パートナーと性についてオープンに話し合える関係性を築くには?

「パートナーと性の話ができている人はほんの一握り」なのだとライブライフアドバイザーのOliviAさんは言います。その一握りの人たちは仲がよく、性生活も充実しているそうです。どうしたらパートナーと性の話ができるような関係性を築けるのでしょうか?OliviAさんにたっぷりと教えてもらいました。


監修・話題提供

OliviA(オリビア )/ラブライフアドバイザー
大学時代からセクシュアリティの調査を始め、2007年より女性・カップルに性生活の総合アドバイスを行う。日本と台湾で著書出版。日本の性の専門家として「VOGUE JAPAN」でも紹介される。フェムテック・セクシュアルウェルネス・セクシュアルプレジャーが専門分野。近著「セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ」(日本文芸社)他。日本性科学会会員。

性についてオープンに話せるカップルは一握り

ーー性についてきちんと話ができるカップルは、仲が良くて性生活が充実しているというイメージがありますが、そんなカップルはかなりレアな存在だそうですね

性生活のことについてきちんと話し合いができてコミュニケーションも取れているカップルは本当に一握りです。その一握りのカップルには共通する特徴があります。ふたりともが「性生活が人生を豊かにしてくれる」という考えをベースに持っています。また、性生活はふたりの関係を維持するために大切だと考えているんです。

ーー性やパートナーシップに対して前向きな捉え方をしている人はほんの一握りということは、多くの人はそうではないということでもあると思います。なぜでしょうか?

日本人カップルが性について話しづらいと感じるポイントがいくつかあります。まず1つ目は、性の話題を恥ずかしいと感じてしまうこと。2つ目は、女性から男性に性の話を切り出すと、男性がダメ出しをされてしまうのではないかという恐怖や不安を感じて話を突っぱねてしまうこと。そして3つ目は、性の話を下ネタだと思っているために「そんな下品なこと」「そんなはしたないこと」と抵抗感を感じてしまうこと、です。

ーー恥ずかしさ、不安、抵抗感。どれも乗り越えるのが難しそうですが、最初の一歩を踏み出すためにできることはありますか?

今は性に関する様々な情報が様々な媒体を通じて発信されています。自分の価値観に近いものを一緒に見て、感想を伝え合うというのがいいと思います。この時「私はこういう価値観は大事だと思うけど、あなたはどう思う?」「こういうことを話し合うことは大事だと思うけど、どうかな?」と、自分の考えを押し付けるのではなく投げかける形で話を切り出すことが大事です。

実際にやってみて好みを擦り合わせる

ーー頻度や好みなど、自分がセックスに求めるものが相手と異なっている場合、どんなふうに擦り合わせていけばいいのでしょうか?

性の価値観は人それぞれ違うので、一致しているほうが奇跡的です。自分の価値観を押し付けず、私の価値観・あなたの価値観を共有していくという姿勢が大事だと思います。「これくらいの頻度でしたい」「こういう内容のことをしたい」など、想いの丈を、対等な立場で、否定することなく、出し合い、聞き合ってください。擦り合わせはそこからしか始まりません。

ーー話し合わずに思い込みで「きっと相手はこう考えているだろう」と決めつけて、すれ違い続けているカップルも多いそうですね

自分の想いの丈を伝えることで、どう合わせていこうかという話し合いを始めることができます。お互いのしたいことを出し合ったら、一定期間はどちらかの好みの方法を試してみる。その次は相手の好みの方法を試してみる。という具合に、期間を決めてお互いの好みの頻度や内容を試してみて、話し合いをして微調整します。健康被害を伴うことや、強い拒絶感を伴う内容でなければ、食わず嫌いの可能性もあるので、試してみて自分がどう感じるかを確認してみるのもいいと思います。もちろん少しでも嫌だな、違うなと思ったら、そこでストップしてもらって大丈夫です。

ーーそもそも、「こんなふうにしたい」と相手に伝えるには、自分がどうしたいのかを分かっている必要がありますね

私は「セクシュアル・ファンタジー」と呼んでいますが、理想の性行為や理想のシチュエーションを模索していない方も多いですね。「相手の求めに応じることがセックス」と思っている女性も多いと感じます。自分はパートナーとどういうセックスをしたいのかを一旦掘り下げて考えることも大切です。

話を切り出すならセックスをしていない時のほうがいい

ーー自分がしたくないことを相手から提案された場合や、頻度のニーズが合わない時はどんなふうに伝えればいいですか?

前者の場合、「それは難しいけれど、こういうことならできそう」と、自分がやれそうな範囲のことを提案してみるといいと思います。

また、頻度については、私は、中間点を取るのがいいと思っています。心身に負担がない範囲でお互いの希望するペースを試してみて、そのうえで話し合いをして間を取ることになるのではないかと思います。頻度に関することでいうと、1回のセックスの内容を濃いものにすることで、思い出にも残り、次のセックスを楽しみに待つことにつながります。性行為の回数を少なくしたいというニーズのある人にとっては、1回の性行為の満足度を上げることも大事だと思います。

ーー話して擦り合わせをすることはやはり大事だと感じます。一方で、突然「セックスについて話し合いをしましょう」と言われて戸惑ってしまう人もいるかもしれません。明るく楽しくポジティブに話すには何が必要でしょうか?

話し出すきっかけも大事です。性行為に関する話を、セックスの最中や直前直後に切り出そうとする方も多いです。でも、お互いにリラックスしていて、性行為を予定していなくて、ふたりとも疲れておらず機嫌のいいゆったりした時に切り出していくほうがいいと思います。また、ベッドの上ではなく着衣の状態リラックスしている時のほうが建設的に話し合えます。

ーーセックスの話だからセックスの時に、という考えではないほうがいいのですね

そうですね。性の話は自分の健康情報として話し合うといいと、私は言っています。「自分の身体は今こういう状態・こういう調子なんだよ」と伝えるつもりで話すと、相手も「話し合わなきゃ!」というプレッシャーを感じずに済みます。

冷静になるために紙に書いてコミュニケーションを取るという方法も

ーー話し合いをする時に、相手に言ってはいけないNGワードはあるんでしょうか?

言葉は取り消せず、性に関する話は特にずっと残ってしまうんですよね。よく言われる話ですが、YOUを主語にして「あなたはこうだ」という言い方をされるときつく責められているように感じてしまいます。Iを主語にして「私はこう思っている」という言い方で自分の想いを伝えていくといいですね。

また、「女のくせにそんなにセックスに興味があるのか」「男のくせに情けない」「男がリードしてくれ」といった、セックスの中で性別役割を課してしまうような言い方は心に残ってしまいます。

ーー実際に自分が話し合いの当事者になると、そういった話し方をしているのかいないのか、自分のことが分からなくなってしまうこともありそうです

そういう時は、話し合う項目を挙げたアンケート用紙みたいなものを作っておいて、お互いの価値観をお互いに書いたうえで見せ合って話し合いをしてはどうでしょうか。文字に書くと冷静になれるので、書いたうえで話し合いをするといいと思います。

性の話もできることで絆を感じられるようになる

ーーカップルで性に関するコミュニケーションができているとどんなメリットがありますか?

性の話ができないと、長い目で見るとデメリットのほうが多いと思います。性行為のことだけでなくデリケートゾーンの状態に関すること、メンタルの状態に関すること(性欲が湧かないのは心理的な理由もよくあるので)といった、健康情報を共有しているという目線で話せるといいですね。それがセクシュアル・ウェルネス(性的に健康な状態)ということです。性の話は話しにくいと思いますけれど、「相手はこう思っているだろう」という憶測で話を進めて、相手の本当の想いが分からないまま、すれ違い続けているカップルも多いです。性のことに限らずお金のことなどタブーとされている話題について自分の想いを言葉にして伝えることは、自信にもつながるし、「タブーといわれていることも話し合えている私達っていい関係だよね」というところにつながって、も感じられるようになります。


パートナーと性についてオープンに話し合える関係性を築くには?をテーマに、ラブライフアドバイザーのOliviAさんにお話を聞きました。「セックスをしていない時にセックスに関する話をしたほうがいい」「想いを紙に書いて見せ合って話し合いをすると冷静になれる」など、今日から取り入れられそうなヒントを教えていただきました。

続いて、OliviAさんに、「夫婦で読みたい!性の専門家が伝授する産後の夫婦生活のリスタート」をお伺いします。

取材・執筆
柳田正芳 from 性の健康イニシアチブ/6483works
日本で日本語で「性科学」「性の健康」の普及を目指す性の健康イニシアチブの立上げ人/代表。また、編集/校正業、執筆業、Webメディアディレクション業などを業とするライティングオフィス・6483worksの代表。
HP:https://masayoshiyanagida.tokyo/profile

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧

同じカテゴリー の他の記事

  1. 子どもの閲覧履歴にアダルトサイトを発見!どうする?

    小学生の子どもにタブレットを貸していたら、インターネットの検索・閲覧履歴にアダルトサイトを発見しました。正直ショックで見てほしくないという気持ちと、どこまで子どものプライベートに踏み込んで伝えるべきか、悩んでいます。(30代女性・小4の子どもの母) 「子どもがパソコンやタブレット、スマホでアダルトコンテンツを見ていた!どうしよう!」親世代が子どもだった時代には無かったお悩みです。デジタルネイティブ世代の子どもと、「ネットに溢れる性情報との付き合い方」についてどう話せばいいか、性教育コンテンツ制作ユニット・アクロストンさんにお聞きしました。 監修・話題提供 アクロストン 妻・夫である2人の医師による性教育コンテンツ制作ユニット。楽しく性について学べる授業やワークショップを日本各地で開催。家庭ではじめられる性教育のヒントや性に関する社会問題についてなどをSNSで発信している。 著書:10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック(ほるぷ出版)、3から9歳ではじめるアクロストン式 「赤ちゃんってどうやってできるの?」、いま、子どもに伝えたい性のQ&A(主婦の友社)など 「閲覧履歴は親も見る」とルール化することが大事

    もっと読む
    2022年 08月09日
    #コミュニケーション
  2. 幼い頃からの性教育、何から始めたらいい?

    家庭で子どもに性教育をする際、何から始めればいい?どうすればいい?と悩む方も多いはず。幼い頃から家庭でできる性教育ってどんなことでしょうか?と、性教育コンテンツ制作ユニット・アクロストンさんに聞いてみました。「性教育って特別な知識が必要なんでしょ?難しそう!」と諦める前に、ぜひお読みください。 監修・話題提供 アクロストン妻・夫である2人の医師による性教育コンテンツ制作ユニット。楽しく性について学べる授業やワークショップを日本各地で開催。家庭ではじめられる性教育のヒントや性に関する社会問題についてなどをSNSで発信している。著書:10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック(ほるぷ出版)、3から9歳ではじめるアクロストン式 「赤ちゃんってどうやってできるの?」、いま、子どもに伝えたい性のQ&A(主婦の友社)など 性について楽しく学ぶ、アクロストンさんの活動 ーー「性教育コンテンツ制作ユニット」ということですが、どういった活動をしているのでしょうか? 子どもや親子で参加できる性教育のワークショップや、保護者向け講座、学校での授業、本の執筆などですね。 今(※編集部注:取材時の2022年時点)、上の子が中学1年、下の子が小学5年ですが、上の子が産まれて少しした頃にスマホやタブレットが普及し始めました。 自分の調べ物をしていた時に

    もっと読む
    2022年 08月05日
    #コミュニケーション
  3. なんとなく不調?更年期もスッキリ!簡単エクササイズ

    女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。更年期にはホットフラッシュなどの分かりやすい症状だけではなく、”なんとなく不調”といった状態に悩む人も多いものです。 今回は更年期の症状に対しておうちやオフィスでできる体操や有効なツボ、それでもしんどい場合の病院の受診について、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。 永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。 おうちでできる体操、オフィスでできる体操 ーーなんとなく不調な時に、おうちでの家事の合間にもできるおすすめの体操を教えてください。 いろんな体操があるんですけれども、私たちNPO法人ちぇぶらでおすすめする「ちぇぶら体操」をご紹介します。団体名の「ちぇぶら」は、更年期を前向きに捉えた英語「the change of life」の意味。すごく簡単で、体調が悪い時でもいい時でもすぐにできて、なおかつ自律神経を整えて、とてもリラックスできる体操です。 ちぇぶら体操のやり方

    もっと読む
    2022年 08月02日
    #セルフケア
  4. 更年期から始めたい、体のケアとは?

    女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。とはいえ更年期の体調は個人差が大きく、全員が更年期障害になるとは限らないこともあって、自分や他人の更年期に関する理解の難しさに悩む人も多いのではないでしょうか。 今回は更年期について、原因と主な症状や、オススメの体のケア、更年期の人へのサポートなどを、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。 永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。 更年期の原因と症状 ーー更年期の原因と、主な症状を教えてください。 まず更年期の期間は、女性の閉経の前後10年。日本人の閉経の平均年齢はおおよそ50歳で、個人差は非常に大きいんですが、その前後5年ずつの45歳から55歳頃の時期が一般的には更年期と言われています。53歳で閉経する方は48歳から58歳、59歳で閉経する方は54歳から64歳が更年期ですね。

    もっと読む
    2022年 07月26日
    #セルフケア
  5. 産婦人科医に聞く!不妊治療のこれからと課題とは?

    2022年の4月から不妊治療が保険適用となったことを受けて、前回は不妊治療について、始めるタイミングや治療の選択肢についてお伝えしました。(不妊治療、いつから始める?どんな種類がある?) 今回は、不妊治療の今後の支援や助成金の見通し、課題を産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信を行っている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 保険適用にならなかった不妊治療の選択肢 ーー今回保険適用にならなかった不妊治療の選択肢としては、どのようなものがありますか? 2022年4月の不妊治療の保険適用にあたって国内でもさまざまな議論があり、結局保険適用にならなかった治療法もあります。 たとえば、治療開始時に43歳以上の女性の不妊治療は保険適用されず、全額自費となりました。不妊治療にはこれまで各自治体が助成金を出していたのですが、今回の保険適用によって、今まで自治体の助成金を受けられていた43歳以上の方への補助がなくなってしまいました。43歳以上の方への助成金を復活させている自治体もありますが、あくまで一部に限られています。 また今回、一部の不妊治療クリニックでおこなっているけれども保険適用にならなかった中で「先進医療」と位置付けられている治療法

    もっと読む
    2022年 07月19日
    #コミュニケーション
  6. 不妊治療、いつから始める?どんな種類がある?

    2022年の4月から不妊治療が保険適用になったことで、不妊治療を受ける夫婦が増えてきています。不妊治療にはさまざまな種類の方法があり、どう選んでいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回は不妊治療について、始めるタイミング、治療の選択肢などを産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信を行っている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 不妊治療を始めるタイミング ーー不妊治療を始めるタイミングはいつですか? まず「不妊」の定義なんですが、日本では、パートナーと性行為のタイミングを合わせたりして自分たちで1年間妊活しても妊娠できない状態のことをいいます。ただし、年齢によっても不妊治療を始めるのにオススメなタイミングは変わってきます。女性が30歳未満であれば、まずは1年間妊活してみて、それでも妊娠しないということであればクリニックを受診するのが一般的だと思います。 しかし女性が30歳を超えると、1年待っている間に妊娠率がどんどん下がってきてしまうので、6カ月ぐらい自分たちで妊活して妊娠しなかったら、不妊治療専門の病院を受診していただくのがオススメです。もしも40歳で妊活を始めるのであれば、すぐに専門の病院に行って不妊治療を始めたほうがよいと思います。これはあくまで一般的な目安であり、より早くに不妊治療や検査を受けても全く問題ありま

    もっと読む
    2022年 07月15日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP