子どもに「LGBT」をどう伝える?【後編】

さまざまな性的マイノリティのうち、代表的な「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の4つの頭文字をとった総称「LGBT」。
前回は、さまざまな性のあり方やその伝え方について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお伺いしました。
そして、子どもがもし「ホモ」「オカマ」などと発言していたら、皆さんだったらどう反応しますか?
今回はLGBTについて子どもに話し始めるきっかけや、もし差別的な発言をした場合の対応についてお話しいただきました。


遠藤まめた

1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。

子どもに話し始めるきっかけ

ーーLGBTについて子どもに教える時に、話し始めるきっかけはどうすればいいか、お伺いしたいです。

最近すごくいい絵本がたくさん出ているんです。

たとえば子どもでも読んで分かるものが「いろいろいろんなかぞくのほん」。

これはLGBTのことだけじゃないんですけど、いろんな人種の家族とか、兄弟がたくさんいる家族とか、すごく人数の少ない家族もいるし、どんなペットを飼ってるかも家族によって違うし、パパとママとか、ママとおじいちゃんだったりとか、いろんな家族がいるんですね。誰々ちゃんちは猫を飼ってて、カメレオンを飼ってる家族もいる、みたいな。庭でひたすらプールで遊んでる家もあれば、休みのたびにすごい旅行をしてる家もあったりします。

家族ってその多様性について考える上では子どもにとって身近なものです。そうやって楽しみながら「人は家族によって違う」ということを学べる本なんですが、その中に性の多様性というのも自然に入っています。

あとは「ジュリアンはマーメイド」という、これもすごく美しい本です。

ジュリアンという男の子が人魚に魅せられて「人魚になりたい」という物語なんです。

幼稚園とか保育園で、小さい子は「男はこうだよ」「女はこうだよ」とか「男はこうしなきゃいけない」って学んで帰ってきちゃうじゃないですか。そういう子にとっては「男の子なのに人魚になりたくて、こんなヒラヒラした服着るの?」と思うかもしれない。

けれどもジュリアンの世界では、おばあちゃんがすごくそれを受け止めて、ジュリアンとみんなが一緒に人魚になるんですよね。

すごくいいオーラと言うか、いいメッセージと言うか「こういうのもいいね」って読んでいる子も嬉しくなるような綺麗な絵本です。こういう絵本を使うと、性の多様性について肯定的な感じ方、自分ごととして、自分らしく生きることのよさについて肯定的に受け止めやすいと思いますね。

小学校の低学年にオススメしたいものとしては、小学校の先生が作った絵本の「りつとにじのたね」。

可愛いものが好きなくまの男の子「りつ」の話です。表紙のイラストでも赤いスカートを履いています。

でも周りからは「おかしいよ」と言われていじめられて、泣きながらくまの国を飛び出すんですね。

そしていろんな国を旅していくという話だけど、これも人と違っているということについてすごく考えさせられる、めちゃくちゃいい絵本です。

直接「LGBTとは」と言ってるわけじゃないんですが「ジュリアンはマーメイド」にせよ「りつとにじのたね」にせよ、子どもたちにとって最初はおそらくは違和感から入るんだけれども「でも、そうじゃないのかも」となっていくんです。

ジュリアンの話は直感的に「こういうのいいね」ってなるし、りつの話は、他人と違ってるということが悪いことではなくて、実は違っているからこそ他の子にはできないことができる、ということが最後に分かっていくんじゃないでしょうか。

共通しているのは、LGBTの人がいるとかマイノリティの人がいるというんじゃなくて「自分が好きなことをしたり、人と違っていたりすることは悪いことじゃないんだ」と子どもたちが学べるメッセージがあるということです。性の多様性とかLGBTについて学ぶというより、性の多様性というテーマを使いながら「人と違っていることをどう受け止めて大切にしていくか」を学んでいく、というアプローチを勧めます。

子どもが「ホモ」「オカマ」などの差別的な発言をしたら

ーー子どもが「ホモ」「オカマ」などの差別的な発言をした場合、どう話すのがいいでしょうか?

どこかでたとえば「ホモ」「オカマ」という言葉を覚えてきたりするわけですよね。そういう言葉を使った時に「それどういう意味?」とか、もし馬鹿にしてるニュアンスがあったとしたら「同性を好きになる人、パパとかママの友達にもいるよ」とかね。そういう気になる発言があった時に、一緒に考えられるといいかもしれない。

「バカ」とか「ブス」みたいな感じで、言葉のレパートリーの中に入ってきてしまうんですよ。悪口の1つとして覚えて帰ってきたりする。

その時に「そう言われたらどういう気持ちになると思う?」とか「あなただって『男らしくしなさい』『女らしくしなさい』とか『それは変だよ』と言われたら嫌でしょ?」みたいに、立ち止まって考えてもらうよう促せたらいいですね。

保育園とか幼稚園とか行って帰ってくると「お母さん、ピンクは女の子の色なんだよ」と子どもが言ったりする。その時に「でも男の子だってピンク着るよね」と話してみるとか、日々の会話の中で一緒に考えていけるといいですね。

ーーテレビや雑誌などで見かける差別用語など、外から来てしまった情報にどう対応していくか、難しさがありますね。

しかもたとえば、家でもおじいちゃんがそういう差別用語を使ってしまってたり、家族側も一枚岩とは限らないんですよね。外から差別用語を覚えてきてしまった時にどうするかが、非常に悩ましいと思います。

「”女の子はピンク”とは限らないよ」と言ってても、お店に行ったらピンクの女の子グッズが並んでるじゃないですか。子どもが差別用語を使っている背後には大人がいるし、覚えてくる偏見は社会の反映です。

子どもの年齢にもよるでしょうが、大人も間違えることがある、社会もまだたくさんの決めつけがあって変わろうとしている最中だ、ということを一緒に考えられたらいいですね。


遠藤まめたさんに、子どもに「LGBT」について伝える方法について絵本などを参考に分かりやすく教えていただきました。

子どもたちにLGBTやマイノリティーについて教えると共に「人と違っていることをどう受け止めて大切にしていくか」について、親子で一緒に考えていきたいものですね。

〇ライタープロフィール
きのコ
群馬を中心に多拠点生活をする文筆家・編集者。すべての関係者の合意のもとで複数のパートナーと同時に交際する「ポリアモリー」として、恋愛やセックス、パートナーシップ、コミュニケーション等をテーマに発信している。不妊治療や子宮筋腫による月経困難症をきっかけに、女性の身体との向き合い方に興味をもつようになった。子無しでバツイチ。著書に『わたし、恋人が2人います。〜ポリアモリーという生き方〜』。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. 漢方、食養生の始め方・取り入れ方

    「食事を工夫すると健康にいいって聞いたけど、どんなことに気を付ければいいの?すぐできることは何?」という疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。「食事で体質を改善して健康になる」という考え方に関しては、東洋医学が長い歴史の中で様々な知恵を積み上げてきました。助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタントのやまがたてるえさんに、「漢方」や「食養生」について教えてもらいました。食事で体質改善して健康になるってどういうこと?どんなことに気を付けて何を食べればいいの?そんな疑問がスッキリします。 やまがたてるえ/助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタント 病院勤務後、自身の妊娠出産子育てを経て、地域子育て支援の活動を17年行なっている。たくさんの親子の子育て相談や、女性ためのカウンセリングなども行っています。子育て支援を、家族支援へとシフトチェンジしたくNPO法人子育て学協会のチャイルドファミリーコンサルタントとしても活動中。現在まで6冊の本を出版。近著は【13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと】 HP: https://www.hahanoki.com/ 東洋医学が大事にする食事や漢方薬での体質改善

    もっと読む
    2024年 07月19日
    #PMS
  2. 生理前のイライラ、原因と対処法は?

    生理前になると、イライラや感情の乱れに悩む方も多いと思います。今回は生理前のイライラへのさまざまな対処法や、効果が期待できる薬について、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。イライラが他の疾患のサインかもしれない場合や、婦人科受診の重要性についても触れています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前のイライラの原因と対処法。効果のある薬は? ーー生理前のイライラの原因と対処法について教えていただけますか? 生理前のイライラはPMS(月経前症候群)の症状として多くの女性が経験しています。 その原因の1つとして、生理前に分泌が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響が考えられますね。生理の初めの方もプロゲステロンの分泌が多かったり、月経困難症の症状として生理中にイライラしたり、情緒不安定になったりすることもあります。 まず、日常生活でできることとして、リラックスできるように、スケジュールを緩めて休む時間を意識しましょう。ストレスがPMSを悪化させること�

    もっと読む
    2024年 07月05日
    #PMS
  3. 生理前や生理中の食欲の増加、どうすれば?

    生理前や生理中の食欲の増加に悩む女性は多いものです。今回はその原因や対処法について、産婦人科医の柴田綾子先生に伺いました。ホルモンバランスや栄養不足が関与するこの問題に対して、どのような対処法が有効なのでしょうか。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前や生理中の食欲の増加の原因 ーー生理前や生理中の食欲の増加についてお伺いします。まず、原因を教えていただけますか? 生理前の食欲増加が強い場合は、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)の可能性があると思います。その原因としては、生理前に分泌が増える黄体ホルモンであるプロゲステロンの影響が考えられますね。また、月経中の食欲増加も、生理の初めの方やプロゲステロンが多い時期に見られることがあります。 それ以外にも、貧血のような症状が関連している可能性もありますね。出血の量が多いと貧血の症状が出ることがあります。 ーーつまり生理中に食欲が増すのは、ホルモンの変化や貧血による鉄欠乏の影響ということでしょう

    もっと読む
    2024年 06月21日
    #PMS
  4. 生理前・生理中に眠い…眠気の原因と対処法

    生理前や生理中、眠くなって困ることはありませんか?今回は、PMSや月経困難症が眠気の原因となる可能性や、生理前と生理中での眠気の違いについて、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。眠気の対策として、生活面での工夫や漢方薬、低用量ピルの活用のほか、普段の生活の中でできる工夫として、カフェインの摂取や食事についてもアドバイスをいただいています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前・生理中の眠気の原因 ーーまず、生理中や生理前の眠気の原因について伺いたいと思います。どんなことが考えられますか? まずは生理前の眠気ですが、PMS、つまり月経前症候群が関係している可能性があります。これにはいくつかの原因がありますが、生理前にはプロゲステロンという黄体ホルモンが増えることが一つの要因ですね。また、生理中の眠気が強い場合は、月経困難症の可能性も考えられます。月経中の眠気に関しては原因がはっきりしておらず、生理の症状が影響しているのかもしれません。

    もっと読む
    2024年 06月07日
    #PMS
  5. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  6. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

    世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント1:パートナーに率直に切り出す ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

    もっと読む
    2023年 12月22日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP