産婦人科医に聞く!不妊治療のこれからと課題とは?

2022年の4月から不妊治療が保険適用となったことを受けて、前回は不妊治療について、始めるタイミングや治療の選択肢についてお伝えしました。
不妊治療、いつから始める?どんな種類がある?

今回は、不妊治療の今後の支援や助成金の見通し、課題を産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。


産婦人科医 柴田綾子先生

2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信を行っている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。

保険適用にならなかった不妊治療の選択肢

ーー今回保険適用にならなかった不妊治療の選択肢としては、どのようなものがありますか?

2022年4月の不妊治療の保険適用にあたって国内でもさまざまな議論があり、結局保険適用にならなかった治療法もあります。

たとえば、治療開始時に43歳以上の女性の不妊治療は保険適用されず、全額自費となりました。不妊治療にはこれまで各自治体が助成金を出していたのですが、今回の保険適用によって、今まで自治体の助成金を受けられていた43歳以上の方への補助がなくなってしまいました。43歳以上の方への助成金を復活させている自治体もありますが、あくまで一部に限られています。

また今回、一部の不妊治療クリニックでおこなっているけれども保険適用にならなかった中で「先進医療」と位置付けられている治療法もあります。先進医療というのは研究のような位置づけで、基本的には自費診療ですが、認定された施設では保険診療と一緒に使えるものがあります。

たとえば受精卵の染色体や遺伝子が異常ではないことを調べた上で子宮の中に戻すという技術(PGT-A/PGT-M)があるんですが、そうすることで流産率を下げられるという報告があります。一方で受精卵の染色体をあらかじめ調べることでダウン症などの障害のある子は選ばれなくなってしまうので、命の選択につながるリスクがあるということでどうすべきか議論がありました。結局今回は保険適用にならなかったんですが、海外では広く使われている技術でもあり、今後また検討されるかもしれません。
また、配偶者ではない人の精子や卵子を不妊治療で使う方法(卵子提供・精子提供)については、今回は保険適用が見送られています。卵子提供や精子提供なども海外では認められていますが、日本でどうしていくかという議論は今後もあるのではと思います。

ーー卵子提供を希望する場合はかなり高額なものになるんでしょうか?

基本的に自費で、卵子提供を受けるとなると、たとえばアメリカに行ったりするんですが、渡航費など含めて800万円から1000万円ぐらいかかるそうです。でもよく考えると自費で体外受精による不妊治療を1回50万円から70万円くらいの価格で10回やるとそれくらいの費用になってしまうんですね。これでは本当に不妊に悩む人への負担が大きいということで、今回不妊治療の保険適用が始まったんです。

不妊治療のハードル

ーー不妊治療の課題として、他にもハードルになっていることはありますか?

地域格差がとても大きいというのも問題になっています。不妊治療のクリニックは都心部で集中的に発展していて、ほとんど地方にはないんですよね。今回保険適用になって、不妊治療をやりたいという方が非常に増えたんですが、地方での受け皿がなくて、都心部にあるクリニックへの往復やクリニックでの待ち時間も負担になってしまっているんです。何度も通院したり、急な来院が必要となるケースもあり、仕事と妊活の両立が難しくて結局仕事を辞めてしまったという話も聞いたりしますね。

ーー単にお金がかかるというだけではなく、時間の制約などもあって、生活が不妊治療を中心に回らざるを得ないんですね。

はい。またメンタルケアもものすごく大事と言われています。女性側の負担が大きいので、不妊治療中の方のメンタルサポーターの育成が今始まっています。不妊治療中は、周りには妊娠や出産を順調にされている方もたくさんいる中で、自分だけがなかなか妊娠できないこともあります。不妊治療って頑張れば必ず成果が出るというものではないので、どんなに頑張ってもやっぱり難しいときもあるんですよ。

それに原因不明の不妊がすごく多いので、いろいろ検査で調べても全然原因は分からないけど妊娠できないという方のほうが多いんですよね。そうすると全然答えもないし先も見えないし、お金と時間だけが消えていくことになります。 あと会社で不妊治療のことを話せていない方も多いと思います。「不妊治療をします」って言うと「いつ妊娠できるの?」みたいなプレッシャーが嫌じゃないですか。治療していることをオープンにしたくない方が多いなかで、だけど治療のために早退とか遅刻とか休まなければいけないとなると、周りが「なんでいきなりこんなに何回も休むの?」となって、いづらくて仕事が続けられなくて辞めてしまう方が多いですね。実際には不妊治療って非常にお金がかかるので、仕事を続けたい方が多いんですが。

ーー精子提供や卵子提供などの不妊治療において、同性カップルの利用に制限はあるんでしょうか?

日本は同性カップルで不妊治療を受けるのは、まだパートナーシップ制度を認めている自治体が少ないということもあり、難しいことが多いです。たとえば事実婚でも男女であれば不妊治療は保険適用になるっていうのは決まっているんですが、パートナーシップ制度がない自治体だと婚姻関係が証明できないんですね。同性カップルでの不妊治療は、海外では例があるんですが、日本だとまだそこまで話が進んでいなくて、受け入れできるクリニックは少ないかもしれません。子供をもちたい同性カップルは海外に移住したりする方もいるかと思います。たとえば海外で不妊治療をして戻ってきても、同性カップルが「家族」として認められるかが問題になるんです。妊娠はできたけど、じゃあその子供が法的にその同性カップルの子供かどうかをどう考えるのか、といった点で日本はまだ法整備がしっかりできていないと思います。

不妊治療をしながら働く人のために企業ができること

ーーストレスなく不妊治療に集中できる環境を作るために、企業にはどういう福利厚生や体制が必要でしょうか?

「くるみんマーク」という、不妊治療と仕事の両立支援のマークがあります。厚生労働省がやっているんですが、不妊治療って半日単位とか時間休でちょっとクリニックに行かないといけなかったりするので、フレキシブルな休みがとれるといいですね。

あとは有給休暇をとる時に理由を言わなくていいと助かります。「不妊治療で有休を取る」など理由を言いたくない人がほとんどなので、理由なくカジュアルに半休や時間休がとれるといいですね。

そういう取り組みをしている会社が厚生労働省に申請すると、くるみんマークがもらえます。産休育休が取りやすいとか男性の育休の割合が高いとか、そういうところで会社を選ぶ方が今増えているのではと思うんですが、パートや再雇用の時はくるみんマークに対してニーズがあるんじゃないかなと思います。


保険適用が始まったことでハードルが下がりつつも、まだ仕事との両立やメンタルケアに課題が残る不妊治療についてお伝えしました。不妊治療をしていない人たちにも理解がもっと広がることで、治療をしやすい環境整備にも繋がるのではないでしょうか。

〇ライタープロフィール

きのコ

群馬を中心に多拠点生活をする文筆家・編集者。すべての関係者の合意のもとで複数のパートナーと同時に交際する「ポリアモリー」として、恋愛やセックス、パートナーシップ、コミュニケーション等をテーマに発信している。不妊治療や子宮筋腫による月経困難症をきっかけに、女性の身体のことに興味をもつようになった。子無しでバツイチ。著書に『わたし、恋人が2人います。〜ポリアモリーという生き方〜』。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. パートナーとのすれ違い、なぜ起こる?どう対策する?

    夫婦のよくある悩みに、「パートナーとのすれ違い」があります。すれ違いはどうして起こるのか、回避するにはどうすればいいのか、こんなすれ違いの場合はどう考えて対応したらいいの?をまとめました。 執筆 柳田正芳 「誰もが自分は自分に生まれてよかったと思える世界」を作るために「どこに行っても性の健康を享受できるように社会環境をアップデートすること」を目指す性の健康イニシアチブの代表。2002年から国内外の性教育、性科学の様々な活動に参加してきたほか、思春期保健や両親学級などの活動も経て現在に至る。プロフィールサイトはこちら 夫婦がすれ違う原因の多くは、お互いに思っていることのすり合わせ不足 私は、「夫婦のコミュニケーション」について考えるワークショップの講師として、もうすぐ子どもが生まれてくるというタイミングに差し掛かった夫婦延べ1,000組以上と会い、話を聴いてきました。 多くの夫婦との出会いを通じて感じていたことがあります。それは、よくある夫婦のすれ違いの原因は、お互いの思っていること・考

    もっと読む
    2023年 01月27日
    #コミュニケーション
  2. もし子どもがLGBTかも?と思った時には?

    6歳の子どもの母です。子どもは体の性別は男性ですが、プリンセスになりたい、髪を伸ばしたいと言っており、もしかして性同一性障害ではと思っています。これから小学校に進学することもあり、子どもや周囲とどのように接するのがいいのでしょうか。(30代女性・6歳の子どもの母) 「自分の子どもが性のあり方に悩んでいるかも……」と思った時、どんな対応ができるのでしょうか?今回は、性別違和を抱えている可能性のあるお子さんをもつお母さんからご相談をいただきました。こういった場合の本人との関わり方、学校との調整の仕方、保護者の相談先などについて、性的マイノリティの子ども・若者の支援をおこなう一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにアドバイスをいただきました。 監修・話題提供 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 親と本人の悩みを受け止める

    もっと読む
    2023年 01月13日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【後編】

    さまざまな性的マイノリティのうち、代表的な「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の4つの頭文字をとった総称「LGBT」。前回は、さまざまな性のあり方やその伝え方について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお伺いしました。そして、子どもがもし「ホモ」「オカマ」などと発言していたら、皆さんだったらどう反応しますか?今回はLGBTについて子どもに話し始めるきっかけや、もし差別的な発言をした場合の対応についてお話しいただきました。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 子どもに話し始めるきっかけ ーーLGBTについて子どもに教える時に、話し始めるきっかけはどうすればいいか、お伺いしたいです。 最近すごくいい絵本がたくさん出ているんです。 たとえば子どもで

    もっと読む
    2022年 12月27日
    #コミュニケーション
  4. 子どもに「LGBT」をどう伝える?【前編】

    最近「LGBT(いわゆる性的マイノリティ)」や「性の多様性」について、ニュースやドラマ等を通して知る機会も増えてきたのではないでしょうか。子どもが成長していく時には、その子自身の性のあり方はもちろん、他人も尊重することについて、LGBTに関する正しい知識と共に伝えていきたいものですよね。今回は子どもに「LGBT」について伝える方法について、一般社団法人にじーず代表の遠藤まめたさんにお聞きしました。後編では、子どもに話し始めるきっかけについて考えます。 遠藤まめた 1987年埼玉県生まれ。一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。近著に「教師だから知っておきたいLGBT入門 ―すべての子どもたちの味方になるために」(ほんの森出版)。 多様な性のあり方とは ーーまず、LGBTについて、子どもにどう説明したらいいでしょうか? 人間の性のあり方は4つの要素の組み合わせによって作られています。

    もっと読む
    2022年 12月09日
    #コミュニケーション
  5. 男の子の子育て!ジェンダー平等の意識を育むには?

    世界146ヵ国中116位。日本のジェンダーギャップ(男女格差)は「先進国の中で最低レベル」「アジアの中でも順位が低い」ということが、世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー・ギャップ指数2022」から見て取れます。 「わが子が大きくなる頃には、男女の格差が改善していてほしい」と思う方は少なくないと思います。男女の格差を生み出す(また、許容する)社会環境は、ひとりひとりの心がけ次第でいい方向に変えていけるはずです。男女の格差に敏感で、そういうものにNOと言えるようにわが子を育てるにはどうすればいいのでしょうか?文筆家の清田隆之さんに聞きました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 編集部から「ジェンダー」とは、文化的・社会的な性差を指します。社会の中で取り決められた「男性・女性とはこういうもの」と期待される役割分担意識や差異を言います。例えば、「男性は家庭の外で働いてお金を稼いで家族を養うもの

    もっと読む
    2022年 12月02日
    #コミュニケーション
  6. SNS時代に男性が抱える生きづらさとは?

    これまで、可視化されることや、気に留められることがほとんどなかった「男性の生きづらさ」。SNSでも男女間の不平等や格差の話題において、「女性のほうが不利な立場に置かれているのだから、男性の生きづらさなんてないでしょう」という見方もありますが、男性が自らの生きづらさに向き合うことで、男女の不平等や格差の解決への一歩になるのではないかという考えもあるようです。文筆家の清田隆之さんに伺いました。 監修・話題提供 清田隆之 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。「恋愛とジェンダー」をテーマに様々な媒体で執筆。著書に『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)など。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が発売中。Twitter→@momoyama_radio 昔からあった問題がSNSにより注目されやすくなってきた ――男性が女性に対して差別的なことを言って炎上したり問題になったりすることが少なくないように思うのですが、最近の事例や傾向などはあるでしょうか? 昨

    もっと読む
    2022年 11月28日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP