性交痛の原因と解決に向けて一番大切なこと

近年、性交痛(セックスの時に感じる痛み)を訴える方が増えているようです。しばらく前までは、主に閉経を迎えた女性が感じるものと思われていましたが、それ以外の年代の方からも訴えが届くようになったのは、性交痛は増えているのでしょうか?
「女性は耐えるものという認識が変わってきて訴えが顕在化したというのもありそうです。性交痛そのものが増えたわけではなく、『痛い』と表明する人が増えたと見ています」と語る産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に、ライフステージごとの性交痛の原因や解決のヒントを聞きました。

前回の記事はこちら「実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること


監修・話題提供

早乙女智子先生

早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト

女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!
女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。

●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰
●日本性科学会副理事長
●世界性の健康学会(WAS)理事
●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師
●Sola Clinic 非常勤医師

年代によっても変わる主な性交痛の原因

しばらく前までは、性交痛(セックスの時に感じる痛み)というと主に閉経を迎えた女性が感じるものと思われていましたが、早乙女先生によれば、「性交痛は年代にかかわらず起こる」とのこと。ライフステージごとの性交痛の実際について伺いました。

10代~20代

ーー10代や20代の若い世代でも性交痛を感じることがあるのですね

この年代の場合は、知識や経験の差が原因の性交痛が多いです。

10代のうちの腟は狭いですし、20代もセックスの経験がないと狭いです。タンポンや指や器具などを入れたことがあると広くなります。20代半ばくらいまで成長する場所です。構造や成長具合を知っているかも重要です。こうした知識や経験が不足していることで、性交痛が起こることがあります。

また、「濡れてるからもう挿れて大丈夫だろう」と思って挿れたらタイミングが早くて痛かったという話もよく聞きます。性反応の4段階について知るとこれも対応が変わります。

妊娠出産時期

ーー妊娠出産期は、妊娠の段階によっても課題が違うそうですね

妊娠初期には性交痛はあまりないことが多いですが、不安が強いと「妊娠したのに大丈夫かな」という怖さと性交自体を避ける気持ちになって楽しめなくなると性交痛が出たりします。

妊娠中期から後期になってくると、性交痛以上に性交のしにくさが出てきます。また、初期と同じように「妊娠中なのに大丈夫だろうか」という不安が先に立つと濡れにくさを感じる人や、性欲自体が下がる人もいます。

産後

ーー産後にも産後特有の原因で起こる性交痛があるのですか?

出産後は女性ホルモンのエストロゲンが一時的に減ります。授乳するとプロラクチンやオキシトシンといったホルモンが増えます。それによって更にエストロゲンの効果が出にくくなるため、濡れにくくなり、痛みを感じやすくなります。
また、出産前と同様のイメージで臨むと、10ヶ月の間に変わった身体に向き合い、違和感を覚えることもあります。育児疲れでセックス自体に積極的になれないという人もいます。

更年期以降

ーー更年期の性交痛はどうでしょうか

更年期になるとエストロゲンの分泌も減り、更年期以降は腟も乾燥しやすくなってくため、新たに性交痛が出ます。

性交痛のパターン別解決のヒント

性交痛に関連してよく見られる3つの事柄に対して、解決のヒントを教えてもらいました。

①挿入ができない

挿入ができないのは、痛いからなのか怖いからなのかを最初に確認します。

ーー痛い場合はどう対応するのですか?

生まれつき、腟に小指の先も入らないという方もいらっしゃいます。その場合は性交痛や性機能障害に対応できる婦人科で相談していただくのが最善です。

ーー怖い場合はどうですか?

何が怖さのもとになっているのかをカウンセリングしながら探ります。例えば「幼少期に自分で股を触っていてみんなの前で叱られて恥ずかしかったから、もう一生触るまいと思った」ということが大人になって挿入できない原因につながることもあります。その呪縛をカウンセリングによって外していきます。人によっても異なりますが、3カ月から半年くらいかかることが多いです。

②腟の奥が痛い

子宮筋腫や卵巣嚢腫などが隠れている可能性を考えます。特に子宮内膜症性の卵巣嚢腫で癒着があって、そこをドンピシャで突かれるとどうしようもなく痛いです。

その時は体位を変えたり、奥まで挿入しないようにします。挿入の深さを調整する「オーナットリング」という器具もあり、こちらを補助的に使ってもいいですね。

③性行為自体への抵抗感

ーー性行為自体に抵抗感があると、それを拭い去るのも難しそうです

性行為への抵抗感の度合いによっても話が変わります。

生まれつきの性嫌悪があり、性的な行為自体ができない、違和感や吐き気を伴う方もいます。この場合、性行為を無理強いすることはできないですし、カウンセリングでも解決は難しいです。

そこまでではないけどセックスに前向きになれないという方もいます。そういう方が子どもは欲しいと思った場合、今時だと不妊治療に通って妊娠を試みることはできます。ただ、どんなに小さくても2Sサイズ(幅16mm程度)の器具を腟に入れられないと不妊治療も難しいです。

理解すること・伝えることが大事

ーー性交痛は様々なことが原因になり得て、単純なものではないんですね

性交痛は、生理痛みたいなものとは種類が違います。生理痛や頭痛は何もしなくても痛いものですが、性交痛は性行為さえなければそもそも痛みを感じません。

男女間での性交を前提にして話をすれば、男性の身体は月経も妊娠も出産もありません。女性の身体の繊細な変化がどういうものなのかのイメージがつきにくいと思うんです。「いま生理前だから」「いま生理中だから」と言われても「だから何?どういうこと?」と感じる男性は多いと思います。

生理前は、もともとむくみやすい、便秘になりやすい、メンタルも少し落ちやすい、お肌も荒れやすい時期。その時期と月経が終わった直後のエストロゲンがたっぷり出ている時期では、別人とまでは言わなくてもまったく違うフェーズなので、同じ行為を求められても無理なんだと思うんです。

もちろん男性にもそういうことを知ってほしいと思いますが、女性も「生理前だから無理」だけでなく、自分の身体のこととしてどう無理なのかを知ってほしいし、パートナーに自分の表現で伝えられるようになってほしいです。

最も大事なことは楽しいかどうか

ーー最後に読者の方に一言お願いします

「それ楽しいの?」という視点が一番大事です。性行為が「痛いけど楽しい」ならそれはそれでいいですが、「痛くて勘弁」は改善したほうがいいかと思います。

性的な行為って人間以外の生物全般では死ぬ間際にする種も多いですよね。一方で、人間はそうではないし生殖と関係なく性的な行為ができます。だから個人的には、性的な行為は人生を豊かにするものであってほしいし、そうあるべきだと思っています。

もちろん「痛くても辛くても子どもを産むためには何とか1回頑張ります」という考え方もいいし、「2人の間で楽しいこと、お互いを癒すような行為をするんだ」という考え方もいいと思います。まずは自分があるいは自分たちがどう考えるかが最初じゃないかと思います。

それがないと「痛い」「じゃあこうすればいい」という作業的な話になってしまいます。「単なる作業にしないでね」といつも言ってます。

取材・執筆
柳田正芳 from 性の健康イニシアチブ/6483works
「誰もが自分は自分に生まれてよかったと思える世界」を作るために「どこに行っても性の健康を享受できるように社会環境をアップデートすること」を目指す性の健康イニシアチブの代表。2002年から国内外の性教育、性科学の様々な活動に参加してきたほか、思春期保健や両親学級などの活動も経て現在に至る。また、編集/校正業、執筆業、Webメディアディレクション業などを業とするライティングオフィス・6483worksの代表としても活動。インタビュー記事の制作を得意とする。
HP:https://masayoshiyanagida.tokyo/profile

この記事を書いた人

ツキとナミ運営事務局

この作者の記事一覧
お気に入り 1

同じカテゴリー の他の記事

  1. 夫婦でも、子どもとも考えたい「性的同意」とは

    「性的同意」という言葉を聞いたことはありますか? 性的同意とは、すべての性的な行為に対して、お互いが「その行為を積極的にしたいと望んでいるか」を確認することを指します。ここでいう「性的な行為」とは、性行為だけではなく、キスやハグ、手をつなぐ、ボディタッチや性的な会話や言動も含まれます。たとえお互い好き同士であっても、性的なコミュニケーションや会話の後で、モヤモヤしたり嫌な気持ちになったりしたとしたら、もしかしたら性的同意を大切にされていなかったことが原因かもしれません。 性的同意はなぜ大切? 人はだれでも自分の身体にだれがどのように触れるのかその人自身が決める権利があります。本人が望まない性的なことやふれあいをすることは、その人の境界線を侵害し、尊厳を傷つけてしまうことになります。大前提として性について、他の人の権利を尊重しつつ、安心してポジティブに楽しめるということは、誰もが当たり前に持つ権利であることを忘れずにいたいですね。 その一方で、「嫌よ嫌よも好きのうち」「女性は従順でいるのがいい」「誘われたら応じないのは男らしくない」といったことを多く見聞きしてきた人もいるかもしれません。このような社会的価値観の中で育つことは、相手にNOと伝えるのが難しいと感じることにもつながっています。 「空気を読まなくてはいけない」というプレッシャーや、性行為で気まずくなりたくないという思いを抱えている人も多く、気持ちをオープンに話すことに恥ずかしさを感じたり、相手にも口にしてほしくないという好みがあったりする人もいるかもしれません。 しかし、性的同意を理解し大切にすることで、お互いがいつも「ここまではOK/NG」といった境界線が守られ、自分らしく安心して過ごすことや相手との信頼関係を深めることにつながるのです。

    もっと読む
    2023年 11月24日
    #コミュニケーション
  2. 実は多い?性交痛の悩みとまず自分でできること

    性交痛ーー。セックスの時に感じる痛みのことです。性交痛を感じたことのある女性は、実は年代にかかわらずかなり多いという調査データもあります。診療や相談の経験から見えてきた性交痛のお悩みのリアルな声、自分でできる性交痛対策について、産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に聞きました。 監修・話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師 性交痛のお悩みのリアルボイス 今回、早乙女先生のご経験から、性交痛に関するよくある悩みの声を教えてもらいました。 前の彼氏の時は痛くなかった

    もっと読む
    2023年 10月27日
    #コミュニケーション
  3. 性科学から紐解く、心地よい性生活のヒント

    パートナーシップの中でも、大切な性生活。パートナーと心地よい時間を過ごしたいと思っても、痛みがあってリラックスできなかったり、さらにはパートナーにも申し訳ない気持ちを持ったり、性行為自体に消極的になってしまったりする人も少なくありません。痛みには様々な理由がありますが、痛みを軽減し、お互いの満足につながるコツや知識があるそうです。産婦人科医で日本性科学会認定セックス・セラピストの早乙女智子先生に聞きました。(※本記事内では、便宜上、生物学的な男性を男性、生物学的な女性を女性と表現し、また身体の性が男女の組み合わせでの性行為を中心に解説しています。しかし、現実の性別のあり方は様々です。) 監修/話題提供 早乙女智子/産婦人科医・往診専門医・認定セックスセラピスト 女性の健康を守るのに欠かせない「妊娠出産関連費用の無償化」を!女性の外陰部をないもののように扱ったり軽く考えたりすることに憤り、「会陰切開はおせっかい」に集約される女性の人権、健康、生き方に関する啓発活動を行ってきました。 ●月光会さおとめ智子ジェンダー政策研究会主宰●日本性科学会副理事長●世界性の健康学会(WAS)理事●神奈川県立足柄上病院 非常勤医師●Sola Clinic 非常勤医師 性科学の視点で紐解ける性の悩みとは? セックス�

    もっと読む
    2023年 10月20日
    #コミュニケーション
  4. もしかして夏バテ?その対策5つと受診のポイント

    夏に起こりがちな体調不良といえば「夏バテ」。暑くてちょっとバテただけ……と簡単に考えがちですが、軽くみたせいで症状の悪化を招いてしまったり、実は別の病気だということに気づかなかったりすることもあります。夏バテの原因や主な症状、食事や衣服の工夫でできる夏バテ対策、夏バテに関わる病気と受診の目安などを、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 夏バテの原因や主な症状 ーーまず、夏バテの原因や主な症状を教えてください。 ”夏バテ”という正式な病気があるわけではないんですけど、夏の暑さによって引き起こされる体調不良を全部ひっくるめて夏バテと呼ぶことが多いです。主な原因は脱水や疲れです。冷房と外気温との落差で体調が悪くなったり、食欲が低下したりというのも夏バテとしてよくあることです。 「もしかして夏バテかも?」と思ったらできること ーー夏バテを予防する方法や、「夏バテかも?」と思った時の対策はありますか?

    もっと読む
    2023年 08月04日
    ##悩み
  5. ムレやニオイ、気になる夏のデリケートゾーン対策

    気温や湿度が高くなる夏は、デリケートゾーンの蒸れが気になる季節です。デリケートゾーンの蒸れは、どんなトラブルにつながるのでしょうか?蒸れの原因やデリケートゾーンを快適に保つ方法、肌荒れした場合の対処法・受診目安について、産婦人科医の柴田綾子先生にお聞きしました。 産婦人科医 柴田綾子先生 2011年医学部卒業。妊婦健診や婦人科外来のかたわら女性の健康に関する情報発信をおこなっている。著書に『女性診療エッセンス100』(日本医事新報社)など。 デリケートゾーンの蒸れの原因とトラブル ーーまず、デリケートゾーンの蒸れにはどういった原因がありますか? デリケートゾーンが蒸れる原因はいくつかあります。まず、下着の通気性ですね。ナイロン性になっていたり、ズボンもタイトだと、蒸れやすかったりします。生理中だったらナプキン、生理の前後だとおりものシートが蒸れる原因ですね。長時間座ってたりするのも原因になります。 ーーデリケートゾーンの蒸れから、どういうトラブルが発生しがちでしょうか。 元々、デリケートゾーンは普通の肌よりも弱いので、蒸れたりすると痒みが出やすかったり、おりものが多い時期だとより匂いが気になったりしますね。また、蒸れからかぶれや肌荒れにつながることもよくあります。

    もっと読む
    2023年 07月21日
    #セルフケア
  6. つらい冷え性に!今すぐ始めたい温活ケア【後編】

    近年、「温活」という言葉も登場し、冷えの悩みが注目されています。季節を問わず、手足や腰の冷えや、冷えからくる不眠や体のこり、だるさに悩まされているという人もいるのではないでしょうか。でも、冷えについて知れば良い対処法が分かるかも?今回は前半では冷えの原因や症状、漢方などの対処法、後半では、温活ケアの具体的な方法をやまがたてるえさんにお聞きしました。 やまがたてるえ/助産師・チャイルドファミリーコンサルタント 病院勤務後、自身の妊娠出産子育てを経て、地域子育て支援の活動を15年行なっている。たくさんの親子の子育て相談や、女性ためのカウンセリングなども行っています。子育て支援を、家族支援へとシフトチェンジしたくNPO法人子育て学協会のチャイルドファミリーコンサルタントとしても活動中。現在まで6冊の本を出版。近著は【13歳までに伝えたい男の子の心と体のこと】HP: https://www.hahanoki.com/ 温活ケア① 運動で下半身の筋力をUP ーー前回の記事では、冷えの原因や漢方などの対処法を教えていただきましたが、その他普段の生活の中でできる温活ケアとして何から始めるのがいいでしょうか? まずは運動です。

    もっと読む
    2023年 06月09日
    #セルフケア
同じカテゴリー の記事をもっと読む
TOP