2021年 07月26日

運営事務局

朝起きられない…子どもの起立性調節障害とは?【前編】

最近、増えている子どもの「起立性調節障害」。小学生から高校生までの思春期に多い病気らしく、近年増加傾向にあるようです。

実際のところ、増加傾向にあると言いましたが、昔はただただ怠けているだけだと思われていた態度が、実は病気の症状だったのだ、ということなんだろうと思っています。私の娘が、起立性調節障害と診断されるまでの1年間について、親も子どももどうしてできないの…?と悩みつづけた経験をお伝えしたいと思います。

ただダラダラしているだけ?

朝、いつもの時間に起きてくるのですが、ソファーに横になったまま動かない。

「早く支度をしなさい!いつまでダラダラしてるの?!」

毎日、毎朝、叫ぶ。娘は小学4年生。
モタモタしているからといって、手取り足取り着替えさせないといけないような年齢はとっくに過ぎている。

制服は、自分でソファの横まで持ってきている。それでもソファに横たわったまま動く気配がない娘。そうは言っても、刻々と登校時間が近づいてきて、私だけが焦る。ため息と共に、無理やりパジャマを脱がせて、制服を手渡す。
そこまでされるとさすがの娘も、ゆったりとした動作ながら着替えだす。

「もうちょっと早く着替えなさいよ!時間がないよ!」

急かしても動きの遅い娘にイライラが募っていく毎日。イライラが少しずつチリのように積もっていくそんな朝。低学年までは朝に強く、なかなか起きられない私を起こしてくれるくらいだったのに…。いつからこんなに朝に弱くなってしまったんだったかな。

頻発する頭痛で脳外科へ

4年生の夏くらいから、よく「頭が痛い」と言うようになりました。

この年は酷暑といわれるほど気温も高く、汗だくで登下校やスポーツをする中で、軽い熱中症みたいなものなのかな?と思い、塩分補充のタブレットと水分を取らせて、様子をみることが多くありました。学校や習い事の最中に頭が痛くなり気分が悪くなってしまい、早退することも多く、今、思えばこれも起立性調節障害の症状の一つだったのかもしれません。

娘に一度、病院で検査してみないかと何度か提案していたのですが、怖がりな娘のこと。どんな検査?注射?入院する?と未知の恐怖からずっと拒否されていました。

しかし、あまりに頭痛が頻発するので、娘自身も母親である私もだんだんと不安が大きくなり、私からの何度目かの提案で、病院で検査することにようやく首を縦に振ったのです。

実は、娘が幼稚園にも通っていないような幼い頃、遊んでいる時に頭から窓ガラスにぶつかり10針ほど縫ったことがあります。その頃、私は次女を妊娠中だったのもあり、検査室に一緒にはいることができず、大ケガでパニックになって泣いて暴れる2歳児一人でMRIの検査に耐えられないだろうとのお医者さんの判断で、簡単なレントゲンだけの検査で終わっていたのです。

あまりに頻発する頭痛に心配になった私は、幼少期のケガが原因ではないかと近くの脳外科を受診しました。そして、MRI検査をすることになりました。しかし、その検査の結果、特にケガの後遺症がないだけでなく、ケガ以外の頭痛の原因も見当たらないという診断でした。

吐き気からの嘔吐。もしかして、ただ事じゃない?

MRIの検査結果に安堵したものの、結局頭痛の原因は分からず。お医者さんからは、片頭痛だろうとの診断でした。

異常はないが、片頭痛があるようなので鎮痛薬を持たせるための学校にも許可を得て、鎮痛薬を持って通学するなどといった対症療法で様子を見ていました。頭痛が起きると鎮痛薬を飲んだり、休息を取ったりといった対応をしながら、体調がなんとなく不安定なまま、季節はすぎて娘は5年生に進級しました。

5年生に進級してしばらくたったある日、

「最近お腹が痛いけど、トイレにいっても何もないし、吐きそうな感じがする」

というのです。5年生の女子ということで、もしかしたら生理が始まる前兆かもしれないな、と思い、サニタリーショーツの用意をしたりと親としてできる準備を始めました。

しかし、その数日後、

「頭も痛いし、お腹も痛い。なんかふわふわした感じがする……」

といって寝込んだかと思ったら、猛烈な吐き気に襲われたようで、トイレに駆け込みました。気持ち悪いだけなのかな?と思いつつ、トイレに様子を見に行くと、実際に嘔吐しており、とても辛そうな様子でした。

さすがにただ事ではないと思い、病院に行こうかと聞いても「動きたくない。寝ておきたい」と言うので、その日は休息を取らせました。次の日、病院に行き、今までの経緯を伝えました。すると、先生は血圧を測り始めました。受診したのは、夕方だったのですが、

「う~ん。血圧が低いね」血液検査の結果はまだでしたが、

「今までの症状とこの時間でこの血圧の低さから診ると起立性調節障害だろうね」と言われました。

起立性調節障害とは、自律神経の調節がうまくできず、めまいや立ちくらみ、低血圧から来る朝の不調など、様々な症状がでる病気です。

娘の言っていた頭痛や吐き気、ふわふわするといった症状は、すべて起立性調節障害から来たものだったのです。このとき、なんでもありませんよ、と言われるより、病気だと言われたことにより、猛烈にホッとしたことを覚えています。

「あぁ、病気だったんだ。この子は怠けていたわけではないんだ。この子は精一杯頑張っていたんだ。」

そう思ったのです。決して病気を喜んだわけではないのですが、診断がついたことで、これで怒る必要がなくなったんだ、寄り添って大丈夫なんだと安堵したのです。

もし、今、子どもが怠けているように感じ、自分を責めている親御さんがいたなら、医師に相談してみてください。もしかしたら隠れているものがあるかもしれません。

次回は、起立性調節障害と診断されてからの生活などをお伝えできればと思います。
朝起きられない…子どもの起立性調節障害とは?【後編】

ライター:MYRIAD

ハッシュタグ

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. パートナーとのすれ違い、なぜ起こる?どう対策する?

    夫婦のよくある悩みに、「パートナーとのすれ違い」があります。すれ違いはどうして起こるのか、回避するにはどうすればいいのか、こんなすれ違いの場合はどう考えて対応したらいいの?をまとめました。 執筆 柳田正芳 「誰もが自分は自分に生まれてよかったと思える世界」を作るために「どこに行っても性の健康を享受できるように社会環境をアップデートすること」を目指す性の健康イニシアチブの代表。2002年から国内外の性教育、性科学の様々な活動に参加してきたほか、思春期保健や両親学級などの活動も経て現在に至る。プロフィールサイトはこちら 夫婦がすれ違う原因の多くは、お互いに思っていることのすり合わせ不足 私は、「夫婦のコミュニケーション」について考えるワークショップの講師として、もうすぐ子どもが生まれてくるというタイミングに差し掛かった夫婦延べ1,000組以上と会い、話を聴いてきました。 多くの夫婦との出会いを通じて感じていたことがあります。それは、よくある夫婦のすれ違いの原因は、お互いの思っていること・考

    もっと読む
    2023年 01月27日
    #コミュニケーション
  2. もし子どもがLGBTかも?と思った時には?

    6歳の子どもの母です。子どもは体の性別は男性ですが、プリンセスになりたい、髪を伸ばしたいと言っており、もしかして性同一性障害ではと思っています。これから小学校に進学することもあり、子どもや周囲とどのように接するのがいいのでしょうか。(30代女性・6歳の子どもの母) 「自分の子どもが性のあり方に悩んでいるかも……」と思った時、どんな対応ができるのでしょうか?今回は、性別違和を抱えている可能性のあるお子さんをもつお母さんからご相談をいただきました。こういった場合の本人との関わり方、学校との調整の仕方、保護者の相談先などについて、性的マイノリティの子ども・若者の支援をおこなう一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにアドバイスをいただきました。 監修・話題提供 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 親と本人の悩みを受け止める

    もっと読む
    2023年 01月13日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【後編】

    さまざまな性的マイノリティのうち、代表的な「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の4つの頭文字をとった総称「LGBT」。前回は、さまざまな性のあり方やその伝え方について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお伺いしました。そして、子どもがもし「ホモ」「オカマ」などと発言していたら、皆さんだったらどう反応しますか?今回はLGBTについて子どもに話し始めるきっかけや、もし差別的な発言をした場合の対応についてお話しいただきました。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 子どもに話し始めるきっかけ ーーLGBTについて子どもに教える時に、話し始めるきっかけはどうすればいいか、お伺いしたいです。 最近すごくいい絵本がたくさん出ているんです。 たとえば子どもで

    もっと読む
    2022年 12月27日
    #コミュニケーション
  4. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【前編】

    最近「LGBT(いわゆる性的マイノリティ)」や「性の多様性」について、ニュースやドラマ等を通して知る機会も増えてきたのではないでしょうか。子どもが成長していく時には、その子自身の性のあり方はもちろん、他人も尊重することについて、LGBTに関する正しい知識と共に伝えていきたいものですよね。今回は子どもに「LGBT」について伝える方法について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお聞きしました。後編では、子どもに話し始めるきっかけについて考えます。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 多様な性のあり方とは ーーまず、LGBTについて、子どもにどう説明したらいいでしょうか? 人間の性のあり方は4つの要素の組み合わせによって作られています。

    もっと読む
    2022年 12月09日
    #コミュニケーション
  5. 男の子の子育て!ジェンダー平等の意識を育むには?

    世界146ヵ国中116位。日本のジェンダーギャップ(男女格差)は「先進国の中で最低レベル」「アジアの中でも順位が低い」ということが、世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー・ギャップ指数2022」から見て取れます。 「わが子が大きくなる頃には、男女の格差が改善していてほしい」と思う方は少なくないと思います。男女の格差を生み出す(また、許容する)社会環境は、ひとりひとりの心がけ次第でいい方向に変えていけるはずです。男女の格差に敏感で、そういうものにNOと言えるようにわが子を育てるにはどうすればいいのでしょうか?文筆家の清田隆之さんに聞きました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 編集部から「ジェンダー」とは、文化的・社会的な性差を指します。社会の中で取り決められた「男性・女性とはこういうもの」と期待される役割分担意識や差異を言います。例えば、「男性は家庭の外で働いてお金を稼いで家族を養うもの

    もっと読む
    2022年 12月02日
    #コミュニケーション
  6. SNS時代に男性が抱える生きづらさとは?

    これまで、可視化されることや、気に留められることがほとんどなかった「男性の生きづらさ」。SNSでも男女間の不平等や格差の話題において、「女性のほうが不利な立場に置かれているのだから、男性の生きづらさなんてないでしょう」という見方もありますが、男性が自らの生きづらさに向き合うことで、男女の不平等や格差の解決への一歩になるのではないかという考えもあるようです。文筆家の清田隆之さんに伺いました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 昔からあった問題がSNSにより注目されやすくなってきた ――男性が女性に対して差別的なことを言って炎上したり問題になったりすることが少なくないように思うのですが、最近の事例や傾向などはあるでしょうか? 昨

    もっと読む
    2022年 11月28日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP