妊娠したらどうなる?パートナーと知りたい妊娠中の変化

「妊娠中、妻の心身に変化が起きている。どうやらお腹が大きくなるだけではなさそう…」

「つわりって、気持ち悪くなるだけじゃないの…?」

「こんなにつわりが辛いのに、全然わかってくれない…」

女性は妊娠すると、心身共に大きく変化します。精神的に不安定になる人もいれば、ひどいつわりが原因で生活すらままならない人もいます。

しかし、多くの男性は妊婦についての知識は少ないのではないでしょうか。知識が乏しいと、よかれと思ってやったことがかえって迷惑だったり、不用意に相手を傷つけたりすることもあるでしょう。つまり知識不足は、不要なトラブルを引き起こしかねないのです。

本記事では、妊娠した女性に訪れる心身の変化について、なかなか男性が気づきにくい部分も含めてお伝えします。私は現在一児の父ですが、妻が妊娠するまではつわりがどんなものか、妊婦生活がどんなものか、全くわかりませんでした。不用意な言動で何度も喧嘩になり、妻に余計な負担をかけてしまったことを後悔しています。夫婦間のトラブルを避け、妊娠期間中を穏やかに乗り越えるために、妊娠中の女性の心身の変化について夫婦間に事前に勉強しておきましょう。ぜひ私の経験を反面教師にしてくださいね。

トイレが近くなる

まずは、トイレが近くなるという点です。お腹が大きくなると膀胱が圧迫され、頻尿になるケースが多いのです。私は妻が妊娠するまで、この事実を全く知りませんでした。それでは、頻尿がもたらす悪影響について見ていきましょう。

①夜中に何度も起きてしまう

頻尿になると、夜中に何度も目が覚めてしまい、まとまった睡眠時間を取ることが難しくなります。睡眠時間を確保できないとストレスが溜まり、疲労感も増していきます。いつも眠そうにしていたり、だるそうにしていたりしていたとしても、決して咎めたりすることのないように気を付けましょう。頻尿に伴う睡眠不足という明確な原因があるのです。

②仕事や家事に集中できない

頻繁にトイレに行かなければならないということは、頻繁に仕事や作業を中断せざるを得ないということを意味します。どんなに締め切りが近い業務であっても、どんなに厳かな会議であっても、トイレのために立ち上がらなければならないタイミングがあるのです。

このように、作業に集中できない悔しさや会議を途中で抜ける後ろめたさなど、精神的にマイナスな状態にいる妊婦さんは多いです。職場でも、会議の休憩時間をいつもより多めに取るなどの工夫や、妊婦への業務難易度や量をコントロールするなどの配慮が必要です。

妊娠中~後期にはかがむことができない

妊娠中期~後期にお腹が大きくなってくると、妊婦は物理的にかがむことができなくなります。「かがめないこと」で起きる日常の様々な不具合についてお伝えします。

①靴下や靴の着脱が困難になる

まず、靴下や靴を履くのが非常に大変になります。玄関に小さな椅子を置いておく、パートナーが履かせてあげるなどの工夫が必要です。

②足の爪を切ることができなくなる

足の爪も切れなくなります。お腹が大きいと物理的に足先まで手が届かなくなるのです。ただでさえ足元が見えづらいのに足の爪が伸びていると、思わぬケガや事故につながりかねません。私の妻はタンスにひっかけて足の爪を剝がしてしまいました。妊婦一人では難しいので、足の爪はパートナーが切ってあげましょう。

③落ちたものを拾えなくなる

足元にプリントや文房具を落としても、自力で拾うのが非常に難しくなります。もし妊婦さんが職場にいたら、周囲の人に助けを求めやすい環境を作るようにしましょう。

パートナーもこの点は把握しておきましょう。仕事で疲れてゆっくりソファーで休んでいる時に、遠くの寝室にいるママから「鉛筆が落ちたから拾って」という依頼が飛んできます。面倒臭がらず、かつ、いらいらすることのないよう注意しましょう。

④階段昇降が困難かつ危険になる

最も危険なのが、階段含む段差の昇降です。特に妊娠後期は足元が全く見えないため、段差は感覚で昇降せざるを得なくなります。

階段で転んでしまったら母体・胎児ともに命にかかわる大事故になります。なるべくエレベーターやエスカレータを使い、階段昇降を避けるようにするのが得策です。どうしても階段昇降が必要な場合は、誰かに支えてもらうのが良いでしょう。

特定の食べ物しか受け付けなくなる

妊娠中は、味覚や嗅覚にも大きな変化があります。

大好きだった食べ物を受け付けなくなることもあれば、酸っぱいものが無性に欲しくなることもあります。さらに、赤ちゃんのために栄養のあるものを食べたいが、どうしても胃が食べ物を受け付けないときも多々あります。

特定の食べ物しか受け付けない自分に不安や罪悪感を抱いている女性も少なくありません。パートナーは「ちゃんと栄養つけるためにバランスよく食べなきゃだめだよ」等の言葉はかけてはいけません。不安を煽る以外の効果は望めません。

余談ですが、私の妻は妊娠中、マクドナルドのポテトとコンビニのツナマヨおにぎりばかり食べていました。「脂っぽいものは食べられない」と言っていましたが、なぜかマクドナルドのポテトは好んで食べていました。この二品は妊婦あるあるだそうです。不思議ですね。

吐き気が辛い

つわりの症状の1つとして、吐き気があります。人によって個人差はありますが、主に匂いに敏感になり、吐き気が引き起こされます。私の妻は強い光に誘発されて吐き気をもよおすこともありました。

特に煙草の残り香に反応する妊婦さんは多いようです。喫煙習慣のある方は、これを機に禁煙に踏み切るのも一つの手段です。タバコの煙はお腹の中の赤ちゃんにも悪影響なので、ぜひ禁煙をしてください。

まとめ

妊婦の心身の変化と身近な人のサポート方法について、細かな部分までお伝えしてきました。上記以外にも日常生活で困難な場面はあると思います。

決して女性の「わがまま」ではなく、やむを得ずにパートナーを頼っているのです。パートナーは嫌な顔をせず、女性のサポートをしてあげて下さい。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 4

同じカテゴリー の他の記事

  1. 読むからだケア:大人の女性へのおすすめ書籍

    子育てや仕事で自分のケアが二の次になってしまったり、月経トラブルや更年期など年齢と共に体調の変化を迎える大人の女性は、心身の調子が優れずにモヤモヤすることもあるのではないでしょうか。 今回は、そんな不調に悩む大人の女性が学びたい、読書の秋におすすめの書籍を4冊紹介します。 『医者が教える 女体大全――オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」』宋美玄(ダイヤモンド社) https://www.amazon.co.jp/gp/product/447811093X/ref=ewc_pr_img_2?smid=AN1VRQENFRJN5&psc=1 産婦人科医としてクリニックを開業している宋美玄さんが、働くオトナ女子からよく投げかけられる質問について、医学的に正しい解決策を伝える本です。「生理痛にはあたためるのが一番」「恋愛してないと女性ホルモンが枯渇する」「仕事をしすぎると"オス化"する」… 生理、ホルモン、子宮、妊活など、女性の健康や美容にまつわるメディアの情報には、医学的に正しくないものもあふれています。それを信じて実践し、痛みや不調が治まらないどころか、知らず知らずのうちに病気を悪化させてしまう女性も少なくありません。 女性の身体は、誰のものでもなく、女性自身のもの。すべてにおいて、選択するのは自分、守るのも自分です。何が間違いで何が正しいのか、どうすれば不調や心配事が解決するのか。「女性の身体についていまの医学のわかっているほんとうのこと」だけをベースにした本書を、自分の身体について自分自身で判断するための「自分のカラダの取扱説明書」にしてみてくださいね。 『ふりまわされない!更年期――母と娘のための「女性ホルモン」対策BOOK』永田京子(旬報社)

    もっと読む
    2022年 10月29日
    #コミュニケーション
  2. 気になるお悩みに!おすすめアロマ活用法

    「アロマテラピー」を知っていますか? アロマテラピーとは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。 今回はさまざまな心や身体の状態によるお悩み別(寝つき・集中力・肩こり・むくみ・冷えなど)に、セルフケアに役立つおすすめのアロマテラピーの方法をご紹介します。 1. 寝つきをよくしたい時の精油と活用法 ●精油・ラベンダー・オレンジ・スイート・スイート・マージョラム ●活用法・芳香浴 芳香浴法とは、精油を拡散して香りを楽しむことで、心と身体のバランスを整える方法です。 ティッシュペーパーやハンカチに1〜2滴垂らしてデスクや枕元に置いたり、アロマポットやアロマディフューザーなどの専用器具を用いるやり方があります。 ラベンダーやベルガモットは性別にかかわらず人気の香りです。 オレンジ・スイートは神経の緊張を緩めてリラックスさせ、ストレスによるイライラの解消や質の高い睡眠に役立ちます。明るく前向きな気持ちに導く作用があり、なじみのあるオレンジの香りは広い世代に人気です。 就寝前にオレンジ・スイートの香りを嗅いだり、就寝中も居室内にオレンジ・スイートの香りを漂わせ続けたりすると、リラックスして熟睡することができ、起床後にすっきりとした目覚めがもたらされます。 スイート・マージョラム精油を使ったアロママッサージも、睡眠の質を向上させる効果があります。 2. 気持ちを落ち着けたい時の精油と活用法 ●精油・ラベンダー・サンダルウッド・フランキンセンス ●活用法・芳香浴 ラベンダーは精油の原料としてよく知られて

    もっと読む
    2022年 10月14日
    #アロマ
  3. 子どもの閲覧履歴にアダルトサイトを発見!どうする?

    小学生の子どもにタブレットを貸していたら、インターネットの検索・閲覧履歴にアダルトサイトを発見しました。正直ショックで見てほしくないという気持ちと、どこまで子どものプライベートに踏み込んで伝えるべきか、悩んでいます。(30代女性・小4の子どもの母) 「子どもがパソコンやタブレット、スマホでアダルトコンテンツを見ていた!どうしよう!」親世代が子どもだった時代には無かったお悩みです。デジタルネイティブ世代の子どもと、「ネットに溢れる性情報との付き合い方」についてどう話せばいいか、性教育コンテンツ制作ユニット・アクロストンさんにお聞きしました。 監修・話題提供 アクロストン 妻・夫である2人の医師による性教育コンテンツ制作ユニット。楽しく性について学べる授業やワークショップを日本各地で開催。家庭ではじめられる性教育のヒントや性に関する社会問題についてなどをSNSで発信している。 著書:10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック(ほるぷ出版)、3から9歳ではじめるアクロストン式 「赤ちゃんってどうやってできるの?」、いま、子どもに伝えたい性のQ&A(主婦の友社)など 「閲覧履歴は親も見る」とルール化することが大事

    もっと読む
    2022年 08月09日
    #コミュニケーション
  4. 幼い頃からの性教育、何から始めたらいい?

    家庭で子どもに性教育をする際、何から始めればいい?どうすればいい?と悩む方も多いはず。幼い頃から家庭でできる性教育ってどんなことでしょうか?と、性教育コンテンツ制作ユニット・アクロストンさんに聞いてみました。「性教育って特別な知識が必要なんでしょ?難しそう!」と諦める前に、ぜひお読みください。 監修・話題提供 アクロストン妻・夫である2人の医師による性教育コンテンツ制作ユニット。楽しく性について学べる授業やワークショップを日本各地で開催。家庭ではじめられる性教育のヒントや性に関する社会問題についてなどをSNSで発信している。著書:10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック(ほるぷ出版)、3から9歳ではじめるアクロストン式 「赤ちゃんってどうやってできるの?」、いま、子どもに伝えたい性のQ&A(主婦の友社)など 性について楽しく学ぶ、アクロストンさんの活動 ーー「性教育コンテンツ制作ユニット」ということですが、どういった活動をしているのでしょうか? 子どもや親子で参加できる性教育のワークショップや、保護者向け講座、学校での授業、本の執筆などですね。 今(※編集部注:取材時の2022年時点)、上の子が中学1年、下の子が小学5年ですが、上の子が産まれて少しした頃にスマホやタブレットが普及し始めました。 自分の調べ物をしていた時に

    もっと読む
    2022年 08月05日
    #コミュニケーション
  5. なんとなく不調?更年期もスッキリ!簡単エクササイズ

    女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。更年期にはホットフラッシュなどの分かりやすい症状だけではなく、”なんとなく不調”といった状態に悩む人も多いものです。 今回は更年期の症状に対しておうちやオフィスでできる体操や有効なツボ、それでもしんどい場合の病院の受診について、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。 永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。 おうちでできる体操、オフィスでできる体操 ーーなんとなく不調な時に、おうちでの家事の合間にもできるおすすめの体操を教えてください。 いろんな体操があるんですけれども、私たちNPO法人ちぇぶらでおすすめする「ちぇぶら体操」をご紹介します。団体名の「ちぇぶら」は、更年期を前向きに捉えた英語「the change of life」の意味。すごく簡単で、体調が悪い時でもいい時でもすぐにできて、なおかつ自律神経を整えて、とてもリラックスできる体操です。 ちぇぶら体操のやり方

    もっと読む
    2022年 08月02日
    #セルフケア
  6. 更年期から始めたい、体のケアとは?

    女性のライフサイクルのなかで、誰にでも訪れる「更年期」。とはいえ更年期の体調は個人差が大きく、全員が更年期障害になるとは限らないこともあって、自分や他人の更年期に関する理解の難しさに悩む人も多いのではないでしょうか。 今回は更年期について、原因と主な症状や、オススメの体のケア、更年期の人へのサポートなどを、NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクターの永田京子さんにお聞きしました。 永田京子 / NPO法人ちぇぶら代表理事・更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関などで講演を行い述べ3万人以上が受講している。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。メノポーズカウンセラー。YouTubeの登録者は3.6万人以上。 更年期の原因と症状 ーー更年期の原因と、主な症状を教えてください。 まず更年期の期間は、女性の閉経の前後10年。日本人の閉経の平均年齢はおおよそ50歳で、個人差は非常に大きいんですが、その前後5年ずつの45歳から55歳頃の時期が一般的には更年期と言われています。53歳で閉経する方は48歳から58歳、59歳で閉経する方は54歳から64歳が更年期ですね。

    もっと読む
    2022年 07月26日
    #セルフケア
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP