ビックイベント時の夫婦喧嘩、どう対応する?

「せっかく幸せな結婚式のはずなのに、いざ準備が始まると喧嘩ばっかり…」

「マイホームを買いたいんだけど、毎度毎度意見が食い違って喧嘩になる…」

結婚式やマイホームの購入は、夫婦にとってあこがれのイベントですよね。しかし、一生に一度、かつ大金がかかるせいか、このようなビッグイベントの時に相手の本性や本音が見えて、喧嘩になるケースが多いのではないでしょうか。かく言う私も、結婚式準備とマイホーム検討のタイミングでは妻と大喧嘩を繰り返していました。

本記事では、数々の夫婦喧嘩を乗り越えた私が、人生のビッグイベント時に喧嘩をしてしまった原因と対策をお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

人生のビッグイベントには喧嘩がつきもの⁉

身も蓋もないタイトルですが、人生のビッグイベントでは喧嘩が発生することが多いです。なぜ、幸せなイベントにも関わらず喧嘩が発生してしまうのでしょうか。

経験したことのないような大金がかかるというプレッシャー

まずは、経験したことのないような大金を使わなければならないことによるプレッシャーです。例えば結婚式では、300万円以上のお金がかかるのが一般的です。潤沢な貯金があり、一度に払えれば良いですが、数百万円をポンと払える若い夫婦は珍しいのではないでしょうか。両親にお金を工面してもらう人も少なくありません。このような大金がかかるゆえに、「絶対に失敗したくない」という心理が働き、感情的になったり、ピリピリしたりする夫婦が多いようです。

「一生に一度か二度」というプレッシャー

次に、「一生に一度か二度」というプレッシャーです。結婚式は一般的には一生に一度、マイホーム購入も一般的には一生に3回以上ある人は珍しいでしょう。このような「人生におけるレアなイベント」というプレッシャーから、「失敗したら取り返しのつかないことになる」という心理が働きます。その結果、お互い譲れない部分を持ち、喧嘩になります。

私たち夫婦のケース~結婚式~

それでは、私たち夫婦のケースを説明します。まずは結婚式についてです。

概要

私たち夫婦は、お互い31歳で結婚しました。私は貯金が本当に文字通り「0」でしたが、妻はきらびやかな結婚式に憧れを抱いておりました。

喧嘩の原因① 結婚式費用の捻出方法

まず喧嘩になったのは、結婚式費用の捻出方法です。私はできるだけ自分の親に頼りたくなかったので、分割払いを考えておりました。しかし妻はこれを許さず、妻の両親に全額費用を出してもらうよう依頼しておりました。

妻の両親が費用を出すとなると、私の両親が費用を出さないのは体裁が悪いです。このため、私も両親に頭を下げざるを得ない状況になりました。私は両親にお金を出してもらってまで結婚式はやりたくありませんでしたが、妻の気持ちを考えると苦渋の決断をせざるを得ませんでした。

喧嘩の原因② 準備

次に喧嘩をしたのは、結婚式の準備です。私たちは費用節約のために動画作成や招待状作成などを自前でやることにしました。しかし、私と妻の面倒臭がりな性格が災いし、なかなか準備に着手しませんでした。どのくらいサボっていたかというと、披露宴前夜に慌てて手土産やメッセージカードの準備をしていたせいで、3時間しか眠れなかったほどです。

この準備期間に、醜い責任のなすり付け合いをした結果、大喧嘩になりました。振り返ってみると私も愚かだったと思うのですが、とにかく結婚式準備が元凶となった喧嘩は10回をゆうに超えています。

喧嘩を避けるためには?

それでは、私たち夫婦から喧嘩を避けるためのアドバイスをお伝えします。

結婚式費用については入念に話し合いをすることが重要です。

私のように両親に頭を下げたくないタイプもいますが、多くの親は子供の結婚式にはお金を出してあげたいと思っているそうです。しかし、私たちのようにお金の捻出方法をしっかり話し合わないと、片方が嫌な思いをすることになります。このため、結婚式費用の総額だけでなく、費用の「出どころ」についてもしっかり事前に話し合いましょう。

準備については、分担と期限を決めておきましょう。私たちはどちらが何をやるという分担を決めなかったせいで、お互いが「相手がやってくれるもの」と思い込んでいました。

私たち夫婦のケース~新居購入~

次に、新居購入についてです。

概要

私たち夫婦は、結婚5年目で新居を購入しました。貯金額もある程度増え、子供もでき、「家賃を払い続けるのがもったいない」という考えを双方持っていたためです。しかし、新居を決める際にも何度も喧嘩になりました。

喧嘩の原因 新居に求める最優先事項

今回の喧嘩の原因は、新居に求める最優先事項が異なっていたことです。

都心に勤務している私は、できるだけ通勤に便利な都心付近のマンションを希望していました。塾や習い事などの施設も充実しており、子供の教育には最適な場所だとも考えていました。

しかし専業主婦の妻は、子供を大きな公園で遊ばせたいと考えており、郊外の一戸建てを希望しました。妻は教育熱心なタイプではなく、とにかくたくさん遊ばせたいという考えを持っていました。

私は通勤に時間がかかるのが非常に大きなストレスになるため、都心付近のマンションを希望し続けました。一方、妻は環境だけを考えており、私の通勤についてはあまり関心がない様子でした。

双方主張を譲らず、幾度も大喧嘩になりました。

喧嘩を避けるためには?

それでは、私たち夫婦から喧嘩を割けるためのアドバイスをお伝えします。

本件については、どちらかが折れるしかありません。私たちは最終的に、両者の折衷案ということで、都心から40分くらいの、大きな公園がある駅にマンションを購入しました。私も妻も暮らしには満足しています。しかし、私はもう少し都心に近い方が嬉しいですし、妻は妻でもう少し静かで人がいない方が良かったと思っているようです。

しかし、一番重要な軸は「子供」であるべきだと思っています。子供のためならばある程度の不便も我慢します。お互い妥協し、教育施設も充実していて、遊ぶ場所もたくさんある住居を選びました。

このように、「子供にとって最高と考えられる環境を提供できるのはどこか」という軸で考え、多少は妥協をすることをお勧めします。

まとめ

人生のビッグイベント時に起きてしまう夫婦喧嘩についてお伝えしました。幸せなイベントはできるだけ幸せなまま終わらせたいですよね。ぜひ私たちの例を参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. パートナーとのすれ違い、なぜ起こる?どう対策する?

    夫婦のよくある悩みに、「パートナーとのすれ違い」があります。すれ違いはどうして起こるのか、回避するにはどうすればいいのか、こんなすれ違いの場合はどう考えて対応したらいいの?をまとめました。 執筆 柳田正芳 「誰もが自分は自分に生まれてよかったと思える世界」を作るために「どこに行っても性の健康を享受できるように社会環境をアップデートすること」を目指す性の健康イニシアチブの代表。2002年から国内外の性教育、性科学の様々な活動に参加してきたほか、思春期保健や両親学級などの活動も経て現在に至る。プロフィールサイトはこちら 夫婦がすれ違う原因の多くは、お互いに思っていることのすり合わせ不足 私は、「夫婦のコミュニケーション」について考えるワークショップの講師として、もうすぐ子どもが生まれてくるというタイミングに差し掛かった夫婦延べ1,000組以上と会い、話を聴いてきました。 多くの夫婦との出会いを通じて感じていたことがあります。それは、よくある夫婦のすれ違いの原因は、お互いの思っていること・考

    もっと読む
    2023年 01月27日
    #コミュニケーション
  2. もし子どもがLGBTかも?と思った時には?

    6歳の子どもの母です。子どもは体の性別は男性ですが、プリンセスになりたい、髪を伸ばしたいと言っており、もしかして性同一性障害ではと思っています。これから小学校に進学することもあり、子どもや周囲とどのように接するのがいいのでしょうか。(30代女性・6歳の子どもの母) 「自分の子どもが性のあり方に悩んでいるかも……」と思った時、どんな対応ができるのでしょうか?今回は、性別違和を抱えている可能性のあるお子さんをもつお母さんからご相談をいただきました。こういった場合の本人との関わり方、学校との調整の仕方、保護者の相談先などについて、性的マイノリティの子ども・若者の支援をおこなう一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにアドバイスをいただきました。 監修・話題提供 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 親と本人の悩みを受け止める

    もっと読む
    2023年 01月13日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【後編】

    さまざまな性的マイノリティのうち、代表的な「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の4つの頭文字をとった総称「LGBT」。前回は、さまざまな性のあり方やその伝え方について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお伺いしました。そして、子どもがもし「ホモ」「オカマ」などと発言していたら、皆さんだったらどう反応しますか?今回はLGBTについて子どもに話し始めるきっかけや、もし差別的な発言をした場合の対応についてお話しいただきました。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 子どもに話し始めるきっかけ ーーLGBTについて子どもに教える時に、話し始めるきっかけはどうすればいいか、お伺いしたいです。 最近すごくいい絵本がたくさん出ているんです。 たとえば子どもで

    もっと読む
    2022年 12月27日
    #コミュニケーション
  4. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【前編】

    最近「LGBT(いわゆる性的マイノリティ)」や「性の多様性」について、ニュースやドラマ等を通して知る機会も増えてきたのではないでしょうか。子どもが成長していく時には、その子自身の性のあり方はもちろん、他人も尊重することについて、LGBTに関する正しい知識と共に伝えていきたいものですよね。今回は子どもに「LGBT」について伝える方法について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお聞きしました。後編では、子どもに話し始めるきっかけについて考えます。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 多様な性のあり方とは ーーまず、LGBTについて、子どもにどう説明したらいいでしょうか? 人間の性のあり方は4つの要素の組み合わせによって作られています。

    もっと読む
    2022年 12月09日
    #コミュニケーション
  5. 男の子の子育て!ジェンダー平等の意識を育むには?

    世界146ヵ国中116位。日本のジェンダーギャップ(男女格差)は「先進国の中で最低レベル」「アジアの中でも順位が低い」ということが、世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー・ギャップ指数2022」から見て取れます。 「わが子が大きくなる頃には、男女の格差が改善していてほしい」と思う方は少なくないと思います。男女の格差を生み出す(また、許容する)社会環境は、ひとりひとりの心がけ次第でいい方向に変えていけるはずです。男女の格差に敏感で、そういうものにNOと言えるようにわが子を育てるにはどうすればいいのでしょうか?文筆家の清田隆之さんに聞きました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 編集部から「ジェンダー」とは、文化的・社会的な性差を指します。社会の中で取り決められた「男性・女性とはこういうもの」と期待される役割分担意識や差異を言います。例えば、「男性は家庭の外で働いてお金を稼いで家族を養うもの

    もっと読む
    2022年 12月02日
    #コミュニケーション
  6. SNS時代に男性が抱える生きづらさとは?

    これまで、可視化されることや、気に留められることがほとんどなかった「男性の生きづらさ」。SNSでも男女間の不平等や格差の話題において、「女性のほうが不利な立場に置かれているのだから、男性の生きづらさなんてないでしょう」という見方もありますが、男性が自らの生きづらさに向き合うことで、男女の不平等や格差の解決への一歩になるのではないかという考えもあるようです。文筆家の清田隆之さんに伺いました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 昔からあった問題がSNSにより注目されやすくなってきた ――男性が女性に対して差別的なことを言って炎上したり問題になったりすることが少なくないように思うのですが、最近の事例や傾向などはあるでしょうか? 昨

    もっと読む
    2022年 11月28日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP