生理前や生理中の食欲の増加に悩む女性は多いものです。今回はその原因や対処法について、産婦人科医の柴田綾子先生に伺いました。
ホルモンバランスや栄養不足が関与するこの問題に対して、どのような対処法が有効なのでしょうか。


産婦人科医 柴田綾子先生

2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。

生理前や生理中の食欲の増加の原因

ーー生理前や生理中の食欲の増加についてお伺いします。まず、原因を教えていただけますか?

生理前の食欲増加が強い場合は、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)の可能性があると思います。その原因としては、生理前に分泌が増える黄体ホルモンであるプロゲステロンの影響が考えられますね。また、月経中の食欲増加も、生理の初めの方やプロゲステロンが多い時期に見られることがあります。

それ以外にも、貧血のような症状が関連している可能性もありますね。出血の量が多いと貧血の症状が出ることがあります。

ーーつまり生理中に食欲が増すのは、ホルモンの変化や貧血による鉄欠乏の影響ということでしょうか。

その通りです。さらに、鉄分不足の場合、氷を食べたくなる症状も出やすいと言われています。

例えば、生理の時に氷やアイスクリームなどを食べたいという欲求が起こるのは、鉄分不足の兆候かもしれません。

ーーでは、食欲増加とホルモンについては、どのような関係があるのでしょうか。

これについてはよく分かっていませんが、プロゲステロンは体内で水分や栄養を蓄える作用があると言われています。そのため、プロゲステロンが増えると、月経や妊娠に備えて体内にエネルギーや水分が蓄えられ、食欲増加の症状が現れる可能性が考えられます。

生理前や生理中の食欲の増加対処法

ーー食欲増加の対処法についてはどうでしょうか?

生理前のプロゲステロンが増える時期には、体重が増えやすい傾向があります。アスリートの方も同様で、この時期に無理に減量したり体重を気にするのはストレスになるため、減量のタイミングとしては避けられるようです。

ストレスによりPMSが悪化して悪循環になりがちなので、まずはストレスをためないようにすることが重要ですね。また、過度な食欲増加がある場合は、PMSとして治療することをおすすめします。

薬局で買えるサプリメントとして、チェストベリーやカルシウム、ビタミンB、鉄分といった成分を含むものがおすすめです。これらを含む食事を心がけることも大切でしょう。

さらに、ホルモンバランスを整えるという視点で、低用量ピルなどの選択肢も考えられますね。

ーー時期的にそのような変化があることを受け入れることも大切ですね。

そうですね。時期的にプロゲステロンが増える時期で、むくみや食欲増加が生理的な反応として一時的に現れることがあります。そのため、無理せず自然な範囲で過ごすことが重要ですね。

ーーダイエットに最適な時期はあるんでしょうか。
生理後から次の排卵までの期間は、むくみが少なく、食欲をコントロールしやすい時期と言われています。なので、生理の終わり頃からダイエットを始めるのが良いでしょう。

健康的なダイエットのためには?

ーーおすすめできないダイエット法はありますか?

そうですね。ダイエットというと、食事の量を急激に減らしたり、朝食を抜いたりする人がいます。

また、特定の食べ物だけを食べるという偏食も若い人によく見られますが、これでは体の代謝が落ちてしまい、逆にダイエット効果が得られにくくなります。

ーー食事制限だけでは身体が省エネモードになるんですね。

その通りです。さらに、BMIを低くしすぎると生理が不規則になることがあります。生理が止まる場合もあるんですよ。

その結果、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少し、骨がもろくなる可能性があります。この状態が続くと、若い人でも骨粗しょう症になって骨折しやすくなることもあります。ですので、食事制限はしすぎない方が良いでしょう。

ーーでは、どのようなダイエット法が良いのでしょうか?

インナーマッスルを鍛える運動や、姿勢を整えるトレーニングを取り入れましょう。

例えば、通勤時に座らずに立ったり、エレベーターを使わずに階段を使ったりするなど、日常生活での運動量を増やして、筋肉をつけながら健康的に痩せることを目指す方が長期的には効果があります。

食事制限だけではなく、運動を取り入れることでリバウンドしにくくなります。

ーーでも、たまにカロリーの高いものが食べたくなることもありますよね。そういった時におすすめの食べ方はありますか?

飲み会などでよくあることですよね。最初に低カロリーのサラダを食べてから、高カロリーなものを食べると良いでしょう。また、女性は便秘になりやすいので、食物繊維を多く摂取したり、水分を多く摂取したりすることも重要です。

新しい環境ではトイレに行きづらいこともあるかもしれませんが、便秘対策は重要ですね。

ーー生理前のPMSの時に、特定の食べ物が食べたくなることもよくあります。その時に、思うままに食べるべきか、通常通りの量に抑えるべきか、どちらがおすすめですか?

PMSの症状の中でも精神的な症状が強く現れる場合は、PMDD(月経前不快気分障害)と診断されます。食欲の激しい変化や特定の食べ物への欲求、睡眠障害などがその一例です。基本的には、食べたいものを過剰に摂取するよりは、適度に制限した方が良いと考えています。

ただし、生活に支障が出るほどの症状がある場合は、低用量ピルでホルモンバランスを整えることや、SSRIといった気分の落ち込みやイライラを和らげる抗精神薬を使った治療が検討されます。

生理前の食欲増加は一般的な現象ですが、食べ過ぎには注意が必要です。生活に大きな影響が出る場合は、産婦人科や心療内科、精神科などで相談することが重要でしょう。


生理前や生理中の食欲の増加は、月経前症候群や貧血などさまざまな要因が考えられます。過度な食欲増加に対してはストレスをためないことが重要。栄養補給や運動を取り入れて、バランス良く対応していきましょう。

また、PMSやPMDDが疑われ、日常生活に支障がある場合は医師への相談や治療を検討してみるのも一つです。生理前の食欲増加に悩んだら、適切なケアを受けることで快適に過ごせるよう心がけてみてくださいね。

〇ライタープロフィール

きのコ
東京を中心に多拠点生活する文筆家・編集者。すべての関係者の合意のもとで複数のパートナーと同時に交際する「ポリアモリー」として、恋愛やセックス、パートナーシップ、コミュニケーション等をテーマに発信している。不妊治療の経験や、子宮筋腫による月経困難症からの子宮全摘出をきっかけに、女性の身体と健康に興味をもつようになった。子無しでバツイチ。著書に『わたし、恋人が2人います。〜ポリアモリーという生き方〜』。

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. 漢方、食養生の始め方・取り入れ方

    「食事を工夫すると健康にいいって聞いたけど、どんなことに気を付ければいいの?すぐできることは何?」という疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。「食事で体質を改善して健康になる」という考え方に関しては、東洋医学が長い歴史の中で様々な知恵を積み上げてきました。助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタントのやまがたてるえさんに、「漢方」や「食養生」について教えてもらいました。食事で体質改善して健康になるってどういうこと?どんなことに気を付けて何を食べればいいの?そんな疑問がスッキリします。 やまがたてるえ/助産師・保育士・チャイルドファミリーコンサルタント 病院勤務後、自身の妊娠出産子育てを経て、地域子育て支援の活動を17年行なっている。たくさんの親子の子育て相談や、女性ためのカウンセリングなども行っています。子育て支援を、家族支援へとシフトチェンジしたくNPO法人子育て学協会のチャイルドファミリーコンサルタントとしても活動中。現在まで6冊の本を出版。近著は【13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと】 HP: https://www.hahanoki.com/ 東洋医学が大事にする食事や漢方薬での体質改善

    もっと読む
    2024年 07月19日
    #PMS
  2. 生理前のイライラ、原因と対処法は?

    生理前になると、イライラや感情の乱れに悩む方も多いと思います。今回は生理前のイライラへのさまざまな対処法や、効果が期待できる薬について、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。イライラが他の疾患のサインかもしれない場合や、婦人科受診の重要性についても触れています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前のイライラの原因と対処法。効果のある薬は? ーー生理前のイライラの原因と対処法について教えていただけますか? 生理前のイライラはPMS(月経前症候群)の症状として多くの女性が経験しています。 その原因の1つとして、生理前に分泌が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響が考えられますね。生理の初めの方もプロゲステロンの分泌が多かったり、月経困難症の症状として生理中にイライラしたり、情緒不安定になったりすることもあります。 まず、日常生活でできることとして、リラックスできるように、スケジュールを緩めて休む時間を意識しましょう。ストレスがPMSを悪化させること�

    もっと読む
    2024年 07月05日
    #PMS
  3. 生理前・生理中に眠い…眠気の原因と対処法

    生理前や生理中、眠くなって困ることはありませんか?今回は、PMSや月経困難症が眠気の原因となる可能性や、生理前と生理中での眠気の違いについて、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。眠気の対策として、生活面での工夫や漢方薬、低用量ピルの活用のほか、普段の生活の中でできる工夫として、カフェインの摂取や食事についてもアドバイスをいただいています。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 生理前・生理中の眠気の原因 ーーまず、生理中や生理前の眠気の原因について伺いたいと思います。どんなことが考えられますか? まずは生理前の眠気ですが、PMS、つまり月経前症候群が関係している可能性があります。これにはいくつかの原因がありますが、生理前にはプロゲステロンという黄体ホルモンが増えることが一つの要因ですね。また、生理中の眠気が強い場合は、月経困難症の可能性も考えられます。月経中の眠気に関しては原因がはっきりしておらず、生理の症状が影響しているのかもしれません。

    もっと読む
    2024年 06月07日
    #PMS
  4. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【後編】

    日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、前半ではパートナーとの向き合い方や解決策についてのヒントを3つお話しいただきました。後半では、さらに普段の生活の中で性交痛を抱える人が取り入れやすいヒント3つについて聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント4:きちんと「滑る」潤滑剤を選ぶ

    もっと読む
    2024年 01月12日
    #コミュニケーション
  5. 性交痛にさよなら!パートナーと向き合うヒント【前編】

    世代を問わず、多くの人が悩んでいる性交痛。その解決には、パートナーと対策をしたり、専門家に診てもらうなど、様々な観点から対策が考えらえます。日本初の性交痛に特化した情報メディアである「ふあんふりー」( https://fuanfree.com/ )編集長であり、デリケートゾーンケアブランド「YourSide」代表でもある、うるおいヘルスケア株式会社の小林ひろみさんに、パートナーと共に性交痛に向き合う6つのヒントについてお話を聞きました。 監修/話題提供 小林ひろみ/潤滑剤の輸入販売・メノポーズカウンセラー・性交痛メディアFuanFree編集長 15年前に潤滑剤の輸入販売を通じて出会った「性の健康」という概念。性にも健康と不健康が存在し、誰もが健康で心地よい、安心できる性生活を追求することが大切だということを学びました。この概念に触れて以来、性交痛(性行為に伴う痛み)の問題に取り組み、その解決に力を注いできました。商品で潤いを届け、ウェブメディアで情報を届け、活動団体を通じて課題を社会に届ける活動をしています。 ポイント1:パートナーに率直に切り出す ーー性交痛を抱えている人は、パートナーに打ち明けた方がよいのでしょうか?

    もっと読む
    2023年 12月22日
    #コミュニケーション
  6. もしもの時のおまもりに「緊急避妊薬」ってどんな薬?

    2023年11月28日から、一部薬局での試験的販売が始まった緊急避妊薬。 緊急避妊薬は、「アフターピル」「モーニングアフターピル」とも言われ、不十分だった避妊や性暴力被害から72時間以内にできるだけ早く服用することで、高い確率で妊娠を防ぐことができる薬です。 どんな薬なのか、また、もしも緊急避妊薬が必要な状況に自分や子どもがなったとしたら、どのような選択肢があるのか、服用の際に知っておきたいことを解説します。 緊急避妊薬はタイムリミットがある薬 緊急避妊薬は妊娠の心配がある性行為から早く服用するほど効果的な薬です。 緊急避妊薬の妊娠阻止率は性交から24時間以内で95%、48時間以内で85%、72時間以内で58%となっています。この妊娠阻止率は、月経周期における妊娠のしやすさの変動も考慮された数値で、緊急避妊薬「レボノルゲストレル」を性交から72時間以内に服用した時の妊娠率(実際に妊娠する確率)は1.34%と言われています。 だからこそ、緊急避妊薬は必要になった時にいち早く飲めることが大切な薬です。世界約90カ国では、薬局で処方箋なしに買える薬になっています。 副作用は? どうやって避妊成功を確認できる? 緊急避妊薬の副作用として、一時的に気持ち悪くなったり、頭痛が起こったりすることもありますが、長く続く副作用や、もし繰り返し服用したとしても将来の妊娠しやすさ

    もっと読む
    2023年 12月08日
    #セルフケア
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP