思春期からの性教育、どう始める?きっかけ作りのコツ

性教育をしなければと思いつつ、気が付けば息子は中学生。会話をしようと思ってもなかなか切り出せず、子どもからも性の話題をしてくることがないのですが、どうすれば自然に話せるようになるでしょうか?(40代女性・中1の子どもの母)

やまがたてるえ/助産師・チャイルドファミリーコンサルタント
病院勤務後、自身の妊娠出産子育てを経て、地域子育て支援の活動を15年行なっています。たくさんの親子の子育て相談や、女性ためのカウンセリングなども行っています。子育て支援を、家族支援へとシフトチェンジしたくNPO法人子育て学協会のチャイルドファミリーコンサルタントとしても活動中。現在まで6冊の本を出版。近著は【13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと】
HP:https://www.hahanoki.com/

子どもが何歳になっても遅いということはない

「子どもが何歳になったから○○しなくちゃ」という類のお悩みを抱える方は多いです。大概は外から何か言われたことで悩んでいます。そして「もっと早くに手を打っておけば。遅かったかなぁ」と考えてしまったりするのですが、性教育について「遅いことはひとつもない!」と私は伝えたいです。「今始めれば、一番早い」のです。

共通の話題を話せるようになった先に性の話がある

性に関する事柄はひとりひとりの考えや価値観が反映されるので、話すことは難しいと感じる人もいます。特に、お母さん自身が性に対してネガティブな印象を持っていたり、ネガティブな経験があったりすると、話したくない気持ちが湧くのも自然なことです。

そういった場合は、無理して会話をしようとするのではなく、性について書いてある本を勧める、ニュースを話題にして「こういうことがあったけど、どう思う?」と対話を始めてみる、といったやり方もあります。

思春期は親との距離を取りたがる時期でもあるので、こちらが話題を投げかけても思うような返事が返ってこず、対話が成立しないこともあるかもしれません。そういうことがあっても慌てないでください。こちらが対話の窓をいつも開けていれば、気まぐれに返事が返ってくることもあるでしょう。そんな時に子どもがどんな答えを返してきても、まずは「考えを聞かせてくれてありがとう」と否定せず受け止め、それから「私はこう思うんだけど、どう思う?」と投げ返してみてください。

共通の話題に対して子どもの考えを聴き、自分の考えも伝えて対話する、というのがポイントです。また、共通の話題はニュースだけでなく、教科書を見せてもらって書いてあることを話題にしたり、部活動の話や、子どもの好きなYouTubeやゲームの話でもいいと思います。

よく「子どもがYouTubeばっかり観てます!ゲームばっかりやってます!」と嘆いている親御さんがいますが、「どんなYouTube、どんなゲームか知ってますか?」と聞くと、知らない人が大半です。どういうものに触れてどう感じているのかも分かっていないのに否定されたら、子どもだって話をしたくはありませんよね。まずは子どもが大事にしているものを親も大事にしてみるところから始めるといいのではないでしょうか。

いきなり性の話をしようとしてもハードルが高いですが、日常の話を成立させることを考えて、それが成立したら徐々に性の話もしていけばいいと思います。日常の話ができるようになればその先に性の話はあります。

子どもの話を聴くために親自身の準備も大事

今回のご相談のように、子どもに関する相談事や悩み事があると、とにかく子どもに目線がいきがちですが、親が子どもの話をきちんと聴ける状態でいる、という親の準備も大事です。

そのためには、話を聴くための場面や環境の設定に気を配るといいと思います。親自身に心配事のないタイミングや、次の予定が無くゆっくりと話を聴けるタイミング、ご飯を食べてお腹がいっぱいになって機嫌のいい夕ご飯後など、子どもに眼差しを向けられる準備を親がしておく必要があります。

また、横並びになって話すというのも効果的です。たとえば塾の送り迎えの車の中で話す、洗い物をやりながら話すなど、向かい合うのではなく顔を直視しなくても済む横並びの立ち位置は、性の話のようなテーマを扱うことに向いています。

性についてポジティブな価値観を持つ人が伝えることが大切

「こんなことを伝えたらどう思われるだろう」「性の話なんてしたら怒られるんじゃないか」と心配してしまう子どももいます。コツコツと話を聴く姿勢を見せて「うちの親にはこういう話をしても大丈夫なんだ」ということが分かってもらえたらいいと思います。

性のことに関して、悪いこと、卑猥なこと、価値のないものといった、ネガティブなバイアスが無いというスタンスを見せられるかどうかが大切です。「自分は女性だから、息子の性教育はお父さんから話してもらったほうがいいのではないか」というお母さんもいますが、私はそういうふうには思っていません。性別よりも、「ネガティブに話をする人には性の話をしないでほしい」と思っています。お父さんがネガティブなことしか言わないのならば、それは適切ではありません。ポジティブなことを言えるのであれば、親の性別がどうであるかは関係ありません。親が曇った眼鏡でネガティブに捉えて話してしまうと子どもは分かるのです。

親がトライアンドエラーを繰り返すこと自体が子どもの学びになる

子どもと性の話ができる関係性を築くことは、人間同士の信頼関係を築くことです。そのためにはトライアンドエラーしかありません。対人関係は経験です。うまくいくことといかないことがあります。うまくいかないことがあっても「失敗しちゃった。次なんとかしよう」という前向きな親子関係でいられるといいでしょう。

最近、good enough mother(ほどよい母親)という言葉がよく言われています。不十分であることを認めて、困ったことがあれば専門家に頼る。専門家のサイトやYouTubeを子どもに見せて、その先は子どもを信頼して子どもに任せる。そういう姿勢でもいいと思います。全てを大人が学んで、その通り何事もなく子どもが生きていくことが子どもの幸せかはわからないものです。そんな私自身も失敗ばかり(笑)。けれど、失敗してもやり直せばいい、誰かを嫌な気持ちにさせたら謝る。そういう姿勢を親が見せること自体も子どもたちにとって学びとなると思います。


今回は、子どもと自然に性の話ができるようになるにはどうすればいい?というご相談でした。性の話は日常の会話の先にあり、親自身の準備が大事。親がトライアンドエラーを繰り返す姿を見せることも子どもの学びになるなど、力強く、悩みの袋小路から解放してもらえるようなエールをいただきました。

取材・執筆
柳田正芳 from 性の健康イニシアチブ/6483works
日本で日本語で「性科学」「性の健康」の普及を目指す性の健康イニシアチブの立上げ人/代表。また、編集/校正業、執筆業、Webメディアディレクション業などを業とするライティングオフィス・6483worksの代表。
HP:https://masayoshiyanagida.tokyo/profile

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. パートナーとのすれ違い、なぜ起こる?どう対策する?

    夫婦のよくある悩みに、「パートナーとのすれ違い」があります。すれ違いはどうして起こるのか、回避するにはどうすればいいのか、こんなすれ違いの場合はどう考えて対応したらいいの?をまとめました。 執筆 柳田正芳 「誰もが自分は自分に生まれてよかったと思える世界」を作るために「どこに行っても性の健康を享受できるように社会環境をアップデートすること」を目指す性の健康イニシアチブの代表。2002年から国内外の性教育、性科学の様々な活動に参加してきたほか、思春期保健や両親学級などの活動も経て現在に至る。プロフィールサイトはこちら 夫婦がすれ違う原因の多くは、お互いに思っていることのすり合わせ不足 私は、「夫婦のコミュニケーション」について考えるワークショップの講師として、もうすぐ子どもが生まれてくるというタイミングに差し掛かった夫婦延べ1,000組以上と会い、話を聴いてきました。 多くの夫婦との出会いを通じて感じていたことがあります。それは、よくある夫婦のすれ違いの原因は、お互いの思っていること・考

    もっと読む
    2023年 01月27日
    #コミュニケーション
  2. もし子どもがLGBTかも?と思った時には?

    6歳の子どもの母です。子どもは体の性別は男性ですが、プリンセスになりたい、髪を伸ばしたいと言っており、もしかして性同一性障害ではと思っています。これから小学校に進学することもあり、子どもや周囲とどのように接するのがいいのでしょうか。(30代女性・6歳の子どもの母) 「自分の子どもが性のあり方に悩んでいるかも……」と思った時、どんな対応ができるのでしょうか?今回は、性別違和を抱えている可能性のあるお子さんをもつお母さんからご相談をいただきました。こういった場合の本人との関わり方、学校との調整の仕方、保護者の相談先などについて、性的マイノリティの子ども・若者の支援をおこなう一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにアドバイスをいただきました。 監修・話題提供 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 親と本人の悩みを受け止める

    もっと読む
    2023年 01月13日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【後編】

    さまざまな性的マイノリティのうち、代表的な「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の4つの頭文字をとった総称「LGBT」。前回は、さまざまな性のあり方やその伝え方について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお伺いしました。そして、子どもがもし「ホモ」「オカマ」などと発言していたら、皆さんだったらどう反応しますか?今回はLGBTについて子どもに話し始めるきっかけや、もし差別的な発言をした場合の対応についてお話しいただきました。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 子どもに話し始めるきっかけ ーーLGBTについて子どもに教える時に、話し始めるきっかけはどうすればいいか、お伺いしたいです。 最近すごくいい絵本がたくさん出ているんです。 たとえば子どもで

    もっと読む
    2022年 12月27日
    #コミュニケーション
  4. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【前編】

    最近「LGBT(いわゆる性的マイノリティ)」や「性の多様性」について、ニュースやドラマ等を通して知る機会も増えてきたのではないでしょうか。子どもが成長していく時には、その子自身の性のあり方はもちろん、他人も尊重することについて、LGBTに関する正しい知識と共に伝えていきたいものですよね。今回は子どもに「LGBT」について伝える方法について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお聞きしました。後編では、子どもに話し始めるきっかけについて考えます。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 多様な性のあり方とは ーーまず、LGBTについて、子どもにどう説明したらいいでしょうか? 人間の性のあり方は4つの要素の組み合わせによって作られています。

    もっと読む
    2022年 12月09日
    #コミュニケーション
  5. 男の子の子育て!ジェンダー平等の意識を育むには?

    世界146ヵ国中116位。日本のジェンダーギャップ(男女格差)は「先進国の中で最低レベル」「アジアの中でも順位が低い」ということが、世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー・ギャップ指数2022」から見て取れます。 「わが子が大きくなる頃には、男女の格差が改善していてほしい」と思う方は少なくないと思います。男女の格差を生み出す(また、許容する)社会環境は、ひとりひとりの心がけ次第でいい方向に変えていけるはずです。男女の格差に敏感で、そういうものにNOと言えるようにわが子を育てるにはどうすればいいのでしょうか?文筆家の清田隆之さんに聞きました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 編集部から「ジェンダー」とは、文化的・社会的な性差を指します。社会の中で取り決められた「男性・女性とはこういうもの」と期待される役割分担意識や差異を言います。例えば、「男性は家庭の外で働いてお金を稼いで家族を養うもの

    もっと読む
    2022年 12月02日
    #コミュニケーション
  6. SNS時代に男性が抱える生きづらさとは?

    これまで、可視化されることや、気に留められることがほとんどなかった「男性の生きづらさ」。SNSでも男女間の不平等や格差の話題において、「女性のほうが不利な立場に置かれているのだから、男性の生きづらさなんてないでしょう」という見方もありますが、男性が自らの生きづらさに向き合うことで、男女の不平等や格差の解決への一歩になるのではないかという考えもあるようです。文筆家の清田隆之さんに伺いました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 昔からあった問題がSNSにより注目されやすくなってきた ――男性が女性に対して差別的なことを言って炎上したり問題になったりすることが少なくないように思うのですが、最近の事例や傾向などはあるでしょうか? 昨

    もっと読む
    2022年 11月28日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP