、自分の身体について自分自身で判断するための「自分のカラダの取扱説明書」にしてみてくださいね。 『ふりまわされない!更年期――母と娘のための「女性ホルモン」対策BOOK』永田京子(旬報社)

    もっと読む
    2022年 10月29日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP