運営事務局

更年期障害の治療ってどんなもの?

女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。更年期や更年期障害というのはよく聞く言葉ですが、実際にはどんな状態なのかよく分からない人も多いのではないでしょうか。

今回は更年期障害について、主な症状や、更年期障害と間違いやすい他の病気、検査や治療の内容、普段の生活で気をつけることなどを産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。


産婦人科医 柴田綾子先生

2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。

更年期障害の受診タイミング

ーー更年期障害の受診をオススメするのはどんな時ですか?

生活や仕事に支障があって困る症状があったら、まずは産婦人科を受診してほしいと思います。 個人差はありますが、更年期は閉経が起こる5年前から始まるため、40代後半から50代前半に症状が出てくることが多いですね。

生理不順になる人も多く、生理の間隔が長くなったり短くなったり、持続日数が長くなったり、一時的に量が増えたりすることがあります。

更年期障害に症状が似ているけれど、そうではない病気の場合もあります。たとえば女性に多い「橋本病」だと、便秘がちになったり、体重が増えたりむくみやすかったりします。橋本病の場合は女性ホルモンではなく、甲状腺のホルモン値が下がってしまうことが原因ですね。

反対に甲状腺のホルモン値が上がりすぎているのがバセドウ病なんですが、たとえば動悸が出たり汗をかきやすくなったりします。そういう症状は更年期にも出たりするので、間違えやすいんです。

更年期障害の受診先

ーーどんな病院にかかるのがよいでしょうか?どのような検査がありますか?

「更年期による症状かな」と思った時の受診先として、産婦人科が一番対応しやすいと思います。ですが、中には産婦人科は受診のハードルが高いという人もいるかもしれません。そのような人は、まずは体調不良について内科で一旦相談してから、次に産婦人科というかたちでもいいと思います。

更年期の症状というのはたくさんの検査をしなければいけないわけではないので、大きい病院でなくても、近くの行きやすいクリニックや施設で大丈夫です。

診断に際しては、どんな症状にお困りかを聞きます。特に更年期の人は生理不順になることが多いので、生理について詳しく伺うのが一番大切です。必ずしも採血して女性ホルモンの値を調べないといけないというわけではありません。

また、更年期障害と思っていたら実は命に関わる別の病気が隠れていたりすることの方が怖いです。40代や50代の女性には、更年期と似たような症状が出る甲状腺のホルモンの異常や病気も結構多いんですよね。話を聞いて「甲状腺の異常かな」と思ったら、採血をして甲状腺のホルモン値を検査します。

あとは更年期では動悸が出ることがありますが、中には心臓が悪い人もいるんですよ。更年期と関係なく不整脈がある場合もあるので、話を聞いて必要であれば心電図の検査をします。

話を聞いて、生理不順があって甲状腺の異常もないし心電図も問題なさそうだし、それでも症状があるということだと、「これは更年期障害ですね」という話をするというかたちです。

「この検査で陽性なら絶対に更年期障害」と判断できる検査はありません。必要に応じて心臓や甲状腺を調べることがあるので、1回目の受診では「更年期障害」と診断するのが難しいこともあります。

話を聞いて更年期障害らしいということになると漢方やサプリメントを使ったり、ホルモン補充療法といって女性ホルモンを補う薬を使います。それで症状が治ってくると、治療の結果を見てやはり更年期の症状だったと判断することもあります。

更年期障害の治療の選択肢

ーー更年期障害にはどのような治療の選択肢がありますか?

すぐ使える手軽なものとしてはサプリメントがあります。大豆に含まれる「イソフラボン」という成分が女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をするといわれています。薬局などでも売っていて、まずはイソフラボンのサプリメントを使ってもらって様子を見ることもあります。ただ、体外からイソフラボンを入れたときに、その人の体の中でそれをエストロゲンに変換できる酵素があるかないかで効果も違うんですね。酵素をたくさん持っている人は大豆のイソフラボンからエストロゲンを作れるんですが、酵素があまりない人には効果がなかったりします。

サプリメントと並んで比較的すぐ始めやすい選択肢としては、漢方があります。市販薬もありますが、薬局で処方箋がなくても買える漢方ってけっこうあるんですよね。自費にはなりますが、自分で買って使ってみても大丈夫です。産婦人科や内科で医療保険が使える場合は、自費ではなく3割負担で漢方を使うことができます。

ーーサプリメントと漢方と薬とはどう違うのでしょうか?

効果の期待値が違っていて、一般的にサプリメントの効果はそんなに強くないので、症状が軽い人向けと考えられています。

漢方は即効性は少ないのですが、相性が合えば色々な症状が改善され、うまく付き合えます。

ーーサプリメントや漢方であまり効果が感じられない場合は、どんな治療になりますか?

更年期障害の症状が強いときは「女性ホルモン補充療法」がお勧めです。エストロゲンという女性ホルモンを体の中に取り入れる薬で、形態としては飲み薬と貼り薬と塗り薬の3種類があります。腟の違和感や乾燥が気になるといった症状には腟剤というものを使います。即効性もあるし、効果としても一番強いです。

ただ、エストロゲンだけをずっと使っていると副作用で子宮体癌のリスクが上がってしまうんですね。それを予防するためにプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンを併用する必要があります。そのためエストロゲンを使っている場合は、月の後半の約2週間はプロゲステロンを併用するかたちになります。ホルモン補充療法の月の出費としては2000〜3000円くらいです。

あとはプラセンタ注射や白玉注射、ニンニク注射を提供しているクリニックもありますが、更年期障害への効果を保証するものではありません。美容目的で提供されていることが多く、基本的には自費での診療となります。なおプラセンタ注射だけは、回数制限がありますが保険適用が可能です。

ーー女性ホルモン補充療法の飲み薬・貼り薬・塗り薬は、使い分けの基準はありますか?

薬を皮膚から入れる貼り薬や塗り薬の方が、血栓症や高脂質血症などの副作用が少ないです。そのため、まずはシールやジェルを試してみて、もしそれで皮膚が荒れてしまう人は飲み薬にすることが多いです。飲み薬だと副作用で吐き気が出る人もいるので、使いやすさや副作用の有無によって使い分けてもらって大丈夫です。

ーー閉経すると、自然と更年期障害の症状が治まっていくものでしょうか?

月経・生理がなくなってから1年たったとき、1番最後の生理があった年齢を「閉経年齢」というんですが、日本人の閉経年齢はだいたい50歳くらいになります。更年期というのは閉経の前後5年間を指すので、人によっては10年間くらい更年期の症状が出る人もいます。閉経しても、すぐに症状が消えるよりはしばらく残っていることが多いです。

ただずっと女性ホルモンの薬を使い続けると、血栓症という血が固まる副作用のリスクがあるので、だいたい5年前後で薬を減らしたり1回卒業するというのを目標にしています。

普段の生活でできること

ーー普段の生活で気をつけることや、セルフケアの方法はありますか?

更年期になると体温調節が難しくなって、急に暑くなったり汗が出たり、それなのに手足が冷えるというようなことが多くなります。特に職場で働いている人は、男性と室温の感じ方が違うので、重ね着をしたりするといいと思います。

それに更年期のホットフラッシュが原因で不眠症になる人が多いんですが、寝室の温度を下げるとホットフラッシュがやわらぐことが多いんですね。また、香辛料や煙草、アルコールはホットフラッシュの症状を悪くしやすいと言われているので、香辛料や煙草は控えめの方がいいと思います。

それから適度な有酸素運動は生理痛やPMSにも効くんですが、更年期の症状にもいいと言われています。研究ではヨガやマインドフルネスが更年期の症状をやわらげるという報告が出ているので、運動を日常生活に取り入れていただくといいと思っています。


更年期の症状は個人差が大きく、対処方法も人それぞれです。自分に合った方法を見つけて、更年期とうまく付き合っていきたいものですね。

皆さんの更年期エピソードを募集!

アンケートフォームはこちら

更年期は体調の変化だけではなく、家族や職場の人間関係などでも悩みが多い時期かもしれません。こんな風なつらさがあった、こんな風に向き合いやり過ごした、周りの人からこうしてもらえて助かった、など、みなさんの体験談やあるあるを募集します。いただいたエピソードはツキとナミ編集部にて一部記事の中でもご紹介させていただけたらと思います。

〇ライタープロフィール

きのコ

群馬を中心に多拠点生活をする文筆家・編集者。すべての関係者の合意のもとで複数のパートナーと同時に交際する「ポリアモリー」として、恋愛やセックス、パートナーシップ、コミュニケーション等をテーマに発信している。不妊治療や子宮筋腫による月経困難症をきっかけに、生理との向き合い方に興味をもつようになった。子無しでバツイチ。著書に『わたし、恋人が2人います。〜ポリアモリーという生き方〜』。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  2. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

    世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント1:パートナーに率直に切り出す ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

    もっと読む
    2023年 12月22日
    #コミュニケーション
  3. もしもの時のおまもりに「緊急避妊薬」ってどんな薬?

    2023年11月28日から、一部薬局での試験的販売が始まった緊急避妊薬。 緊急避妊薬は、「アフターピル」「モーニングアフターピル」とも言われ、不十分だった避妊や性暴力被害から72時間以内にできるだけ早く服用することで、高い確率で妊娠を防ぐことができる薬です。 どんな薬なのか、また、もしも緊急避妊薬が必要な状況に自分や子どもがなったとしたら、どのような選択肢があるのか、服用の際に知っておきたいことを解説します。 緊急避妊薬はタイムリミットがある薬 緊急避妊薬は妊娠の心配がある性行為から早く服用するほど効果的な薬です。 緊急避妊薬の妊娠阻止率は性交から24時間以内で95%、48時間以内で85%、72時間以内で58%となっています。この妊娠阻止率は、月経周期における妊娠のしやすさの変動も考慮された数値で、緊急避妊薬「レボノルゲストレル」を性交から72時間以内に服用した時の妊娠率(実際に妊娠する確率)は1.34%と言われています。 だからこそ、緊急避妊薬は必要になった時にいち早く飲めることが大切な薬です。世界約90カ国では、薬局で処方箋なしに買える薬になっています。 副作用は? どうやって避妊成功を確認できる? 緊急避妊薬の副作用として、一時的に気持ち悪くなったり、頭痛が起こったりすることもありますが、長く続く副作用や、もし繰り返し服用したとしても将来の妊娠しやすさ

    もっと読む
    2023年 12月08日
    #セルフケア
  4. 夫婦でも、子どもとも考えたい「性的同意」とは

    「性的同意」という言葉を聞いたことはありますか? 性的同意とは、すべての性的な行為に対して、お互いが「その行為を積極的にしたいと望んでいるか」を確認することを指します。ここでいう「性的な行為」とは、性行為だけではなく、キスやハグ、手をつなぐ、ボディタッチや性的な会話や言動も含まれます。たとえお互い好き同士であっても、性的なコミュニケーションや会話の後で、モヤモヤしたり嫌な気持ちになったりしたとしたら、もしかしたら性的同意を大切にされていなかったことが原因かもしれません。 性的同意はなぜ大切? 人はだれでも自分の身体にだれがどのように触れるのかその人自身が決める権利があります。本人が望まない性的なことやふれあいをすることは、その人の境界線を侵害し、尊厳を傷つけてしまうことになります。大前提として性について、他の人の権利を尊重しつつ、安心してポジティブに楽しめるということは、誰もが当たり前に持つ権利であることを忘れずにいたいですね。 その一方で、「嫌よ嫌よも好きのうち」「女性は従順でいるのがいい」「誘われたら応じないのは男らしくない」といったことを多く見聞きしてきた人もいるかもしれません。このような社会的価値観の中で育つことは、相手にNOと伝えるのが難しいと感じることにもつながっています。 「空気を読まなくてはいけない」というプレッシャーや、性行為で気まずくなりたくないという思いを抱えている人も多く、気持ちをオープンに話すことに恥ずかしさを感じたり、相手にも口にしてほしくないという好みがあったりする人もいるかもしれません。 しかし、性的同意を理解し大切にすることで、お互いがいつも「ここまではOK/NG」といった境界線が守られ、自分らしく安心して過ごすことや相手との信頼関係を深めることにつながるのです。

    もっと読む
    2023年 11月24日
    #コミュニケーション
  5. 性交痛の原因と解決に向けて一番大切なこと

    近年、性交痛(セックスの時に感じる痛み)を訴える方が増えているようです。しばらく前までは、主に閉経を迎えた女性が感じるものと思われていましたが、それ以外の年代の方からも訴えが届くようになったのは、性交痛は増えているのでしょうか?「女性は耐えるものという認識が変わってきて訴えが顕在化したというのもありそうです。性交痛そのものが増えたわけではなく、『痛い』と表明する人が増えたと見ています」と語る産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に、ライフステージごとの性交痛の原因や解決のヒントを聞きました。 前回の記事はこちら「実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること」 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師

    もっと読む
    2023年 11月10日
    #コミュニケーション
  6. 実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること

    性交痛ーー。セックスの時に感じる痛みのことです。性交痛を感じたことのある女性は、実は年代にかかわらずかなり多いという調査データもあります。診療や相談の経験から見えてきた性交痛のお悩みのリアルな声、自分でできる性交痛対策について、産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に聞きました。 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師 性交痛のお悩みのリアルボイス 今回、早乙女先生のご経験から、性交痛に関するよくある悩みの声を教えてもらいました。 前の彼氏の時は痛くなかった

    もっと読む
    2023年 10月27日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP