運営事務局

自分を労わるセルフケアのアイディア10選

新型コロナウイルスのパンデミックで慢性的にストレスを感じ続けている私達にとっては、セルフケアが非常に重要です。あなた自身のためにしっかりと時間をとってセルフケアをすることで、健康につながるだけではなく、あなたの生活の質が向上します。

セルフケアにはさまざまな方法があります。健康的な食事や掃除などの基本的なものから、入浴や瞑想、あなたの好きなアクティビティに打ち込むことまで、その範囲は幅広いものです。

この記事では何から始めればいいのか分からないという人のために、セルフケアの簡単な方法をまとめました。

今日からできる、自分を労わるセルフケアのアイディア


以下では、ストレスを感じた時にすぐ実践できるセルフケアの10の方法をご紹介します。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

深呼吸をする

深呼吸のしかたを覚えることは非常に重要です。「7秒間かけて息を吸い、5秒間息を止め、7秒間かけて息を吐き、5秒間息を止める」を繰り返してみましょう。それができるようになったら、少しずつ秒数を延長していくことをオススメします。

スマートフォンの電源を切る

スマートフォンを部屋の隅に置いたままにすることもあると思いますが、ひっきりなしに表示される通知から脳を休ませるために、積極的にスマートフォンの電源を切ったことはありますか?

落ち着いた空間にスマートフォンを持ち込まないようにするか、通知が出ないモードに切り替えてください。スマートフォンに煩わされることなく、今やっていることに集中しましょう。

水を飲む

成人の体の約60~65パーセントが水分で構成されています。この水の働きで、栄養が体に行きわたり、体温の調節などの生きていくための機能が保たれています。水を飲むポイントとしては、一気にたくさん飲むのではなく、1回コップ1杯程度の量の水を1日に6~8回、こまめに飲むこと。1日の必要量として約1.5~2リットルと言われています。

栄養のある食事をとる

セルフケアには栄養を摂ることも含まれています。身体に栄養を与え、心も喜ぶおいしい食事を摂るのは、優れたセルフケアです。もっと食事を楽しくするために、さまざまな色の食べ物を試してみるのも一つ。週に1回、新しい食べ物や料理に挑戦してみてもいいかもしれません。

食事の時には、できるだけ身体の感覚を多く使うようにしてください。食材が食事に変わる過程で、食材がどのように見えるかを確かめましょう。食べ物がどのような食感かということや、料理においてさまざまな形をとっていることに注目してみてください。

瞑想する

瞑想は、精神的な明晰さを獲得するのに素晴らしい効果をもたらします。

これまでに瞑想をやったことがない場合は眠くなる可能性があるため、タイマーを2分に設定し、快適な姿勢で座って目を閉じ、深呼吸をするのがいいでしょう。いろいろな雑念が浮かんでくると思いますが、大丈夫です。誰も完全に雑念をなくせるわけではありません。2分が経過したら、今どのように感じているかを味わってみてください。瞑想用のマインドフルネスアプリは、これから瞑想を始めるという場合に適しています。

沈黙の中で座って、じっくりと時間をかけてその静けさを味わってください。家族が目を覚ます前に、朝ただ黙って瞑想するだけの時間をとることは、セルフケアとして優れた方法です。自分自身の気持ちに対する意識が高まることで、感覚が研ぎ澄まされ、より良い決定を下すことができます。

身体を動かす

運動することは重要です。自宅でできるYouTubeのワークアウトやエクササイズは数え切れないほどあって、好みのものを選び楽しむことができます。たった10分間の運動でも気分が変わることに役立つでしょう。

ダンスするのもいいでしょう。気分が良くなるお気に入りの曲を流して、リビングで踊ってみることをオススメします。

まずは立ち上がって動きましょう。ウォーキング、ダンス、ヨガ、ジャンプなど、好きなように動いてみて、あなたの体を流れるエネルギーを感じてください。きっと生きていることを実感できるでしょう。

マッサージを受ける

仕事で忙しい1日を過ごした後、ストレスを解消してリラックスするのに非常に効果的な方法です。自分でほぐすのもいいですし、パートナーにしてもらったり、お気に入りの整体やマッサージ店を見つけたりするのもいいでしょう。

お風呂に浸かる

朝はお風呂と合わせて冷たいシャワーを浴びると、温冷浴の効果でストレスが解消され、スッキリして気分を高めることができます。1日を始めるための素晴らしい方法の1つです。

そして1日の終わりには温かいお風呂にゆっくり浸かり、お気に入りの入浴剤やバスオイルを使ったり、アロマキャンドルを灯したりすると心からリラックスできるでしょう。

睡眠を改善する

睡眠は本当に重要で不可欠なセルフケアです。深い眠りは、セルフケアとして最も価値のあることの1つです。費用はかからず、大きな効果をもたらします。

浅くて途切れ途切れの睡眠ではなく、静かで暗い場所でゆっくりと眠ることを心がけてください。

自然の中で過ごす

公園や森の中を散歩すれば、新鮮な空気と日光があなたに活力をもたらすでしょう。自然はあなたの心を落ち着かせてくれます。自然に浸って新鮮な空気を楽しむことは、素晴らしいセルフケアの方法です。

何ヶ月も棚に置いていた本の1つを読んだり、ヘッドフォンで音楽やオーディオブックを聞いたりしながら、自然を眺めてみてください。あるいは、ピクニックに友達と行くのもいいでしょう。

おわりに

あなたの日常生活に取り入れられそうなセルフケア方法はありましたか?
どのセルフケアが効果的かは人それぞれです。ある人が心から元気になれるような方法であっても、別の人は退屈だと感じるかもしれません。
重要なのは、あなたの心に栄養を与えることです。自分がゆったりと落ち着いて幸せを感じられることに取り組んでみてくださいね。


ライタープロフィール
きのコ
群馬を中心に多拠点生活をする文筆家・編集者。すべての関係者の合意のもとで複数のパートナーと同時に交際する「ポリアモリー」として、恋愛やセックス、パートナーシップ、コミュニケーション等をテーマに発信している。不妊治療や子宮筋腫による月経困難症をきっかけに、生理との向き合い方に興味をもつようになった。子無しでバツイチ。著書に『わたし、恋人が2人います。〜ポリアモリーという生き方〜』。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. 読むからだケア:大人の女性へのおすすめ書籍

    子育てや仕事で自分のケアが二の次になってしまったり、月経トラブルや更年期など年齢と共に体調の変化を迎える大人の女性は、心身の調子が優れずにモヤモヤすることもあるのではないでしょうか。 今回は、そんな不調に悩む大人の女性が学びたい、読書の秋におすすめの書籍を4冊紹介します。 『医者が教える 女体大全――オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」』宋美玄(ダイヤモンド社) https://www.amazon.co.jp/gp/product/447811093X/ref=ewc_pr_img_2?smid=AN1VRQENFRJN5&psc=1 産婦人科医としてクリニックを開業している宋美玄さんが、働くオトナ女子からよく投げかけられる質問について、医学的に正しい解決策を伝える本です。「生理痛にはあたためるのが一番」「恋愛してないと女性ホルモンが枯渇する」「仕事をしすぎると"オス化"する」… 生理、ホルモン、子宮、妊活など、女性の健康や美容にまつわるメディアの情報には、医学的に正しくないものもあふれています。それを信じて実践し、痛みや不調が治まらないどころか、知らず知らずのうちに病気を悪化させてしまう女性も少なくありません。 女性の身体は、誰のものでもなく、女性自身のもの。すべてにおいて、選択するのは自分、守るのも自分です。何が間違いで何が正しいのか、どうすれば不調や心配事が解決するのか。「女性の身体についていまの医学のわかっているほんとうのこと」だけをベースにした本書を、自分の身体について自分自身で判断するための「自分のカラダの取扱説明書」にしてみてくださいね。 『ふりまわされない!更年期――母と娘のための「女性ホルモン」対策BOOK』永田京子(旬報社)

    もっと読む
    2022年 10月29日
    #コミュニケーション
  2. 気になるお悩みに!おすすめアロマ活用法

    「アロマテラピー」を知っていますか? アロマテラピーとは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。 今回はさまざまな心や身体の状態によるお悩み別(寝つき・集中力・肩こり・むくみ・冷えなど)に、セルフケアに役立つおすすめのアロマテラピーの方法をご紹介します。 1. 寝つきをよくしたい時の精油と活用法 ●精油・ラベンダー・オレンジ・スイート・スイート・マージョラム ●活用法・芳香浴 芳香浴法とは、精油を拡散して香りを楽しむことで、心と身体のバランスを整える方法です。 ティッシュペーパーやハンカチに1〜2滴垂らしてデスクや枕元に置いたり、アロマポットやアロマディフューザーなどの専用器具を用いるやり方があります。 ラベンダーやベルガモットは性別にかかわらず人気の香りです。 オレンジ・スイートは神経の緊張を緩めてリラックスさせ、ストレスによるイライラの解消や質の高い睡眠に役立ちます。明るく前向きな気持ちに導く作用があり、なじみのあるオレンジの香りは広い世代に人気です。 就寝前にオレンジ・スイートの香りを嗅いだり、就寝中も居室内にオレンジ・スイートの香りを漂わせ続けたりすると、リラックスして熟睡することができ、起床後にすっきりとした目覚めがもたらされます。 スイート・マージョラム精油を使ったアロママッサージも、睡眠の質を向上させる効果があります。 2. 気持ちを落ち着けたい時の精油と活用法 ●精油・ラベンダー・サンダルウッド・フランキンセンス ●活用法・芳香浴 ラベンダーは精油の原料としてよく知られて

    もっと読む
    2022年 10月14日
    #アロマ
  3. 子どもの閲覧履歴にアダルトサイトを発見!どうする?

    小学生の子どもにタブレットを貸していたら、インターネットの検索・閲覧履歴にアダルトサイトを発見しました。正直ショックで見てほしくないという気持ちと、どこまで子どものプライベートに踏み込んで伝えるべきか、悩んでいます。(30代女性・小4の子どもの母) 「子どもがパソコンやタブレット、スマホでアダルトコンテンツを見ていた!どうしよう!」親世代が子どもだった時代には無かったお悩みです。デジタルネイティブ世代の子どもと、「ネットに溢れる性情報との付き合い方」についてどう話せばいいか、性教育コンテンツ制作ユニット・アクロストンさんにお聞きしました。 監修・話題提供 アクロストン 妻・夫である2人の医師による性教育コンテンツ制作ユニット。楽しく性について学べる授業やワークショップを日本各地で開催。家庭ではじめられる性教育のヒントや性に関する社会問題についてなどをSNSで発信している。 著書:10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック(ほるぷ出版)、3から9歳ではじめるアクロストン式 「赤ちゃんってどうやってできるの?」、いま、子どもに伝えたい性のQ&A(主婦の友社)など 「閲覧履歴は親も見る」とルール化することが大事

    もっと読む
    2022年 08月09日
    #コミュニケーション
  4. 幼い頃からの性教育、何から始めたらいい?

    家庭で子どもに性教育をする際、何から始めればいい?どうすればいい?と悩む方も多いはず。幼い頃から家庭でできる性教育ってどんなことでしょうか?と、性教育コンテンツ制作ユニット・アクロストンさんに聞いてみました。「性教育って特別な知識が必要なんでしょ?難しそう!」と諦める前に、ぜひお読みください。 監修・話題提供 アクロストン妻・夫である2人の医師による性教育コンテンツ制作ユニット。楽しく性について学べる授業やワークショップを日本各地で開催。家庭ではじめられる性教育のヒントや性に関する社会問題についてなどをSNSで発信している。著書:10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック(ほるぷ出版)、3から9歳ではじめるアクロストン式 「赤ちゃんってどうやってできるの?」、いま、子どもに伝えたい性のQ&A(主婦の友社)など 性について楽しく学ぶ、アクロストンさんの活動 ーー「性教育コンテンツ制作ユニット」ということですが、どういった活動をしているのでしょうか? 子どもや親子で参加できる性教育のワークショップや、保護者向け講座、学校での授業、本の執筆などですね。 今(※編集部注:取材時の2022年時点)、上の子が中学1年、下の子が小学5年ですが、上の子が産まれて少しした頃にスマホやタブレットが普及し始めました。 自分の調べ物をしていた時に

    もっと読む
    2022年 08月05日
    #コミュニケーション
  5. なんとなく不調?更年期もスッキリ!簡単エクササイズ

    女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。更年期にはホットフラッシュなどの分かりやすい症状だけではなく、”なんとなく不調”といった状態に悩む人も多いものです。 今回は更年期の症状に対しておうちやオフィスでできる体操や有効なツボ、それでもしんどい場合の病院の受診について、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。 永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。 おうちでできる体操、オフィスでできる体操 ーーなんとなく不調な時に、おうちでの家事の合間にもできるおすすめの体操を教えてください。 いろんな体操があるんですけれども、私たちNPO法人ちぇぶらでおすすめする「ちぇぶら体操」をご紹介します。団体名の「ちぇぶら」は、更年期を前向きに捉えた英語「the change of life」の意味。すごく簡単で、体調が悪い時でもいい時でもすぐにできて、なおかつ自律神経を整えて、とてもリラックスできる体操です。 ちぇぶら体操のやり方

    もっと読む
    2022年 08月02日
    #セルフケア
  6. 更年期から始めたい、体のケアとは?

    女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。とはいえ更年期の体調は個人差が大きく、全員が更年期障害になるとは限らないこともあって、自分や他人の更年期に関する理解の難しさに悩む人も多いのではないでしょうか。 今回は更年期について、原因と主な症状や、オススメの体のケア、更年期の人へのサポートなどを、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。 永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。 更年期の原因と症状 ーー更年期の原因と、主な症状を教えてください。 まず更年期の期間は、女性の閉経の前後10年。日本人の閉経の平均年齢はおおよそ50歳で、個人差は非常に大きいんですが、その前後5年ずつの45歳から55歳頃の時期が一般的には更年期と言われています。53歳で閉経する方は48歳から58歳、59歳で閉経する方は54歳から64歳が更年期ですね。

    もっと読む
    2022年 07月26日
    #セルフケア
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP