運営事務局

気になるお悩みに!おすすめアロマ活用法

「アロマテラピー」を知っていますか?

アロマテラピーとは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。

今回はさまざまな心や身体の状態によるお悩み別(寝つき・集中力・肩こり・むくみ・冷えなど)に、セルフケアに役立つおすすめのアロマテラピーの方法をご紹介します。

1. 寝つきをよくしたい時の精油と活用法

●精油
・ラベンダー
・オレンジ・スイート
・スイート・マージョラム

活用法
・芳香浴

芳香浴法とは、精油を拡散して香りを楽しむことで、心と身体のバランスを整える方法です。

ティッシュペーパーやハンカチに1〜2滴垂らしてデスクや枕元に置いたり、アロマポットやアロマディフューザーなどの専用器具を用いるやり方があります。

ラベンダーやベルガモットは性別にかかわらず人気の香りです。

オレンジ・スイートは神経の緊張を緩めてリラックスさせ、ストレスによるイライラの解消や質の高い睡眠に役立ちます。明るく前向きな気持ちに導く作用があり、なじみのあるオレンジの香りは広い世代に人気です。

就寝前にオレンジ・スイートの香りを嗅いだり、就寝中も居室内にオレンジ・スイートの香りを漂わせ続けたりすると、リラックスして熟睡することができ、起床後にすっきりとした目覚めがもたらされます。

スイート・マージョラム精油を使ったアロママッサージも、睡眠の質を向上させる効果があります。

2. 気持ちを落ち着けたい時の精油と活用法

●精油
・ラベンダー
・サンダルウッド
・フランキンセンス

●活用法
・芳香浴

ラベンダーは精油の原料としてよく知られていることもあり、アロマテラピーを始めたばかりの人にはよく利用されています。

ラベンダーには鎮静作用があり、ストレスで緊張した心と身体をリラックスさせます。やさしい香りで、古くからスキンケアに用いられてきました。手作りコスメにもおすすめの精油です。

3. 憂鬱な気分の時の精油と活用法

●精油
・オレンジ・スイート
・ベルガモット
・グレープフルーツ

●活用法
・芳香浴

4. 集中力を高めたい時の精油と活用法

●精油
・ローズマリー
・ペパーミント
・レモン

●活用法
・芳香浴

アロマテラピー歴が長い人にも、ローズマリーは根強い人気があるようです。

ペパーミントは、すっきりとした清涼感のある香りが特徴です。優れたリフレッシュ作用を持ち、ストレスや神経疲労を和らげて眠気を抑え、集中力を高めます。また、鼻やのどなどのコンディションを整える作用もあります。

5. 肩こりをやわらげたい時の精油と活用法

●精油
・ローズマリー
・ラベンダー
・ペパーミント

●活用法
・トリートメント法

トリートメント法とは、精油を希釈したトリートメントオイルを身体や顔に塗布する方法です。

リラクゼーション、保湿、整肌、血行促進、筋肉の凝りをやわらげるなどの効果があります。

やり方としては植物性のオイルをベースにして、精油を1%以下(顔の場合は0.5%以下)の濃度になるように混ぜたトリートメントオイルを、肌にやさしく塗ったりマッサージに活用したりしてください。なお、精油の濃度が高すぎると、肌トラブルの原因になる場合があります。肌に異常を感じたら、すぐに使用をやめましょう。事前にパッチテストをするとより安心です。

6. スポーツ後の筋肉疲労がある時の精油と活用法

●精油
・ペパーミント
・ローズマリー
・レモングラス

●活用法
・トリートメント法

7. 足のむくみを解消したい時の精油と活用法

●精油
・ジュニパーベリー
・サイプレス
・グレープフルーツ

●活用法
・トリートメント法

8. 冷えていると感じている時の精油と活用法

●精油
・ブラックペッパー
・スイート・マージョラム
・オレンジ・スイート

●活用法
・トリートメント法

9. 風邪の予防をしたい時の精油と活用法

●精油
・ティートリー
・ユーカリ
・ペパーミント

●活用法
・芳香浴

10. PMS(月経前症候群)や生理痛がつらい時の精油と活用法

●精油
・ゼラニウム
・クラリセージ
・ラベンダー

●活用法
・芳香浴

多くの女性が経験する月経前の不安定な気分や身体の不調。これが仕事や家庭に支障が出るほどになると、PMS(月経前症候群)と呼ばれます。

ホルモンの変動によって引き起こされ、多くの女性が悩まされているこのPMSや生理痛に対する「香りの効用」が注目されています。

鎮静・鎮痛効果が期待できるラベンダー精油によるアロマテラピーマッサージにより、PMSの症状や生理痛が軽減します。

11. 更年期症状を和らげたい時の精油と活用法

●精油
・ゼラニウム
・クラリセージ
・ローズオットー

●活用法
・芳香浴

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性の心身の健康と美しさに大きな影響を与えます。エストロゲンは子宮内膜を厚くするなどの生殖に関する作用だけでなく、睡眠、脳機能、心のバランス、髪や肌の美しさなどにも関わっています。

40代になると更年期を迎え、エストロゲンの分泌は減少し始めますが、それに伴い心身の不調に悩まされるケースが多くの女性で見られるようになりますが、ゼラニウム精油の芳香浴には、更年期特有の症状を和らげる作用があると言われています。

心身のさまざまなお悩み別に、おすすめの精油と活用法をご紹介しました。

もし生活に支障があるほど月経トラブルや更年期障害でつらい場合は、産婦人科・婦人科等の医療機関へ相談することも大切です。

ぜひ、アロマテラピーを使って今日から楽しみながらセルフケアする際のヒントにしてみてくださいね。

〇ライタープロフィール

きのコ

群馬を中心に多拠点生活をする文筆家・編集者。すべての関係者の合意のもとで複数のパートナーと同時に交際する「ポリアモリー」として、恋愛やセックス、パートナーシップ、コミュニケーション等をテーマに発信している。不妊治療や子宮筋腫による月経困難症をきっかけに、女性の身体のことに興味をもつようになった。子無しでバツイチ。著書に『わたし、恋人が2人います。〜ポリアモリーという生き方〜』。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. 漢方、食養生の始め方・取り入れ方

    「食事を工夫すると健康にいいって聞いたけど、どんなことに気を付ければいいの?すぐできることは何?」という疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。「食事で体質を改善して健康になる」という考え方に関しては、東洋医学が長い歴史の中で様々な知恵を積み上げてきました。助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタントのやまがたてるえさんに、「漢方」や「食養生」について教えてもらいました。食事で体質改善して健康になるってどういうこと?どんなことに気を付けて何を食べればいいの?そんな疑問がスッキリします。 やまがたてるえ/助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタント 病院勤務後、自身の妊娠出産子育てを経て、地域子育て支援の活動を17年行なっている。たくさんの親子の子育て相談や、女性ためのカウンセリングなども行っています。子育て支援を、家族支援へとシフトチェンジしたくNPO法人子育て学協会のチャイルドファミリーコンサルタントとしても活動中。現在まで6冊の本を出版。近著は【13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと】 HP: https://www.hahanoki.com/ 東洋医学が大事にする食事や漢方薬での体質改善

    もっと読む
    2024年 07月19日
    #PMS
  2. 生理前のイライラ、原因と対処法は?

    生理前になると、イライラや感情の乱れに悩む方も多いと思います。今回は生理前のイライラへのさまざまな対処法や、効果が期待できる薬について、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。イライラが他の疾患のサインかもしれない場合や、婦人科受診の重要性についても触れています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前のイライラの原因と対処法。効果のある薬は? ーー生理前のイライラの原因と対処法について教えていただけますか? 生理前のイライラはPMS(月経前症候群)の症状として多くの女性が経験しています。 その原因の1つとして、生理前に分泌が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響が考えられますね。生理の初めの方もプロゲステロンの分泌が多かったり、月経困難症の症状として生理中にイライラしたり、情緒不安定になったりすることもあります。 まず、日常生活でできることとして、リラックスできるように、スケジュールを緩めて休む時間を意識しましょう。ストレスがPMSを悪化させること�

    もっと読む
    2024年 07月05日
    #PMS
  3. 生理前や生理中の食欲の増加、どうすれば?

    生理前や生理中の食欲の増加に悩む女性は多いものです。今回はその原因や対処法について、産婦人科医の柴田綾子先生に伺いました。ホルモンバランスや栄養不足が関与するこの問題に対して、どのような対処法が有効なのでしょうか。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前や生理中の食欲の増加の原因 ーー生理前や生理中の食欲の増加についてお伺いします。まず、原因を教えていただけますか? 生理前の食欲増加が強い場合は、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)の可能性があると思います。その原因としては、生理前に分泌が増える黄体ホルモンであるプロゲステロンの影響が考えられますね。また、月経中の食欲増加も、生理の初めの方やプロゲステロンが多い時期に見られることがあります。 それ以外にも、貧血のような症状が関連している可能性もありますね。出血の量が多いと貧血の症状が出ることがあります。 ーーつまり生理中に食欲が増すのは、ホルモンの変化や貧血による鉄欠乏の影響ということでしょう

    もっと読む
    2024年 06月21日
    #PMS
  4. 生理前・生理中に眠い…眠気の原因と対処法

    生理前や生理中、眠くなって困ることはありませんか?今回は、PMSや月経困難症が眠気の原因となる可能性や、生理前と生理中での眠気の違いについて、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。眠気の対策として、生活面での工夫や漢方薬、低用量ピルの活用のほか、普段の生活の中でできる工夫として、カフェインの摂取や食事についてもアドバイスをいただいています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前・生理中の眠気の原因 ーーまず、生理中や生理前の眠気の原因について伺いたいと思います。どんなことが考えられますか? まずは生理前の眠気ですが、PMS、つまり月経前症候群が関係している可能性があります。これにはいくつかの原因がありますが、生理前にはプロゲステロンという黄体ホルモンが増えることが一つの要因ですね。また、生理中の眠気が強い場合は、月経困難症の可能性も考えられます。月経中の眠気に関しては原因がはっきりしておらず、生理の症状が影響しているのかもしれません。

    もっと読む
    2024年 06月07日
    #PMS
  5. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  6. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

    世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント1:パートナーに率直に切り出す ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

    もっと読む
    2023年 12月22日
    #コミュニケーション
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP