性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。


監修/話題提供

小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長

15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。

ポイント1:パートナーに率直に切り出す

ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

はい。性交痛を抱えたままの性生活が喜びをもたらすのかと考えると、お互いに後味が悪く、幸せな関係性とは程遠いように思います。ならば痛みを解決したいと双方が思うのは自然なことではないでしょうか。
実際、性交痛の情報サイト「ふあんふりー」には男性の訪問者も多く、痛みを解決したいと考える男性も多くいることを感じます。

ーーその一方で、パートナーに切り出しづらいと感じる方も多いのではないでしょうか?

これまで性について話してこなかった関係性なら特に、本当に難しいと思います。パートナーに「痛い」と言い出しづらい気持ちを持つ人が少なくありません。

相手が行為中に一生懸命頑張ってる姿を見て、このまま中断させたら申し訳ないと感じてそのまま続けてしまう女性もいます。

しかし性的なコミュニケーションは本来、対等な立場で一緒に行うものであり、どちらかが一方的にリードするものではないはずです。しかし、現状では女性が男性の欲求に応じる行為という意識が双方に根底に存在しているように思います。

そうすると、女性が我慢する流れになりやすく、「私さえ我慢すればいい」と思ってしまう女性と、「痛そうな顔をしているけれど、ちょっとだけだからいいか」という男性という関係性になりやすいです。

ーー女性側に我慢が集中してしまうんですね。痛みを解決したいと思った時にどんなことをすればいいですか?

「相手が気を悪くするから…」といった遠慮をせず、普段の会話で率直に痛いことを伝えることが大事です。痛みを抱えている人は言いづらいと思いますが、相手にも一緒に考えて何とかしたい気持ちがあるかもしれない/可能性があることに気付いてほしいです。

まずは普段の会話の時から自分の気持ちを伝える練習をするといいと思います。コミュニケーションはトライ&エラーでうまくなりますので、失敗にめげないことも大事です。そのためには日頃から言いづらいことも言い合える関係性かが問われますし、そういう関係性がなければセックスもうまくいかないのではと思います。普段から言いたいことを伝えられる関係性かどうか冷静に考えたいところです。

ーーこれまでの痛みがあった時の経験を振り返ることも大事なのですか?

はい、特に次のようなことを振り返りたいですね。

  • コンドームや潤滑剤が自分に合っていたか
  • 特定の体位で痛みが出なかったか
  • 相手のタッチが手荒じゃなかったか
  • 身体に負担がかかってなかったか
  • 摩擦で外陰部の皮膚や粘膜がヒリヒリしてなかったか
  • 早すぎるタイミングでの挿入ではなかったか

潤滑剤も性交痛を和らげる一つの選択肢ですが、女性はたとえ濡れていても性的興奮が十分ではないと、相手を受け入れる準備ができておらず、痛みにつながることがあります。そのため、挿入のタイミングはとても大切です。何度も何度も性的な刺激を繰り返して性的興奮が十分に高まって初めて、心地よい挿入に至るということがもっと理解されてほしいと思います。

ポイント2:婦人科を受診する

ーーいま、パートナーとのコミュニケーションについて教えてもらいましたが、実際に痛みがある時には医療にかかることも大切だと思います。病院の探し方や専門家との巡り合い方や見分け方について教えてもらえますか?

性交時の痛みは病気や炎症を教えてくれる大事なサインのことがあります。ファーストステップは婦人科の受診です。第一に自分が行きやすい婦人科がいいです。産科があると恥ずかしい、妊婦さんがいるから嫌という場合、婦人科やレディースクリニックで相談するといいでしょう。自分が行きやすいと思う病院、行きやすい地域やロケーションの病院を受診することをオススメします。

ーー婦人科に行った際の注意点などはありますか?

性交時に痛みがあることを必ず伝えてください。その情報があると診察や内診の時にも診る内容が変わります。口で言いづらければ問診票に書いてもいいです。情報が伝われば、診察するときに留意して診てくれると思います。

子宮頸がん、子宮内膜症や性感染症、骨盤内の炎症や先天的な構造など、性行為中の痛みが教えてくれる病気は様々にあります。医師に性交痛があることを伝えて診察してもらうと、こういった病気を早期に発見できる場合もあります。

ーー婦人科にいけば解決することが多いのでしょうか?

性交痛の患者さんを多く診ているある婦人科の先生が言っていましたが、複数の婦人科の先生から「異常はない。病気ではない」と言われるだけだったり、「セックスが痛いならしなければいい」「我慢が足りない、気合で乗り越えて」などと言われたりし続けて、つらい気持ちを抱えて最後にその先生の所にたどり着く患者さんもいるそうです。痛みに親身になってくれる先生は必ずしも多くはないという現実は残念ながらあるそうです。

ただし、病気や炎症は一般の婦人科での診察で発見できます。痛みには親身になってもらえなくても、身体の状態を確認して病気を診てもらうと割り切って考えるというのも一つです。
病院で特に異常がなかった、完治したけどなぜかまだ痛みがある、または体質や病気で多少の痛みと付き合っていかなければならない場合もあります。

ポイント3:自分の身体と心に向き合う

まずは自分の身体に自分で触れてみる

ーー痛みはあるのに身体的な原因ではないと言われた場合、どんな原因が考えられるのでしょうか

不安が痛みにつながっていることもあります。先ほどの性交痛を多く診てきたその婦人科医の方によると、内診する際に、先生が触れる前にもう身体をくねらせて「痛い」と言う方もいらっしゃるそうです。そういう時は、家で鏡で自分の性器を見てみたり、タッチしてみたりすると、少しずつ抵抗感や恐怖心が薄れて内診ができるようになる事例が多いそうです。

性行為の時にパートナーに触られる場面でも同様のことはあり得ると思います。自分の身体への理解を深めることが大事で、そのためには鏡を見て自分で触れるようになることは意外と効果的なんです。

ーー相手との関係性と同様に、自分の身体に向き合うことも重要なのですね

続く後編では、グッズや様々なコミュニケーションの工夫について、残り3つのヒントを解説いただきます。

取材・執筆
柳田正芳 from 性の健康イニシアチブ/6483works
「誰もが自分は自分に生まれてよかったと思える世界」を作るために「どこに行っても性の健康を享受できるように社会環境をアップデートすること」を目指す性の健康イニシアチブの代表。2002年から国内外の性教育、性科学の様々な活動に参加してきたほか、思春期保健や両親学級などの活動も経て現在に至る。また、編集/校正業、執筆業、Webメディアディレクション業などを業とするライティングオフィス・6483worksの代表としても活動。インタビュー記事の制作を得意とする。
HP:https://masayoshiyanagida.tokyo/profile

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 2

同じカテゴリー の他の記事

  1. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  2. もしもの時のおまもりに「緊急避妊薬」ってどんな薬?

    2023年11月28日から、一部薬局での試験的販売が始まった緊急避妊薬。 緊急避妊薬は、「アフターピル」「モーニングアフターピル」とも言われ、不十分だった避妊や性暴力被害から72時間以内にできるだけ早く服用することで、高い確率で妊娠を防ぐことができる薬です。 どんな薬なのか、また、もしも緊急避妊薬が必要な状況に自分や子どもがなったとしたら、どのような選択肢があるのか、服用の際に知っておきたいことを解説します。 緊急避妊薬はタイムリミットがある薬 緊急避妊薬は妊娠の心配がある性行為から早く服用するほど効果的な薬です。 緊急避妊薬の妊娠阻止率は性交から24時間以内で95%、48時間以内で85%、72時間以内で58%となっています。この妊娠阻止率は、月経周期における妊娠のしやすさの変動も考慮された数値で、緊急避妊薬「レボノルゲストレル」を性交から72時間以内に服用した時の妊娠率(実際に妊娠する確率)は1.34%と言われています。 だからこそ、緊急避妊薬は必要になった時にいち早く飲めることが大切な薬です。世界約90カ国では、薬局で処方箋なしに買える薬になっています。 副作用は? どうやって避妊成功を確認できる? 緊急避妊薬の副作用として、一時的に気持ち悪くなったり、頭痛が起こったりすることもありますが、長く続く副作用や、もし繰り返し服用したとしても将来の妊娠しやすさ

    もっと読む
    2023年 12月08日
    #セルフケア
  3. 夫婦でも、子どもとも考えたい「性的同意」とは

    「性的同意」という言葉を聞いたことはありますか? 性的同意とは、すべての性的な行為に対して、お互いが「その行為を積極的にしたいと望んでいるか」を確認することを指します。ここでいう「性的な行為」とは、性行為だけではなく、キスやハグ、手をつなぐ、ボディタッチや性的な会話や言動も含まれます。たとえお互い好き同士であっても、性的なコミュニケーションや会話の後で、モヤモヤしたり嫌な気持ちになったりしたとしたら、もしかしたら性的同意を大切にされていなかったことが原因かもしれません。 性的同意はなぜ大切? 人はだれでも自分の身体にだれがどのように触れるのかその人自身が決める権利があります。本人が望まない性的なことやふれあいをすることは、その人の境界線を侵害し、尊厳を傷つけてしまうことになります。大前提として性について、他の人の権利を尊重しつつ、安心してポジティブに楽しめるということは、誰もが当たり前に持つ権利であることを忘れずにいたいですね。 その一方で、「嫌よ嫌よも好きのうち」「女性は従順でいるのがいい」「誘われたら応じないのは男らしくない」といったことを多く見聞きしてきた人もいるかもしれません。このような社会的価値観の中で育つことは、相手にNOと伝えるのが難しいと感じることにもつながっています。 「空気を読まなくてはいけない」というプレッシャーや、性行為で気まずくなりたくないという思いを抱えている人も多く、気持ちをオープンに話すことに恥ずかしさを感じたり、相手にも口にしてほしくないという好みがあったりする人もいるかもしれません。 しかし、性的同意を理解し大切にすることで、お互いがいつも「ここまではOK/NG」といった境界線が守られ、自分らしく安心して過ごすことや相手との信頼関係を深めることにつながるのです。

    もっと読む
    2023年 11月24日
    #コミュニケーション
  4. 性交痛の原因と解決に向けて一番大切なこと

    近年、性交痛(セックスの時に感じる痛み)を訴える方が増えているようです。しばらく前までは、主に閉経を迎えた女性が感じるものと思われていましたが、それ以外の年代の方からも訴えが届くようになったのは、性交痛は増えているのでしょうか?「女性は耐えるものという認識が変わってきて訴えが顕在化したというのもありそうです。性交痛そのものが増えたわけではなく、『痛い』と表明する人が増えたと見ています」と語る産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に、ライフステージごとの性交痛の原因や解決のヒントを聞きました。 前回の記事はこちら「実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること」 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師

    もっと読む
    2023年 11月10日
    #コミュニケーション
  5. 実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること

    性交痛ーー。セックスの時に感じる痛みのことです。性交痛を感じたことのある女性は、実は年代にかかわらずかなり多いという調査データもあります。診療や相談の経験から見えてきた性交痛のお悩みのリアルな声、自分でできる性交痛対策について、産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に聞きました。 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師 性交痛のお悩みのリアルボイス 今回、早乙女先生のご経験から、性交痛に関するよくある悩みの声を教えてもらいました。 前の彼氏の時は痛くなかった

    もっと読む
    2023年 10月27日
    #コミュニケーション
  6. 性科学から紐解く、心地よい性生活のヒント

    パートナーシップの中でも、大切な性生活。パートナーと心地よい時間を過ごしたいと思っても、痛みがあってリラックスできなかったり、さらにはパートナーにも申し訳ない気持ちを持ったり、性行為自体に消極的になってしまったりする人も少なくありません。痛みには様々な理由がありますが、痛みを軽減し、お互いの満足につながるコツや知識があるそうです。産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に聞きました。(※本記事内では、便宜上、生物学的な男性を男性、生物学的な女性を女性と表現し、また身体の性が男女の組み合わせでの性行為を中心に解説しています。しかし、現実の性別のあり方は様々です。) 監修/話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師 性科学の視点で紐解ける性の悩みとは? セックス�

    もっと読む
    2023年 10月20日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP