デリケートゾーンケアでマイナートラブルにさよなら

「デリケートゾーンケア」というとどんなことを思い浮かべるでしょうか?昨今は女性の健康とウェルネスを支える技術「フェムテック」も盛り上がり、色々なケアアイテムが販売されています。ラブライフアドバイザーのOliviAさんに、主なケアアイテムとその特徴や使い方、ケアすることのメリットなどを教えてもらいました。デリケートゾーンのケアアイテムを賢く使って、マイナートラブルにさよならしましょう。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: fCMUBpyPJjsQY1NqT_ch72p1QyjuaZf8tZtzFa-uvxLNR5fNaTbnhbGaLl0x1EJTMnWkB6_1jcIiNas8kwAFLzt8LR1FRfQefO2r8M18tQWK4Cp2Ey8Z8g1gtQQ-u7NlIBOW1JjAC71wenJA7Q

監修・話題提供

OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー
大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。

デリケートゾーンケアでマイナートラブルを解消

ーーOliviAさんが考えるデリケートゾーンをケアすることのメリットは何でしょうか?

デリケートゾーンケア、つまり外陰部のケアを通して、デリケートゾーン周りのマイナートラブルが解消されるのでQOLが上がることです。マイナートラブルがなくなって、日々を過ごしやすくなります。代表的なマイナートラブルとして、デリケートゾーンのにおい、かゆみ、おりもの、アンダーヘアに関することが挙げられます。

例えば、女性はどういう時ににおいが気になっているかというと、「トイレに行ってショーツを脱ぎ着するたびに気になる」という方が多いんです。

また、かゆみは1日中ついて回ります。かゆみはリラックスしている時に特に出やすいので、寝る前にかゆみに襲われたりする方もいます。デリケートゾーンをケアすることで、そういった普段の不快感が無くなるので過ごしやすくなりますね。

デリケートゾーンのケアアイテム①ソープ

ーーここから、具体的なケアアイテムについてお聞きしていきたいのですが、まずデリケートゾーン用のソープについて教えてください

デリケートゾーン用と謳っているソープは、酸性・アルカリ性を決めるpH値を腟内もしくは外陰部向けに調整しているので、沁みにくいといわれています。通常のボディソープはアルカリ性のものが多く、粘膜にふれると沁みる方もいます。デリケートゾーンのソープを使うことで、肌に優しく洗浄することができます。

ソープは、リキッドタイプ、泡(フォーム)タイプ、界面活性剤が入っていないオイルで洗うもの、ジェル状 のものと、4種類に大別されます。

リキッドタイプは、自分の手やスポンジなどで泡立ててから使うのは他のタイプと一緒です。沁みにくく、弱酸性に調整されていて、デリケートゾーンの肌質に合わせて作られています。

フォーム状の泡で洗うタイプは、ワンプッシュしたら泡状で出てくるのでソープを泡立てる必要がなく便利です。気軽に毎日のケアに取り入れられます。肌に負担が少なく、マイルドに洗えます。肌と手の間に泡が入り摩擦せず優しく洗えて、乾燥している方、かゆみのある方、ただれている方にも優しいです。

オイルで保湿しながら洗うタイプは、乾燥しやすい方や界面活性剤が気になる方に向いています。

ジェル状のものはリキッドと同じく泡立てて使います。デリケートゾーンを洗う時には熱いお湯だと乾燥の原因になるのでぬるま湯で洗うのが理想です。 

デリケートゾーンのケアアイテム②保湿剤

ーー特に更年期を迎えた女性の中には、デリケートゾーンの乾燥やかゆみなどの悩みを抱えている方が少なくありません。保湿剤はどうでしょうか?

ソープを変えるだけでもデリケートゾーンのにおいの軽減が期待できますが、乾燥してかゆみのある方保湿剤も使うといいと思います。

乾燥が気になる方は、洗って終わりではなく保湿することで、さらにケアができて不快感が減ります。

保湿剤も、オイルタイプ、クリームタイプ、化粧水タイプ、美容液タイプなど、様々な種類があり、好みの質感を選ぶことができます。

寝る前にシャワーを浴びる時にソープを使い、シャワー上がりに保湿剤をつけて就寝するというのがいいと思います。

デリケートゾーンのケアアイテム③潤滑剤

ーー デリケートゾーンの乾燥が気になる方に、他におすすめのアイテムはありますか?

潤滑剤もおすすめで、潤滑剤には色々な活用方法があります。まず、性交痛の予防で性行為の時に使うという使い方があります。

また、生理用品として月経カップを使う場合に、月経カップが入りやすいように潤滑剤をカップに塗布する、セックストイや腟トレアイテムを使う時にアイテムに付けて滑りを良くする、といった場面でも使いますね。

潤滑剤は腟の中に入っても大丈夫なように想定しているものです。よく似た製品にアダルトローションがあります。アダルトローションはボディの表面に塗ってプレイを楽しむためのもので、潤滑剤と作り方が明確に異なっています。

潤滑剤は英語ではルブリカントとも言いますが、腟の粘膜に使えるように調合されています。粘性の高いアダルトローションとは別物です。アダルトローションを腟内に使ってしまうと、かゆみやおりものが増える原因にもなってしまいます。

ーー潤滑剤は腟やデリケートゾーンにも使える、アダルトローションは皮膚の表面に塗って楽しむ、という区別があるのですね。アダルトローションを腟やデリケートゾーンに使うとかゆみやおりものの心配もあるということですが、潤滑剤を買いに行った時に、アダルトローションと見分ける方法はありますか?

簡単な見分け方としては、「潤滑ゼリー」など「潤滑○○」と書いてあるのが潤滑剤です。また、各商品のサイトを見ても分かると思いますので、慎重を期したい方は商品のサイトにもアクセスしてみるといいかもしれません。 

その他のデリケートゾーンのケアアイテム

ーーその他にもケアアイテムはありますか?

デリケートゾーンはアンダーヘアの有無でケアの快適度が変わってきます。

例えば、「保湿」といっても、アンダーヘアがナチュラルなままの人は保湿剤がヘアについてしまって肌につかなかったりします。完全な脱毛をしなくても、アンダーヘアを短くするだけでも蒸れやにおいの軽減になります。そしてアンダーヘアを短くするためのヒートカッターがあります。それを使うだけで快適さが変わります。

また、ワイプというデリケートゾーン用の使い捨てのウェットティッシュもあります。月経中などに外出先でも気になる時に使用できるので、活用すると快適に過ごせると思います。

「美白」と「におい」のケアに焦点を当てた商品が人気

――デリケートゾーンのケアグッズで、最近注目が集まっているものはどういったものでしょうか?

例えば保湿剤でニーズがあるのは「ホワイトニング」効果のあるものですね。外陰部の色素沈着が気になっている人が多いので、ホワイトニング系のクリームが人気です。

それから、ソープだと消臭効果のあるもの。においを気にしている人も同じく多いんです。「美白」と「におい」は、ケアをする効果を実感しやすいというのも人気の秘訣だと思います。

デリケートゾーンケアを心がけて性生活も積極的に

デリケートゾーンを快適な状態にしておくと、性生活においても自由に振舞う積極性が出てくると思います。「におってないかな」といった心配が頭に浮かぶと積極的になれないこともありますが、普段からケアをしていけばそういった心配から解放されます。

ケアの一環として外陰部のセルフチェックも大事です。痛い、かゆい、腫れたといった異常が起こった場合にも、普段の状態を見て把握できていないと、普段とどう違うのか分からないですよね。乾燥しているのかなども普段から見てみないと分かりづらいですし、色素沈着も、人とは比べないとしても、自分の状態を普段から確認しておくことは役立つはず。セルフチェックとして普段から手鏡で自分の性器を見ておくことをおすすめします。


取材・執筆
柳田正芳 from 性の健康イニシアチブ/6483works
日本で日本語で「性科学」「性の健康」の普及を目指す性の健康イニシアチブの立上げ人/代表。また、編集/校正業、執筆業、Webメディアディレクション業などを業とするライティングオフィス・6483worksの代表。
https://masayoshiyanagida.tokyo/profile

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. 夫婦で読みたい!性の専門家が伝授する産後の夫婦生活のリスタート

    「産後の夫婦生活に関する意識のズレの原因はホルモンバランスの変化だとよく言われますが、それよりも男性による家事育児の非協力度のほうが重大な影響を及ぼしているのではないかと思います」と語るのは、ラブライフアドバイザーのOliviAさん。えっ!家事や育児をどれだけやったかと産後の夫婦生活がつながっているの!?と思った方もいるかもしれませんね。夫婦で一緒にこの記事を読んで、産後の悩みを克服するために、OliviAさん、詳しく教えてください! 監修・話題提供 OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。 産後のセックスレスは男性側の家事育児へのコミット次第 ーー産後の夫婦生活のお悩みでよくあるケースはありますか?  お悩み相談で多い

    もっと読む
    2022年 07月05日
    #コミュニケーション
  2. パートナーと性についてオープンに話し合える関係性を築くには?

    「パートナーと性の話ができている人はほんの一握り」なのだとライブライフアドバイザーのOliviAさんは言います。その一握りの人たちは仲がよく、性生活も充実しているそうです。どうしたらパートナーと性の話ができるような関係性を築けるのでしょうか?OliviAさんにたっぷりと教えてもらいました。 監修・話題提供 OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。 性についてオープンに話せるカップルは一握り ーー性についてきちんと話ができるカップルは、仲が良くて性生活が充実しているというイメージがありますが、そんなカップルはかなりレアな存在だそうですね 性生活のことについてきちんと話し合いができてコミュニケーションも取れているカッ

    もっと読む
    2022年 07月01日
    #コミュニケーション
  3. 子どもに「赤ちゃんはどこからくるの?」と聞かれたら?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    最近、子どもと仲の良いお友達に妹ができ「私も弟か妹が欲しい!」と言われた現役ママライター。 話の流れから「赤ちゃんはどこからくるの?どうしたらできるの?」という質問をされました。その時は「そうだねぇ。どこかなぁ、どうしてかなぁ…」という感じでごまかしてしまったのですが、これってどんな風に応えればよいのでしょうか?家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生にうかがいました。 疑問を持つことを褒める 子どもは真っ直ぐですから、疑問に思ったことは何でも真っ直ぐ質問してきますね。まずは、子どもが「赤ちゃんはどこからくるの?」という疑問を持つことができたことを褒めましょう。 幼い子どもは、生物学的なことや医学的なことに興味を持って、「赤ちゃんはどこからくるの?どうしたら、できるの?」と尋ねているのではないでしょう。「弟や妹が欲しい」という気持ちから、質問しているのです。 「命の尊さ」を伝える この時期に伝えたいことは、「命の尊さ」についてです。一見、困ってしまう質問に思えますが、実は「命の尊さ」について、教えることができる良いチャンスなのですよ! 祖父・祖母から父・母へ受け継がれ、そして子どもたちへと大切に脈々と受け継がれ、つながっていく大切な命であること、そして、その大切な命を自分

    もっと読む
    2022年 06月29日
    #コミュニケーション
  4. ボディポジティブになるためのアイディア10選

    ボディポジティブ(ボディポジティビティ)とは、「自分の身体や見た目をありのままに受け入れて愛する」というムーブメントのことです。たとえば「痩せている=美しい」といった特定の価値観に囚われずに、プラスサイズなどあらゆる体型の多様性を尊重しようという近年の動きを指しています。 女性の多くは、自分の身体を好きになれなかったり、不満を感じていたりします。歯の健康を維持するために毎日の歯磨きが必要なのと同じように、私達の考え方を変えるには毎日の積み重ねが必要なのです。 セルフケアを実践してボディポジティブになるためには、どんなことから始められるのでしょうか? 今日からできるボディポジティブ この記事ではボディポジティブになるために、10の方法を挙げています。 1.友達に言わないネガティブなことは、自分にも言わない2.他人を褒める3.自分への褒め言葉を受けとる4.身体に合わない服を手放し、心地よくなる服を着る5.自分を他人や若い頃の自分自身と比較しない6.「痩せた人は幸せ」という考えを見直す7.自分の身体にとって心地よいことをする8.自分自身にポジティブな言葉をかける9.身体を恥じることが有意義かどうか自分自身に問いかける10.ポジティブさで自分自身を包む それぞれ詳しく解説していきます。 1. 友達に言

    もっと読む
    2022年 06月28日
    #PMS
  5. 子どもの自尊感情を高める効果的な褒め方って?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    前回の記事では、ジェンダー平等を家庭で伝える大切さを取り上げましたが、自尊感情が低くなると色々なことがうまくいかなくなる、というお話がありました(子どもの自尊感情を高める効果的な褒め方って?)。自尊感情とはそもそも、どのような感情なのでしょうか?また、子どもの自尊感情を普段の生活の中で育む伸ばすにはどうすればいいのでしょうか?家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生に、子どもの効果的な褒め方についてポイントをうかがいました。 子どもが頑張っている姿を認める 自尊感情とは、自分で自分を積極的に認め、自らの価値や存在意義を肯定できるような感情です。簡単に言うと、自分自身のことを好きだと思う感情です。 それを育むためには、まず周りの大人が、子どもの行動を認めてあげることが大切です。勉強でもスポーツでも遊びだって、どんなことでもいいです。子どもが頑張っている姿を認めてあげましょう。他者に認められることで、自分の存在を認めることができてくるんですよ。 認めてもらうことは、確かに大人でも嬉しいものですものね。それが成長過程にある子どもなら、なおさらだろうと思います! 「結果」だけでなく「過程」を褒める ですが、ひとつ気を付けてほしい

    もっと読む
    2022年 06月27日
    #コミュニケーション
  6. 子どもに「ジェンダー平等」を伝えるために、家庭でできることって?|家庭教育研究家 田宮由美先生

    男女共同参画社会基本法の施行など大きく転換しつつある社会情勢の中で、ジェンダー平等であることは当たり前になりつつあります。 しかし、日常生活の中ではまだまだ「男らしさ」や「女らしさ」が求められる場面に出くわすことがありますよね。これからのジェンダー平等の社会で生きていく子どもを育ていくうえで、親はどのようなことに気をつければよいか、現役ママライターが家庭教育研究家で家庭教育協会「子育ち親育ち」代表の田宮由美先生にお聞きしました。 「男の子だから」や「女の子だから」という価値観 まだまだ 「男の子なのだから、メソメソ泣かないの」「女の子なのだから、お料理を手伝って」 なんて、日常のふとした時に口をついてしまうお母さんやお父さんも多いですよね。現役の親世代の人たちにも、ずっと昔から脈々と受け継がれてきてしまった性を区別する価値観が根付いてしまっている部分はあると思います。 しかし、これからの時代は男の子だから、女の子だからではなく、個性としてそれぞれの考えや行動を認めることが大切です。 時代に沿った価値観や教育ですから、お母さま世代の方が「男の子だから、女の子だから」とそういう価値観を持ってしまっても仕方ない部分はあると思います。幼い頃から、男らしさや女らしさを言い聞かせると、子どもの心の中に浸透してしまいます。お母さまが実際、そうなのだと思います。 「性別らしさ」に合わない自分を責めてしまう

    もっと読む
    2022年 06月26日
    #子育て
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP