運営事務局

更年期から始めたい、体のケアとは?

女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。とはいえ更年期の体調は個人差が大きく、全員が更年期障害になるとは限らないこともあって、自分や他人の更年期に関する理解の難しさに悩む人も多いのではないでしょうか。

今回は更年期について、原因と主な症状や、オススメの体のケア、更年期の人へのサポートなどを、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。


永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター

1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。

更年期の原因と症状

ーー更年期の原因と、主な症状を教えてください。

まず更年期の期間は、女性の閉経の前後10年。日本人の閉経の平均年齢はおおよそ50歳で、個人差は非常に大きいんですが、その前後5年ずつの45歳から55歳頃の時期が一般的には更年期と言われています。53歳で閉経する方は48歳から58歳、59歳で閉経する方は54歳から64歳が更年期ですね。

この時、体の中では卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減ってくるんですね。そうすると、脳の視床下部(「女性ホルモンを分泌してください」という指令を出す部分)がびっくりしてしまいます。この視床下部は、私たちの自律神経を司っている部分なので、卵巣機能が低下してくると、女性ホルモン低下によるダイレクトな影響と自律神経の乱れによる影響、このダブルパンチで心や体にさまざまな不調が起こることが分かっています。

更年期症状は200種類から300種類もあると言われているんですが、代表的な「ホットフラッシュ」とか「手足が冷える」「夜眠れない」だけではなくて、「これもそうだったのか」と驚くような症状もたくさんあります。

すごく個人差が大きくて種類もたくさんあるからこそ、周囲の理解がより難しく、本人自身もジャッジができずどうすればいいのか分からないところが、複雑なポイントだと思います。

ーー更年期であることに気づくきっかけとして、どんなことがあるのか教えてください。

多くの方は、分かりやすい症状が出た時に気づきますね。「疲れやすくなったな」と感じたりとか、ホットフラッシュで急に汗が出るとか、夜眠れないとか、耳鳴りなどの不調です。

ホットフラッシュとは、急に顔がカーッと熱くなったり、汗が止まらなかったりする一時的なのぼせやほてりを指しますが、上半身は暑いのに手足はびっくりするくらい冷えていることもあるんです。病院に行っても、体を温める漢方と体を冷やす漢方と同時に処方されて、「どうすればいいんだ」みたいな声を伺ったりもします。あと、肌の張りや潤いもなくなってくるので、すごくシミやシワができやすくなったっていうのも、女性ホルモン低下の影響の1つだったりもしますね。一方で、このような症状は全員が出るわけではないので、「分かりやすい症状が出てきたら更年期」というよりは「40歳を過ぎたら、もっと自分の体をちゃんと知って、より大事にしましょうね」というのがすごくいいかな、と活動をしている側としては思います。

更年期障害になる3つの理由と対策

ーー「もしかして更年期かも?」と思った時にオススメの体のケアについて教えてください。

まず、知ることがすごく大事だと思っています。自分の体の中で何が起こっているのか知る機会もないまま、大人になって生活している方がほとんどだと思うんです。教育にも含まれていないし、自分でアンテナを立てて調べないと、情報にアクセスできないですから。なので、まずは体の変化を正しく知ることが、1番大切だと思います。

私たちNPO法人ちぇぶらは活動を始める時に「あなたの更年期について教えてください」「どう乗り越えてきましたか」というアンケート調査を実施して、1014名の女性たちの声を集めました。そこから、更年期障害になる理由と、更年期を乗り越えるためのコツが見えてきたんです。

更年期障害になる理由ですが、1つ目は体の変化です。女性ホルモン低下によって心や体に起こってくるさまざまな不調、自律神経の乱れの症状です。

2つ目は心理的要因です。よく病院では、真面目な性格だからとか、貴重面だからとか言われます。でも「突然そう言われても、もうこの性格で4、50年生きてきたから、ちょっと性格は変えられそうにありません」って思うんですが、それが心理的要因です。

3つ目が環境要因。ちょうどこの時期に親の介護が始まったり、子供が巣立っていったり、仕事でも責任のある立場になったり、地域でも役割が増えたり、すごく環境面も大きく変化しやすいので、これらが全部複雑に絡み合って、不調がより悪化することもあります。

また、更年期の女性ホルモンが低下するのはみんな一緒なのに、何も症状を感じない方もいらっしゃるんですよ。

なので、一概に体のケアだけじゃないんですが、それぞれの対策をお伝えしていきます。

体のケア:体を動かす・体操をすること

まず、身体的要因には体を動かすこと、体操が断然オススメです。不調は自律神経の乱れが原因の1つですが、運動することで、自律神経のオン・オフを強制的に切り替えられるんですよね。

例えばウォーキングを一生懸命すると、心臓がドキドキして体温が高くなって、汗をかいて呼吸が弾みます。これは交感神経が優位にはたらくからです。

運動をやめると心臓のドキドキが収まって汗も引いて、体温も下がってリラックスして、トイレに行きたくなったりすると思います。これは副交感神経に切り替わっている状態です。

ある種、強制的に自律神経を整えて体調を良くする効果があるので、運動はものすごくオススメです。

心のケア:更年期について知ること

心理的な要因には、知ることがすごく大切ということ。何か分からないまま不調が起こると怖いじゃないですか。「もう元気な自分には戻れないのかしら」「不調体質になってしまったのか」と思うと、仕事も続けられなくなってしまう。

更年期には終わりもあって、こういう対策していこうって正しく知ってれば、やりたいことも、仕事であっても夢であっても、諦めずに過ごすことができるので、知ることで心理的なハードルも下げられると思います。

環境・周囲との関係:現状や将来を俯瞰してみる

環境要因には、現状や将来を俯瞰してみます。NPO法人ちぇぶらではよく、ライフキャリアデザインワークシートっていう、人生100年を俯瞰して、大きな転換期を書き出していくシートを提供しています。日本人のよくあるパターンというのが、親の介護が始まって、子供が受験の時期とか巣立っていったり、仕事でも責任のある立場になって、みたいなことがポンポン重なってきて、更年期で体調も不安定になりやすい時期だった、ということが非常に多いんです。

が、それも俯瞰して心構えができていると、同じ大変さでも捉え方が全然変わったりします。また、客観的にそれを見れると「じゃあ今から地域のサポートを調べてみよう」とか「同じ会社のあの人はどうやって乗り越えてるんだろう、ちょっと話聞いてみよう」みたいに、次の自分なりの1歩が踏み出せるので、それを俯瞰して知っておくのも、更年期”障害”になるのを予防するのにとても大事かなと思います。

更年期”症状”は、この時期9割の人が感じる心や体の何かしらの不調ですね。ご自身とかご家族の日常生活に支障が出てしまう状態が、更年期”障害”って言われています。

身近に「更年期かな」と思う人がいたら

ーーもし身近に「あの人、更年期じゃないかな」と思う人がいたら、どんな風にサポートできますか?

「男性はどうしたらいいですか?」というのもよく訊かれるんですが、まずは更年期の「認知の土台」を共有した上で話題にするのがすごく有効だと思います。

例えば「あの人、何も分かってくれてない」って思っている相手から「更年期なんじゃないの?」って言われたら、「そう見られてたんですね、すいません」みたいな反応しちゃうと思うんです。まだまだ日本では「更年期」ってフラットに話せるキーワードではないと感じてます。「あの人イライラして、更年期なんじゃないの…ひそひそ…」みたいな、人を揶揄する時とか、悪口を言う時に使われる単語になっていると感じます。

なので、共通の土台がある状態で、例えば一緒に研修を受けた後とかだと、普通に話題にできるんですよ。相手も知ってるし私も知ってると、共通に話題にできるんですが、そうじゃない状態だとより傷ついてしまったりするので。

まずは例えば「こういう本で読んだんだけど」でもいいと思うので、自分が「その情報を知ってるよ」ということをちゃんと相手に伝えた上で、「こういう症状って更年期らしいよ」「婦人科に行ったらこういう治療法があるらしいよ」みたいな風に伝えられるとサポートしたいという気持ちが伝わるんじゃないかなと思います。

ーー更年期を前向きに過ごすヒントはありますか?

更年期って、女性ホルモンの低下によって体がどんどん変わっていくなかで、今後の人生を健康に健やかに過ごしていくためのものすごく大事なマイルストーンなんですよね。

地味なんですが、ここから生活習慣を整えること、運動習慣をつけること、ちゃんとバランスのいい食事を食べること、ちゃんと寝ること。これらが、未来の自分の健康をものすごく変えていくんですよ。

更年期以降、これまで病気知らずだったっていう方も、骨粗鬆症や生活習慣病、高血圧や高コレステロール、糖尿病などいろんな病気が出てくる、要は女性ホルモンの「守り」がなくなってくる大事なところなんです。ここで自分の心と体に症状のあるなしに関わらず、気づいて自分の体をちゃんと大事にする生活習慣に変えていくっていうのが、残りの50年の人生を決めていくと思います。


閉経の前後10年という長い期間、付き合っていくことになる更年期。

症状やつらさは人それぞれですが、正しい知識を得たり体を動かしたりと、自分の体を大事にする生活習慣を身につけて、更年期以降の人生を無理なく心地よく過ごしていければと思います。

皆さんの更年期エピソードを募集!

アンケートフォームはこちら

更年期は体調の変化だけではなく、家族や職場の人間関係などでも悩みが多い時期かもしれません。こんな風なつらさがあった、こんな風に向き合いやり過ごした、周りの人からこうしてもらえて助かった、など、みなさんの体験談やあるあるを募集します。いただいたエピソードはツキとナミ編集部にて一部記事の中でもご紹介させていただけたらと思います。

〇ライタープロフィール

きのコ

群馬を中心に多拠点生活をする文筆家・編集者。すべての関係者の合意のもとで複数のパートナーと同時に交際する「ポリアモリー」として、恋愛やセックス、パートナーシップ、コミュニケーション等をテーマに発信している。不妊治療や子宮筋腫による月経困難症をきっかけに、女性の身体との向き合い方に興味をもつようになった。子無しでバツイチ。著書に『わたし、恋人が2人います。〜ポリアモリーという生き方〜』。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 2

同じカテゴリー の他の記事

  1. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  2. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

    世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント1:パートナーに率直に切り出す ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

    もっと読む
    2023年 12月22日
    #コミュニケーション
  3. もしもの時のおまもりに「緊急避妊薬」ってどんな薬?

    2023年11月28日から、一部薬局での試験的販売が始まった緊急避妊薬。 緊急避妊薬は、「アフターピル」「モーニングアフターピル」とも言われ、不十分だった避妊や性暴力被害から72時間以内にできるだけ早く服用することで、高い確率で妊娠を防ぐことができる薬です。 どんな薬なのか、また、もしも緊急避妊薬が必要な状況に自分や子どもがなったとしたら、どのような選択肢があるのか、服用の際に知っておきたいことを解説します。 緊急避妊薬はタイムリミットがある薬 緊急避妊薬は妊娠の心配がある性行為から早く服用するほど効果的な薬です。 緊急避妊薬の妊娠阻止率は性交から24時間以内で95%、48時間以内で85%、72時間以内で58%となっています。この妊娠阻止率は、月経周期における妊娠のしやすさの変動も考慮された数値で、緊急避妊薬「レボノルゲストレル」を性交から72時間以内に服用した時の妊娠率(実際に妊娠する確率)は1.34%と言われています。 だからこそ、緊急避妊薬は必要になった時にいち早く飲めることが大切な薬です。世界約90カ国では、薬局で処方箋なしに買える薬になっています。 副作用は? どうやって避妊成功を確認できる? 緊急避妊薬の副作用として、一時的に気持ち悪くなったり、頭痛が起こったりすることもありますが、長く続く副作用や、もし繰り返し服用したとしても将来の妊娠しやすさ

    もっと読む
    2023年 12月08日
    #セルフケア
  4. 夫婦でも、子どもとも考えたい「性的同意」とは

    「性的同意」という言葉を聞いたことはありますか? 性的同意とは、すべての性的な行為に対して、お互いが「その行為を積極的にしたいと望んでいるか」を確認することを指します。ここでいう「性的な行為」とは、性行為だけではなく、キスやハグ、手をつなぐ、ボディタッチや性的な会話や言動も含まれます。たとえお互い好き同士であっても、性的なコミュニケーションや会話の後で、モヤモヤしたり嫌な気持ちになったりしたとしたら、もしかしたら性的同意を大切にされていなかったことが原因かもしれません。 性的同意はなぜ大切? 人はだれでも自分の身体にだれがどのように触れるのかその人自身が決める権利があります。本人が望まない性的なことやふれあいをすることは、その人の境界線を侵害し、尊厳を傷つけてしまうことになります。大前提として性について、他の人の権利を尊重しつつ、安心してポジティブに楽しめるということは、誰もが当たり前に持つ権利であることを忘れずにいたいですね。 その一方で、「嫌よ嫌よも好きのうち」「女性は従順でいるのがいい」「誘われたら応じないのは男らしくない」といったことを多く見聞きしてきた人もいるかもしれません。このような社会的価値観の中で育つことは、相手にNOと伝えるのが難しいと感じることにもつながっています。 「空気を読まなくてはいけない」というプレッシャーや、性行為で気まずくなりたくないという思いを抱えている人も多く、気持ちをオープンに話すことに恥ずかしさを感じたり、相手にも口にしてほしくないという好みがあったりする人もいるかもしれません。 しかし、性的同意を理解し大切にすることで、お互いがいつも「ここまではOK/NG」といった境界線が守られ、自分らしく安心して過ごすことや相手との信頼関係を深めることにつながるのです。

    もっと読む
    2023年 11月24日
    #コミュニケーション
  5. 性交痛の原因と解決に向けて一番大切なこと

    近年、性交痛(セックスの時に感じる痛み)を訴える方が増えているようです。しばらく前までは、主に閉経を迎えた女性が感じるものと思われていましたが、それ以外の年代の方からも訴えが届くようになったのは、性交痛は増えているのでしょうか?「女性は耐えるものという認識が変わってきて訴えが顕在化したというのもありそうです。性交痛そのものが増えたわけではなく、『痛い』と表明する人が増えたと見ています」と語る産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に、ライフステージごとの性交痛の原因や解決のヒントを聞きました。 前回の記事はこちら「実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること」 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師

    もっと読む
    2023年 11月10日
    #コミュニケーション
  6. 実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること

    性交痛ーー。セックスの時に感じる痛みのことです。性交痛を感じたことのある女性は、実は年代にかかわらずかなり多いという調査データもあります。診療や相談の経験から見えてきた性交痛のお悩みのリアルな声、自分でできる性交痛対策について、産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に聞きました。 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師 性交痛のお悩みのリアルボイス 今回、早乙女先生のご経験から、性交痛に関するよくある悩みの声を教えてもらいました。 前の彼氏の時は痛くなかった

    もっと読む
    2023年 10月27日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP