パートナーと性についてオープンに話し合える関係性を築くには?

「パートナーと性の話ができている人はほんの一握り」なのだとライブライフアドバイザーのOliviAさんは言います。その一握りの人たちは仲がよく、性生活も充実しているそうです。どうしたらパートナーと性の話ができるような関係性を築けるのでしょうか?OliviAさんにたっぷりと教えてもらいました。


監修・話題提供

OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー
大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。

性についてオープンに話せるカップルは一握り

ーー性についてきちんと話ができるカップルは、仲が良くて性生活が充実しているというイメージがありますが、そんなカップルはかなりレアな存在だそうですね

性生活のことについてきちんと話し合いができてコミュニケーションも取れているカップルは本当に一握りです。その一握りのカップルには共通する特徴があります。ふたりともが「性生活が人生を豊かにしてくれる」という考えをベースに持っています。また、性生活はふたりの関係を維持するために大切だと考えているんです。

ーー性やパートナーシップに対して前向きな捉え方をしている人はほんの一握りということは、多くの人はそうではないということでもあると思います。なぜでしょうか?

日本人カップルが性について話しづらいと感じるポイントがいくつかあります。まず1つ目は、性の話題を恥ずかしいと感じてしまうこと。2つ目は、女性から男性に性の話を切り出すと、男性がダメ出しをされてしまうのではないかという恐怖や不安を感じて話を突っぱねてしまうこと。そして3つ目は、性の話を下ネタだと思っているために「そんな下品なこと」「そんなはしたないこと」と抵抗感を感じてしまうこと、です。

ーー恥ずかしさ、不安、抵抗感。どれも乗り越えるのが難しそうですが、最初の一歩を踏み出すためにできることはありますか?

今は性に関する様々な情報が様々な媒体を通じて発信されています。自分の価値観に近いものを一緒に見て、感想を伝え合うというのがいいと思います。この時「私はこういう価値観は大事だと思うけど、あなたはどう思う?」「こういうことを話し合うことは大事だと思うけど、どうかな?」と、自分の考えを押し付けるのではなく投げかける形で話を切り出すことが大事です。

実際にやってみて好みを擦り合わせる

ーー頻度や好みなど、自分がセックスに求めるものが相手と異なっている場合、どんなふうに擦り合わせていけばいいのでしょうか?

性の価値観は人それぞれ違うので、一致しているほうが奇跡的です。自分の価値観を押し付けず、私の価値観・あなたの価値観を共有していくという姿勢が大事だと思います。「これくらいの頻度でしたい」「こういう内容のことをしたい」など、想いの丈を、対等な立場で、否定することなく、出し合い、聞き合ってください。擦り合わせはそこからしか始まりません。

ーー話し合わずに思い込みで「きっと相手はこう考えているだろう」と決めつけて、すれ違い続けているカップルも多いそうですね

自分の想いの丈を伝えることで、どう合わせていこうかという話し合いを始めることができます。お互いのしたいことを出し合ったら、一定期間はどちらかの好みの方法を試してみる。その次は相手の好みの方法を試してみる。という具合に、期間を決めてお互いの好みの頻度や内容を試してみて、話し合いをして微調整します。健康被害を伴うことや、強い拒絶感を伴う内容でなければ、食わず嫌いの可能性もあるので、試してみて自分がどう感じるかを確認してみるのもいいと思います。もちろん少しでも嫌だな、違うなと思ったら、そこでストップしてもらって大丈夫です。

ーーそもそも、「こんなふうにしたい」と相手に伝えるには、自分がどうしたいのかを分かっている必要がありますね

私は「セクシュアル・ファンタジー」と呼んでいますが、理想の性行為や理想のシチュエーションを模索していない方も多いですね。「相手の求めに応じることがセックス」と思っている女性も多いと感じます。自分はパートナーとどういうセックスをしたいのかを一旦掘り下げて考えることも大切です。

話を切り出すならセックスをしていない時のほうがいい

ーー自分がしたくないことを相手から提案された場合や、頻度のニーズが合わない時はどんなふうに伝えればいいですか?

前者の場合、「それは難しいけれど、こういうことならできそう」と、自分がやれそうな範囲のことを提案してみるといいと思います。

また、頻度については、私は、中間点を取るのがいいと思っています。心身に負担がない範囲でお互いの希望するペースを試してみて、そのうえで話し合いをして間を取ることになるのではないかと思います。頻度に関することでいうと、1回のセックスの内容を濃いものにすることで、思い出にも残り、次のセックスを楽しみに待つことにつながります。性行為の回数を少なくしたいというニーズのある人にとっては、1回の性行為の満足度を上げることも大事だと思います。

ーー話して擦り合わせをすることはやはり大事だと感じます。一方で、突然「セックスについて話し合いをしましょう」と言われて戸惑ってしまう人もいるかもしれません。明るく楽しくポジティブに話すには何が必要でしょうか?

話し出すきっかけも大事です。性行為に関する話を、セックスの最中や直前直後に切り出そうとする方も多いです。でも、お互いにリラックスしていて、性行為を予定していなくて、ふたりとも疲れておらず機嫌のいいゆったりした時に切り出していくほうがいいと思います。また、ベッドの上ではなく着衣の状態リラックスしている時のほうが建設的に話し合えます。

ーーセックスの話だからセックスの時に、という考えではないほうがいいのですね

そうですね。性の話は自分の健康情報として話し合うといいと、私は言っています。「自分の身体は今こういう状態・こういう調子なんだよ」と伝えるつもりで話すと、相手も「話し合わなきゃ!」というプレッシャーを感じずに済みます。

冷静になるために紙に書いてコミュニケーションを取るという方法も

ーー話し合いをする時に、相手に言ってはいけないNGワードはあるんでしょうか?

言葉は取り消せず、性に関する話は特にずっと残ってしまうんですよね。よく言われる話ですが、YOUを主語にして「あなたはこうだ」という言い方をされるときつく責められているように感じてしまいます。Iを主語にして「私はこう思っている」という言い方で自分の想いを伝えていくといいですね。

また、「女のくせにそんなにセックスに興味があるのか」「男のくせに情けない」「男がリードしてくれ」といった、セックスの中で性別役割を課してしまうような言い方は心に残ってしまいます。

ーー実際に自分が話し合いの当事者になると、そういった話し方をしているのかいないのか、自分のことが分からなくなってしまうこともありそうです

そういう時は、話し合う項目を挙げたアンケート用紙みたいなものを作っておいて、お互いの価値観をお互いに書いたうえで見せ合って話し合いをしてはどうでしょうか。文字に書くと冷静になれるので、書いたうえで話し合いをするといいと思います。

性の話もできることで絆を感じられるようになる

ーーカップルで性に関するコミュニケーションができているとどんなメリットがありますか?

性の話ができないと、長い目で見るとデメリットのほうが多いと思います。性行為のことだけでなくデリケートゾーンの状態に関すること、メンタルの状態に関すること(性欲が湧かないのは心理的な理由もよくあるので)といった、健康情報を共有しているという目線で話せるといいですね。それがセクシュアル・ウェルネス(性的に健康な状態)ということです。性の話は話しにくいと思いますけれど、「相手はこう思っているだろう」という憶測で話を進めて、相手の本当の想いが分からないまま、すれ違い続けているカップルも多いです。性のことに限らずお金のことなどタブーとされている話題について自分の想いを言葉にして伝えることは、自信にもつながるし、「タブーといわれていることも話し合えている私達っていい関係だよね」というところにつながって、も感じられるようになります。


パートナーと性についてオープンに話し合える関係性を築くには?をテーマに、ラブライフアドバイザーのOliviAさんにお話を聞きました。「セックスをしていない時にセックスに関する話をしたほうがいい」「想いを紙に書いて見せ合って話し合いをすると冷静になれる」など、今日から取り入れられそうなヒントを教えていただきました。

続いて、OliviAさんに、「夫婦で読みたい!性の専門家が伝授する産後の夫婦生活のリスタート」をお伺いします。

取材・執筆
柳田正芳 from 性の健康イニシアチブ/6483works
日本で日本語で「性科学」「性の健康」の普及を目指す性の健康イニシアチブの立上げ人/代表。また、編集/校正業、執筆業、Webメディアディレクション業などを業とするライティングオフィス・6483worksの代表。
HP:https://masayoshiyanagida.tokyo/profile

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  2. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

    世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント1:パートナーに率直に切り出す ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

    もっと読む
    2023年 12月22日
    #コミュニケーション
  3. もしもの時のおまもりに「緊急避妊薬」ってどんな薬?

    2023年11月28日から、一部薬局での試験的販売が始まった緊急避妊薬。 緊急避妊薬は、「アフターピル」「モーニングアフターピル」とも言われ、不十分だった避妊や性暴力被害から72時間以内にできるだけ早く服用することで、高い確率で妊娠を防ぐことができる薬です。 どんな薬なのか、また、もしも緊急避妊薬が必要な状況に自分や子どもがなったとしたら、どのような選択肢があるのか、服用の際に知っておきたいことを解説します。 緊急避妊薬はタイムリミットがある薬 緊急避妊薬は妊娠の心配がある性行為から早く服用するほど効果的な薬です。 緊急避妊薬の妊娠阻止率は性交から24時間以内で95%、48時間以内で85%、72時間以内で58%となっています。この妊娠阻止率は、月経周期における妊娠のしやすさの変動も考慮された数値で、緊急避妊薬「レボノルゲストレル」を性交から72時間以内に服用した時の妊娠率(実際に妊娠する確率)は1.34%と言われています。 だからこそ、緊急避妊薬は必要になった時にいち早く飲めることが大切な薬です。世界約90カ国では、薬局で処方箋なしに買える薬になっています。 副作用は? どうやって避妊成功を確認できる? 緊急避妊薬の副作用として、一時的に気持ち悪くなったり、頭痛が起こったりすることもありますが、長く続く副作用や、もし繰り返し服用したとしても将来の妊娠しやすさ

    もっと読む
    2023年 12月08日
    #セルフケア
  4. 夫婦でも、子どもとも考えたい「性的同意」とは

    「性的同意」という言葉を聞いたことはありますか? 性的同意とは、すべての性的な行為に対して、お互いが「その行為を積極的にしたいと望んでいるか」を確認することを指します。ここでいう「性的な行為」とは、性行為だけではなく、キスやハグ、手をつなぐ、ボディタッチや性的な会話や言動も含まれます。たとえお互い好き同士であっても、性的なコミュニケーションや会話の後で、モヤモヤしたり嫌な気持ちになったりしたとしたら、もしかしたら性的同意を大切にされていなかったことが原因かもしれません。 性的同意はなぜ大切? 人はだれでも自分の身体にだれがどのように触れるのかその人自身が決める権利があります。本人が望まない性的なことやふれあいをすることは、その人の境界線を侵害し、尊厳を傷つけてしまうことになります。大前提として性について、他の人の権利を尊重しつつ、安心してポジティブに楽しめるということは、誰もが当たり前に持つ権利であることを忘れずにいたいですね。 その一方で、「嫌よ嫌よも好きのうち」「女性は従順でいるのがいい」「誘われたら応じないのは男らしくない」といったことを多く見聞きしてきた人もいるかもしれません。このような社会的価値観の中で育つことは、相手にNOと伝えるのが難しいと感じることにもつながっています。 「空気を読まなくてはいけない」というプレッシャーや、性行為で気まずくなりたくないという思いを抱えている人も多く、気持ちをオープンに話すことに恥ずかしさを感じたり、相手にも口にしてほしくないという好みがあったりする人もいるかもしれません。 しかし、性的同意を理解し大切にすることで、お互いがいつも「ここまではOK/NG」といった境界線が守られ、自分らしく安心して過ごすことや相手との信頼関係を深めることにつながるのです。

    もっと読む
    2023年 11月24日
    #コミュニケーション
  5. 性交痛の原因と解決に向けて一番大切なこと

    近年、性交痛(セックスの時に感じる痛み)を訴える方が増えているようです。しばらく前までは、主に閉経を迎えた女性が感じるものと思われていましたが、それ以外の年代の方からも訴えが届くようになったのは、性交痛は増えているのでしょうか?「女性は耐えるものという認識が変わってきて訴えが顕在化したというのもありそうです。性交痛そのものが増えたわけではなく、『痛い』と表明する人が増えたと見ています」と語る産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に、ライフステージごとの性交痛の原因や解決のヒントを聞きました。 前回の記事はこちら「実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること」 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師

    もっと読む
    2023年 11月10日
    #コミュニケーション
  6. 実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること

    性交痛ーー。セックスの時に感じる痛みのことです。性交痛を感じたことのある女性は、実は年代にかかわらずかなり多いという調査データもあります。診療や相談の経験から見えてきた性交痛のお悩みのリアルな声、自分でできる性交痛対策について、産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に聞きました。 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師 性交痛のお悩みのリアルボイス 今回、早乙女先生のご経験から、性交痛に関するよくある悩みの声を教えてもらいました。 前の彼氏の時は痛くなかった

    もっと読む
    2023年 10月27日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP